ミニマムワードローブのために、高級ブランドを味方につけろ!

とにかく衣装持ちだったかつてのワタシ。
服も靴も鞄もたくさーん持っているのが正義だと思っていたのです。
山ほどあるコレクションの中から毎日とっかえひっかえするのが正しいオシャレだと信じていました。

靴とアクセサリー

ところが数年前、実はそうでもないのかな? と思うきっかけがありました。

それは旅行先のドバイでの出来事。
ショッピングモールに入っていたティファニーでセールをやっていました。
ティファニーでセールってさすがお金持ちの国だなーとショーケースを覗いたところ、当時買おうかどうしようか迷っていた一粒ダイヤのピアスが日本価格の20%引きで販売されているのを発見。そりゃ買うでしょ、と即決してきました。

さすがティファニーさんです。シンプルな一粒ダイヤといっても、やっぱりステキなんですよ。ティファニーだと自分でわかってるから余計に気分が盛り上がるんでしょうが、それを差っ引いてもステキ。

すると不思議なことに、それ以降ぱったりピアスを買わなくなりました。
それまでプチプラな可愛いピアスを定期的に買っていて、服に合わせて付け替えるのが習慣だったのに、それをやらなくなってしまった。
でもそのときはまだそこまで不思議ではなくて「やっぱり一粒ダイヤは実用的なんだよねー。邪魔にならないのにキレイだし」くらいに思っていました。

それから数年後、今度は旅の途中の空港の免税店にて。
これまたティファニーにふらりと入ってしまい、やはり買おうか迷っていたダイヤのリングを見つけ、免税価格の安さにくらっときてお買い上げ。
すると、ピアスのときと同様、ぱったりとリングを買わなくなりました。
プチプラピアスと違って頻繁に買っていたわけではないのですが、店頭で見て「かわいー 欲しいー」て言うくらいのことはしょっちゅうやっていたのですよ。それすらやらなくなりました。見ても「今ワタシの指にはまっているティファニー様のリングの方が可愛いもんね、ふふふ」としか思わない。

さらに数年後、数シーズン迷った挙句にバーバリーのトレンチコートを買いました(今度は日本でね)。
すごい迷ったんですよ。何しろ安くないですから。でも10年前に出張先で間に合わせで買った安物ぺらぺらトレンチですら長年使ってしまったわけですし(なんか似たような話を書いたな…)、もういい加減バーバリーを買ってもいいんじゃなかろうか…! と清水の舞台から飛び降りたのです。
そしたらもう、生地はいいしステッチは可愛いしシルエットは完璧だし「どうして数シーズンも迷った! この数シーズンの着用機会を損失して、ワタシのバカー!」という後悔しかありませんでした。

すると、それ以来コートの買い足しをしないのはもちろん、手持ちのコートのほとんどを処分できてしまいました…。

ワタシは自他ともに認めるコート狂でした。
シックなものからキュートなものまでとにかくいろんな種類のコートを持っていて、コートシーズンに入ると毎日ウキウキと取り替えていました。場所もクリーニング代も嵩むけど、趣味だから仕方ないと諦めていたのです。
それがバーバリーのトレンチが参入してきたら、ほかのコートの魅力ががくんと薄れてしまったのです。もちろん可愛いのだけどバーバリーを押しのけて着るほどでもない。なので真冬のダウンとムートン、それとマックスマーラの黒のカシミヤ(これはハワイで衝動買い)は残して、ほかは譲ってしまいました。

いいブランドの迫力ってすげーな!
ということに、そのとき改めて気づいたのです。
ほどほどの価格のほどほどの品質のモノをたくさん持つより、一流のモノをひとつ持っているだけで物欲が霧散するなんてね。お金もスペースも節減できていいこと尽くめだ。

もっとも、ハタチのワタシがティファニーだの持っていてもモノの迫力に負けるだけですし、若い頃はいろんなモノを着てたくさん失敗するのがミッションだとすら思っていますから後悔はしていません。
でも、オトナになったらそれなりにいいモノを身に着けていた方がラクなんだな、と思ったのです。

てことは、バッグラヴな性癖も、がつんといいヤツを買っちゃえば治まるんじゃない!?

そう期待して、これも数年悩んだロエベをえいやっとお買い上げしました。
するとアクセサリーやコートと同様欲しいモノはすっかりなくなり…ということにはならず、その後もグッチのバッグを買ったりしてます。おかしいなあ。

黒のカシミヤコートの威力についてはこちらの記事で。
40代オトナ女子のワードローブはこれだ!【真冬編】

服やアクセサリーと同じような感覚で部屋の中のアイテムもがっさがっさと減らしました。
シンプルな部屋が好きな理由

迫力があるアイテムが1点あれば満足できるということで。
ルイス・ポールセンPH5

狩野探幽やウェグナーも大迫力だよ!
旅ログ ~俵屋旅館の魅力~



投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。

「ミニマムワードローブのために、高級ブランドを味方につけろ!」への6件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です