猫の食器の高さを姑息的に調整

ブリ男、もうすぐ4カ月。仔猫ちゃんながらも体格が逞しくなってきました。
そうすると気になるのが、食べるときの姿勢です。

ちょっと前まではおチビちゃん過ぎて床から食べるのを見ていても苦しそうじゃなかったのですが、今は立ったまま食べるとちょっとしんどそう。

犬猫の皿の位置が低いと、嚥下が上手くできなかったり吐いたりとトラブルの元になるんですってね。
えーっ、昔飼ってた犬は地べたに置いた皿からガッツガッツ食べていたけどなあ。胃腸の頑丈な大食らいの犬を引き合いにしても仕方ないけど。

確かに皿の位置が低過ぎると食道がかなり斜めになりますしね。そりゃ飲み込みづらいわな。
と思いつつ、野生の獣は地べたに置いた獲物を食べるだろうに、家猫とはなんつー過保護な生き物だと呆れます。
そして「取り除ける障害なら取り除いてやらなきゃ」と対策を考えてしまう甘やかしなワタシにも呆れます。

 

犬猫用の高さがある皿っていろいろあるんですね。



しかしこれらを使わせるにはブリ男はまだ小さいし、かといって今の体型に合わせて買っても一瞬で使えなくなることでしょう。仔猫ちゃん用爪とぎポールが1カ月で物足りなくなったように…。
参考:爪とぎポールは大きい方がいいんです(ブリ男談)

というわけで、しばらくは新しい皿は買わずに対策することに。

ホームセンターで木の切れ端を買ってきて、皿の下に置きました。

人間でも木の匂いを感じるのに、こんなの餌場に置いたらイヤがるかな。と心配しましたが、そこはさすがブリ男さんです。
試しに床に置いた切れ端にはあっさり乗り、皿の下に置いても何の躊躇もなくカリカリに食らいつきました。ホントに君は神経が太いな。
参考:猫のケージを新調してからのブリ男の生活

食べやすさはどうかというと本人にインタビューできないのでわかりませんが、首をぐーっと下げる姿勢はなくなったので見たカンジでは悪くなさそうです。

問題はこの台、ホントに単なる木の切れ端なので、表面のケバこそ取ってあるけれど何の加工もしてないんですよ。
ふやかしたカリカリがこぼれ落ちたらカリカリ汁が染みます。

それに、ケージの中からワタシに甘えることもあるブリ男さん、熱中し過ぎてケージの格子にヤモリのようにへばりつくことがあります(ドアが開いていてもやる。ワタシが抱き上げてケージから出してやるということに喜んじゃうときがあるのです)。
んで足を滑らせて皿に足を突っ込み水をブチまけるという前科あり。なので今までトイレシーツを下敷きにしていました。

最近は赤ちゃんのときほど皿に足を突っ込まないし、カリカリ汁の染み込んだ台も成猫用の皿が使えるようになるまでの措置だし、とりあえずこれで様子を見ます。
ブリ男がまだ小さいうちにどの皿を買うかウキウキと悩むことにします。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です