【猫の病気】ブリ男、結膜炎にかかる…

ある日、仕事を終えて帰宅するとブリ男が目をしぱしぱさせていました。

猫
↑寝るときはワタシの腕や手を枕にします。可愛いヤツめ。

「ゴハンください!」モードのときはいつも目をカッと見開いているのに、片目を半閉じにしている。
そして食後でもないのに洗顔というか、目を擦っている。
しかも目頭が赤い。

これはマズい! と慌てて病院に駆け込みました。

ブリ男のかかりつけの動物病院は非常に柔軟で、電話したのが診療終了時間10分前なのに「今から来てもらってもいいですよ~」と快く応じてくださいました。
今までも散々無理を聞いてもらったのをいいことに、「もう終了ですよね…今日はもうダメですかね…」と言いつつ期待している自分がいます。我ながらヒドい。
参考:【猫の誤飲】ブリ男、オモチャを飲んで大ピンチ#5

今回の獣医さんはブリ男が初めて病院にかかったときの方でした。
最近はご無沙汰だったので「ブリちゃん、大きくなったね~」と頬を揉みまくる先生。
そして「フー」と威嚇するブリ男。

去勢手術してくれた先生に何という態度。
そろそろ病院はイヤな場所だと学習しちゃったのかもしれません。散々いろいろやられたもんなあ。しかし、学習に1年かかるってどれだけボーッとしているのやら、と感心? しました。
参考:ブリ男、ワクチン接種と健康診断のために動物病院へ行く。

ブリ男の控え目な威嚇をものともせず、獣医さんは目に傷がないかをチェック。
蛍光色の液体を目に垂らし、ブラックライトで傷を探していました。えげつない色の液体でしたが身体に害はないそうです(洗い流すとすぐ取れる)。
幸い傷はないようでした。

お腹を触診してもらっても特に異常はなし。
結膜炎だね、ということでした。

アレルギーの可能性もあるので、処方する目薬の効きを見て判断しましょうとのこと。
もしアレルギーだったらアレルゲンは何だろう…。目以外は痒そうにしていないからアレルギーではないような気もしますが、希望的に過ぎますかね。

 

ブリ男はウチに来たばかりの頃、涙や耳垢の多い子で定期的に病院で診てもらっていました。
身体が大きくなってからは涙も耳垢も落ち着いたので油断していました。
もし掃除が行き届いてなくて埃が目に入ったとかだったら可哀想なことをしました…。

一方で、おチビちゃんの頃から目が弱いカンジがしたので何らかのウイルスの可能性もなくはないです。
しばらく目薬を続けて改善されるか、様子見ですね。

 

それにしても目薬再びか…。

去年、甘えっ子のブリ男がワタシから逃げるようになった要因のひとつは、目薬でした。
ワタシにガッと保定され、目になんかポチョッとされ、しかも去年の目薬は要冷蔵だったので冷たくて不愉快。

おっとりブリ男は怒りはしなかったけど「酷い目に遭った…」とこの世の終わりみたいな顔をしてしょんぼりしていました。
んで、ワタシが目薬の用意をするのを察するや否や逃げ回っていたわけですね。チビブリ男のサイズだとあちこちに入り込めたので、捕獲するのが大変でした。

さて、今年はどうかな…とやってみると、目薬の作業自体は簡単になっていました。
何しろ身体のサイズが5倍になってますから、ワタシの脚で挟んでしまえば保定できる。去年は小さ過ぎて脚に挟めなかったから、片手でブリ男の身体を掴んで片手で瞼開け&目薬だったのです。
それに目のサイズも大きくなっているから目薬を外しようがない。
大きい猫ってラクです。

ブリ男の反応はどうだったかというと、すっごくイヤがっていました。
目薬がポチョッと目に入ると「ひっ!」と瞼を固く閉じる。そこをもう片方の目をワタシがこじ開けるのですから激しく身を捩ります。

そのくせ、目薬が終わると耳と目をぎゅっと閉じてワタシの腕の中でじーっとしています。
「よしよし、ブリさん、目薬頑張ったね~。偉いね~」と撫でてやるのを享受している…というわけではなくて、目の違和感がイヤ過ぎて動けないだけらしい。
1分もすると「もうイヤだ!」と暴れて逃げ出します。んで、ワタシの腕なり脚なりに引っ掻き傷が残ります…。

病院に駆け込んだときは「ひょっとして埃が入って一時期的に痛がっていただけなのかな。診せるほどでもないのかな」とドキドキしていたのですが、病院から帰って数時間後には目のしぱしぱ具合が悪化していました。
机や床でごろーんと寝そべって、しょっちゅう目を閉じています。

幸い食欲はあるようで、いつもの時間にいつも通りにゴハンを出すと、目をしょぼしょぼさせながらももりもり食べていたのが救い。

目に違和感があってイラついているのか目薬にムカついているのか、いつもはベッドにそっと乗るくせに、病院の日は猛ダッシュして弾丸のような勢いでワタシの腹に着地しやがりました…。
んでワタシの顔の横で寝そべらず、なるべくワタシに寄りかからない形で寝てました。
そんなことしてもお母さんが恋しいくせにー。と手を差し伸べてみると、冒頭の写真のごとくワタシの手を枕にして寝始めました。可愛いヤツめ。

それにしても、結膜炎の原因は何なのか。
アレルギーやウイルスじゃないとすれば考えられるのは猫風邪くらいですかね。クシャミなどの気配はないからそれもちょっと考えにくいのですが…。

と、目をしょぼしょぼさせているブリ男を見る度に「可哀想に、何がいけなかったのかなー」と胸が痛くなりました。

 

ところが、病院に駆け込んでから3日目のことです。

仕事から帰ると、ブリ男が目をカッと見開いて「お腹空いた!」と訴えてきました。
その日の朝まではしょぼっしょぼだったくせに、この半日で何が起こった。

次の日病院に連れていく予定だったので獣医さんに「昨日の夜からしょぼしょぼしなくなりました」と報告して診てもらうと、瞼の腫れや赤みなどはキレイになっているそうです。あと数日目薬を続ければOKですよ~とのことでした。若い猫の回復力はスゴいな…。

回復したのが目に見えていて余裕があったので、ついでに耳掃除をしてもらいました。
一時期耳垢が増えたと思ったのが、最近は落ち着いています。それでも奥の方は取り切れないので、しっかり保定してもらえる病院でやってもらうに越したことはないです。
ブリ男が小さいとき、朝耳掃除をしたのに夜にはもう真っ黒みたいな時期のことを知っている獣医さんなので「随分キレイになりましたね~。赤くもないし。この程度なら無理に取らなくても放っておいていいくらいの汚れですよ」と言われてホッとしました。

そしてまた獣医さんに「シャー」と言い、ワタシの顔を見て「アァン…」と可愛く甘えるブリ男さん。
耳掃除の最中は気持ちよさそうにしているくせに何を考えているんだか。

 

というわけで、3日間で結膜炎騒動は収束してホッとしています。
これから気温・湿度が上がるから衛生管理には気をつけねば…と思いました。

それよりショックだったのが、ダイエットを始めて3週間、ブリ男の体重が微動だにしていないことでした。
むしろ夕食直後のせいか増えているぞってカンジの5.4キログラム。10~20キロカロリー程度減らすくらいでは体重は変わらないのか…。
見た目は「腹の貫禄がちょっと減って後ろ足のくびれがハッキリしたかな?」なんて思っていたのになあ。

まだゴハンを減らさなきゃいけないのかと思うと、ちと可哀想な気もします。かといってデブにさせるのも可哀想。
世の中の室内飼いブリショーはどれくらいゴハンをあげているのでしょう。

と、結膜炎騒動とは関係ないところで悶々としています。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

6 thoughts on “【猫の病気】ブリ男、結膜炎にかかる…”

  1. こんにちは!
    ブリ男ちゃんの結膜炎、大変でしたね(^_^;)
    タイトルを見た時、びっくりしましたが、今は症状が落ち着いているみたいで良かったです♪
    猫が調子悪いと、焦りますよね・・・。

    ところでブリ男ちゃんのダイエット、停滞気味ですか(笑)
    10〜20カロリーって猫にすれば結構大きいと思うのですが、減らしてもあまり効果ないとは。
    人間と同じで、猫もダイエットは大変なんですね(;´∀`)
    焦らず気長にがんばれ〜☆

    1. K子サマ
      おかげさまで今は目をカッと見開いてゴハンのおねだりをできるようになりました。
      ホント、ちょっと異変があると焦りますね~…。
      眠くもないのに目をしょぼしょぼさせているブリ男は可哀想でした…。

      ダイエット、停滞どころかスタートの気配もないカンジです笑
      人間でいえば100キロカロリー減らしているようなものだからそれなりに効果があるとは思うのですが、3週間くらいではダメですね。
      3カ月後くらいに5.0キログラムになっていればいいかな…くらいに気長にやることにします~。

  2. ( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

    あらら・・結膜炎ですか?目薬・・又もや・・格闘ですね・・( ; ; )

    ショップから連れて帰って来て、直ぐに目やにで目が開かないようになって、病院行った事、思い出します・・
    目に傷は無く、猫風邪かな?アレルギーかな?と抗生剤の入った目薬10日ほど、本当にまだ掌サイズなので、何とか指す事できたけど、、今じゃ。。恐ろしい、、。あの6キロの暴れるニャンコ抑えて・・怖いわ・・やっと爪切りさせてくれるようになったのに、、目薬はハードル高いよ・・
    猫風邪は季節の変わり目に多いらしし、目が大きいから異物が入ったり、すぐ顔洗うからね〜(≧m≦)ぷっ!
    健康診断の時、少し目やにが出てて相談したら、目薬出す事できるけど、傷がないし他の症状も無いし、人間のコンタクトレンズ用のアルコール・抗菌剤の入ってない物なら使っても良いよ〜と、、でもすぐに収まり使う事なかったです。

    ブリ男君、ダイエット・停滞気味ですか?(= ̄∇ ̄=) ニィ 私もですが・・大変です・・全く、、微動だにしませんわ・・体重・・
    ウチは、一切を境に、ドカ悔いが収まり、、一回の食事量カリカリ20g×3+パウチ1袋
    暑くなって来たからか?食欲減りました・・

    1. まだむサマ
      おかげさまで目はすっかりキレイになりました!
      ブリ男も来たばかりの頃は猫風邪っぽい感じだったのを思い出します。

      ワタシは去年の方が目薬は難しくて…。
      ブリ男が冷蔵庫の横とかテレビ台の裏とかに籠城して、そこから引きずり出すのが一仕事でした笑
      今は逃げるけれどソファの下にすら機敏に潜り込めないサイズになってしまって、捕まえるのがラクです。

      人間用の無添加目薬なら使えるんですね! ほぼ精製水みたいなものだからいいのか。
      刺激もないし、埃を洗うだけならよさそうですね。

      ドカ食いが収まると栄養足りてるんだなーって安心しますね。
      ブリ男は相変わらずワタシの顔を見る度におねだりしてきますが、カリカリを1割減らしても大騒ぎすることもないようなのでちょっとホッとしてます。
      ダイエットは気長にやっていきます…。

  3. りんむサマ&ブリ男さんこんにちは。
    この時期気温やら湿度やらが上がるからでしょうか?インスタで拝見している他のねこさんも結膜炎になる子が結構いらっしゃいます。
    ブリ男さん、すぐに気付いて対処してもらえたから、大事にならず良かったですね。
    うちの子もうちに来た時耳垢ひどい子でした。病院で見てもらうと、軽い外耳炎でした。大手のしっかりしていると思われるペットショップでもそんな感じなんだあとちょっと悲しくなったことを覚えています。辛かっただろうな。
    毎日しっかり見て、触って、話しかけてあげて、すぐに気付いてあげられるようになりたいですね。

    ダイエットは人間にも停滞期とかありますからね!ブリ男さん、うちの子も頑張るので、一緒に頑張りましょう~!

    1. じろうサマ
      ありがとうございます。
      おかげさまですっかり目はキレイになって、あの3日間は何だったんだ? と思うほどです。
      季節柄結膜炎は多いんですね〜。気をつけてやらねば…。
      目薬はそろそろ終わりでOKですが、点眼の度にぎゅーっと抱きついてくるブリ男が可愛いので淋しいです笑

      ブリ男も引き取る時に耳が汚れてますよと説明を受けていて、小さい耳の手入れに苦労しました。
      今は手入れを嫌がりながらも多少はやらせてくれるのでラクになりました。

      ダイエットは難しいですね!
      見た目ちょっとシュッとしたかな? と思っていただけに痩せるどころか体重が増えていてびっくりしました。
      まあ見た目が適正なら神経質に体重にこだわらなくても…とのんびりやっていくことにします。
      お互いゆるゆるがんばりましょうね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です