オーバーワーク気味の飼い主と猫

春だ! 新年度だ! 残業の季節だ!
…ということで、珍しく働いています。このワタシが。

Work

若い頃は月当たりの残業が100時間を切ると「今月ヒマだったなー」とか思ったワーカホリックでしたが、今は残業なんて1時間もしたくないというぐーたら会社員です。
働きたくない、働きたくないでござる…! と呟きながら鬼のように仕事をしていますが片づきません。年度末怖い。

さて、飼い主の仕事が忙しくなるとブリ男も割を食うことになります。

ただでさえ日頃から留守時間が長いのに、ワタシが残業するとますますひとりの時間が長くなってしまう。
なので会議や打ち合わせで遅くなるとわかりきっている日は予めシッターさんにお世話を頼むことになります。
それでゴハンの用意や遊びの相手はしてもらっているハズなのですが、やはりワタシの帰りが遅いとなるとご立腹のブリ男さんです。
参考:春のペットシッターさん祭り!

昨年、年度末のシッターさん祭りでブリ男が一緒に寝てくれないという非常事態に陥ったので、今年は自宅に持ち帰って仕事をするように切り替えました。ひとりで完結する作業なら会社でやることもないもんね。家なら電話もかかってこないし。
ほぼいつも通りの時間に帰り、いつもと同じようにゴハンを出してもらって、とここまではブリ男もご機嫌です。

が、ワタシが慌ててシャワーを浴びた後に徐にPCを取り出してカタカタやり始めるとさあ大変。
「デカい生き物、仕事なのかよ…」と憮然とした顔をします。

何でそう判断したのか不明ですが、ブリ男はPCの邪魔はしちゃいけないと思っているようです。
これがテレビを観ているときは「アイツ、ヒマなんだぜ」とでも思うようで、ソファに座っていると容赦なくワタシの頭をぽくぽく叩いて構え構えとアピールしてくる。
それがテーブルでPC相手にカタカタやっていると「えー。……えー」と不満そうな顔をして、その辺をウロウロしています。

別にひとりで遊んでりゃいいと思うんですけどねえ。ワタシがテレビを観ているときは勝手に遊ぶことも多いんだし。

寒い時期はブランケットを膝に置いてPC作業をやるのですが、ブリ男はブランケットに潜って、ワタシの足元で丸くなります。んでワタシの足を齧ったり顎を乗せて寝たりしている。
寝るときはベッドかソファなのに、PC作業中はワタシに「つまんないのー」とアピールしたいようです。構ってやれなくてゴメンよ…。

と、ブリ男は不満そうですが、飼い主的には自宅で仕事しながらブリ男を見守れる方が気楽です。ふわふわ毛皮で足を温めてもらうとか、会社では絶対無理ですしね。
しかし毎日持ち帰り仕事で完結するわけではなく、帰りが遅くなることもあります。

去年は遅くなった日は「なんで遅いんだよー! デカい生き物のバカー!」とでも言いたげに、くるくるっと鳴きながら走り回っていたブリ男さん。
今年はオトナになったせいかそこまで不満を表現はしないのですが、ちょっとワタシがリビングから出ようとすると「えっ、デカい生き物またどっか行く気!?」と慌てた顔をするので、長時間のお留守番はやっぱりイヤな様子。

そして一緒に寝てくれないほどではありませんが、ワタシの帰りが遅くなった日はベッドに潜ったワタシの腹の上をダッシュするという儀式が執り行われます。
5.5キログラムが腹の上を走るのは痛いよ…。
一通り走った後はいつも通り足元で一緒に寝てくれるからいいんですけどね…。

 

そんなカンジでここしばらく、平日は睡眠不足に悩まされています。
元々ロングスリーパーなうえに、昔身体を壊してから睡眠障害に陥ってしまって睡眠薬が手放せないワタシ。薬の量と睡眠時間との絶妙なバランスでなんとか生活に支障が出ないようにやっているのですが、1日2~3時間睡眠時間を削られるとこのバランスがぐだぐだになります。
そのせいで、週末になると屍のように寝ています。

朝4時にブリ男に叩き起こされるので、そこはなんとか起きてブリ男のゴハンを用意するのですが、すぐに二度寝に突入。
1時間もするとカリカリを食べたいブリ男にまた起こされて、元気よくブリ男がウンチした後はトイレ掃除をして、また二度寝(三度寝?)。
そして日が高くなるまでそのまま……みたいな休日を過ごしています。

ところが疲労が溜まりまくっているようで、こないだの休日はブリ男に起こされても気づきませんでした。
朝4時には起きて無事にウェットフードを出したのですが、カリカリの要求には気づかなかった。

休日のブリさんは、ウェットフードとカリカリを出してもらった後寝るのですがベッドには上がりません。一晩ベッドにいて飽きたのか、ソファとか床とかで寝ています。
そして朝7時前にはテーブルで待機。何かというとカリカリマシーンからカリカリが出てくるからです。腹時計が正確過ぎて笑えます。
カリカリマシーンで食べ終わったらやっと落ち着くらしく、もう一度ベッドに上がってきます。

それがワタシが起きられなかった日は、ウェットフードの直後にベッドに上がってきたから「珍しいな」と思ったんですよね。正しく言うと「珍し…い…(寝落ち)」みたいな勢いで寝ていたのですが。
ま、どうせカリカリが食べたくなったら顔に爪立てたり腹の上を走ったりして起こすからいいやー、とアラームをセットすることもなく二度寝に突入するのですが、その日は激しい起こし方をしなかったようです。

デカい生き物、疲れてるな。
なんて察したんですかねえ。いい猫だ……。

猫

というわけでその日は食事とトイレ以外はずっと寝るという生活をしました。
ワタシと一緒にずっと寝て、さらに夜もさっさとベッドに入るブリ男を見て「コイツ、いつもこんなに寝ているのか…」と羨ましくなりましたよ……。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

4 thoughts on “オーバーワーク気味の飼い主と猫”

  1. りんむじんづ サマ
    年度末、本当に疲れますよね…
    年末とは違う季節、お疲れ様です!

    比例して部屋が乱れ、猫への時間も減ると、
    申し訳ない気分になります。

    ブリ男くん、体調を気遣ってくれて
    優しい看護師さんですね〜★
    猫はよくみてるなあ…

    1. サビままサマ
      今はブリ男も「遊べ遊べ!」とうるさくないからまだいいようなものの、仔猫のときは起きている間はずっと遊んでほしがったので、遅くに帰宅してからワタシがバタバタして相手してやれないと超不機嫌でした。
      オトナになった今は、添い寝するとワタシの手をペロペロ舐めてくれる優しい子です。
      あまり構ってやれていないのに、いい子です…。

  2. ちわ~v( ̄∇ ̄)v

    怒涛の年度末、あと少しでしょうか?疲れが溜まる頃ですねー!
    もう気合いで乗り切るしか無いです…

    ボロ雑巾のような体で帰って来て、「ナァ〜」と言ってくれたら癒されますよね。流石に、子猫の時の遊べコールは辛いですけどね (≧m≦)ぷっ!

    ウチは、遊べコールはあまり無いです、構ってないので無理と諦めてるみたいですが、撫でろコールがシツコイ!
    撫でても2〜3分撫たら満足してるんですが
    我が家のニャンも間もなく2歳!
    よく寝る、寝る!
    寝子って、よく言ったもんですね、よう寝てます!

    夜中の連日開催してた1人運動会も、1週間に一回あるか?無いか…大人になったんかな?

    1. まだむサマ
      怒涛の年度末、まだ一山越えねばならぬ…という感じで、ワタシの18年度はホントに終わるのかと危惧してます笑
      救いは自宅での仕事中にブリ男が寄り添ってくれることですね〜。
      何なら勤め先にも連れて行って、疲れたときにもふりたいです…。

      撫でてコール、羨ましい……。
      ぱっちり目が覚めているときは「ババア、触んなよ」という顔をされるし、お眠のときに添い寝すると喉を鳴らすのですが正気に戻ると逃げていきます。
      ブリ男が撫でてもらいたがる日は来るのでしょうか…。

      2歳ともなるとすっかり落ち着いちゃいましたね。ブリ男もすっごい寝ます!
      夜中の運動会なんてまったくないですよ〜。
      カメラの記録を見ると、夜中に目が覚めてもベッドの上で「暇だぜ…」という顔しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です