[ミニマムワードローブ]夏のコーディネートはこれだ!

ちょっと前まで爽やかな陽気だったのに、一気に暑くなりましたね。

summer

カラッと暑いのはまだいいとして、じめじめなのはホントに勘弁してほしい。

は1週間分(というか5日分)のコーディネートを紹介しましたが、今回の夏ヴァージョンは時期ごとのコーデを見ていきます。
というのも、ワタシは夏を細かく刻んで服装を決めているから。

ワタシがオシャレをするときに意識している季節の区分は次の通り。

春:3~4月頃
初夏:5月頃
梅雨:入梅~梅雨明け
盛夏:梅雨明け~お盆
晩夏:お盆~9月
秋:10月頃
初冬:11月頃
真冬:12~2月頃

参考:40代オトナ女子のワードローブはこれだ!【春編】

こうして見ると、冬は「寒い」か「すごく寒い」かだけだし、春と秋は「暑くも寒くもない」という雑な括り方だけど、夏だけやけに刻んでいるのがわかります。
昨今の日本の夏は暑くて長いし、湿度も多くて、決して快適な時期ではありません。
そこを服装でなんとかしのごうというわけ。

初夏

日差しが強くなり、紫外線たっぷの時期。まだ空気がカラッとしていて、暑いといっても爽やかな暑さです。だから春のコーディネートで暑いと感じなければそのまま使えます。
参考:[ミニマムワードローブ]春のコーディネートはこれだ!

春ニットとはいえ暑く感じるようであれば、夏の衣類も上手に取り入れましょう。

  • 白半袖Tシャツ
  • ベージュ~グレージュのカーディガン
  • ブルーデニム
  • 白のスニーカー
  • 白のショルダーバッグ

インナーを半袖シャツにして、暑いときは腕を露出できるように。
ただし湿度が低い分朝晩は冷える時期なので、カーディガンや薄手のジャケット、ストールなどの羽織物や巻き物は必携です。

白~ベージュのぼやぼやコーデなので、締まりがなければ派手柄スカーフを投入するのが吉。
サンダルやサングラスを合わせれば真夏でもイケますね。

梅雨

湿度90%ってどういうことやねん!
水の中を歩いているようなもんやないか!
とイライラしてしまうのがこの季節。
そのくせ温度はあまり上がらず、体内外がじっとり冷えて体調を崩しやすい時期でもあります。

  • 春夏の白シャツ
  • 黒の裏地なしジャケット
  • 黒のふんわりスカート
  • 派手な色のパンプス
  • 白のショルダーバッグ

わざわざ春夏用の白シャツを用意したのは、速乾性や通気性を重視したから。
着ているとべっとりしっとりひんやりしてくるコットン100%の生地は梅雨時には厳しいものがあります。化繊製の自宅でざぶざぶ洗えるトップスは必須。

じめじめなら冷房を入れときゃええやろ的な雑な空調の施設に出入りするときに備えて、やはり上着は必携です。
黒のスカートに黒のジャケットでは重過ぎたら、春色やベージュのカーディガンでもOK。

雨の日は傘の取り回しに難儀するので、両手が空くショルダーバッグを推奨します。
そして街が全体的に暗くなるので、派手な色のパンプスを投入して気分を上げる。

小雨ならクロップドパンツでもOKですが、ざーざー降りだとスカートの方がラクです。ストッキングならすぐ乾くけど、パンツはべったりしちゃいますからね。
とはいえ雨の日に必ずスカートというわけにもいかないでしょうから、春夏のパンツは速乾性を重視した素材にしてください。

盛夏

セミがうるさくなってきたら夏本番です。
容赦ない日差しも不快な湿度もmaxと、日本の夏は過ごしにくいことこのうえなし。
とはいえ薄着を堪能できるのもこの時期だけですし、思いっきり夏を楽しみましょう。

  • 涼しい素材の柄物カットソー
  • ベージュの上品ハーフパンツ
  • サンダル
  • 白のショルダーバッグ
  • 白のストール

夏って着るアイテムが減るから洗濯がラクですよね。服のボリュームも減るし。
参考:【提案!】理想のランドリールーム

夏は首にシルクのスカーフを巻くと汗でべっとりして鬱陶しいので、柄物トップスを使います。
小花でもドットでもストライプでもペイズリーでもお好みのままに。上品な柄ならオフィスでも着られて便利です。

屋内では冷房がキツいので、大き目ストールを1枚持っていると便利です。肩に掛けるもよし、膝掛けにするもよし。
ノースリーブ・ミニスカ生脚でクーラーに耐えられたのは二十歳頃まででした…。

晩夏

立秋頃まではいかにも夏な派手な色合いが素敵ですが、お盆も過ぎると秋の気配が漂い始めるので真夏の格好だとおかしなことになります。

  • 濃い色の半袖Tシャツ
  • ベージュ~グレージュのカーディガン
  • 白のクロップドパンツ
  • ベージュのトートバッグ
  • 黒のペタンコバレエシューズ

ここで使いやすいように、半袖Tシャツは黒とか紺とかカーキとかの真夏感がない色を選んでおくといいです。
とはいえ真夏にはオレンジやグリーンのTシャツも着たくなりますから、半袖Tシャツは収納容量と相談しながら複数枚所有するのがよろしいかと。毎回似たような形の黒ばかり買ってしまうという人は「複数枚あってもいい」という意識は捨てて、手持ちアイテムを精査してくださいね。

暦上はもう秋だし、デパートの陳列も秋アイテムばかりといっても、この時期はまだ暑いです。
参考:服の衝動買いとデパート文化・路面店文化
なのでカーキや黒などの落ち着いた色を取り入れつつも、白やベージュなど爽やかな色と合わせてバランスを取ってください。
真夏に落ち着いた色を着ても別に変じゃないので、ワタシの夏アイテムは地味な色ばかりです。

お彼岸を過ぎると、いよいよ秋。ニットが恋しくなる季節です。
それまでの数カ月、暑い夏を楽しく過ごしましょうね!
参考:マンションでの夏の快適な過ごし方

[ミニマムワードローブ]秋のコーディネートはこれだ!
[ミニマムワードローブ]冬のコーディネートはこれだ!
[ミニマムワードローブ]春のコーディネートはこれだ!

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

「[ミニマムワードローブ]夏のコーディネートはこれだ!」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    猫下僕の私としては、ブリ男君の記事も大歓迎ですが、オンナおひとりさまが衣食住とどう向き合うか指南してくれる従来の記事も、とても楽しみにしていま~す!

    1. いちひめサマ
      こんにちは!

      ドキッ…最近はブリ男にかまけて本筋がすっかりお留守でした。
      ブリ男が小さいときは猫ブログ気味になってしまいますが、ほかのカテゴリもちゃんと更新しますね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です