【KEEN(キーン)】登山靴もサンダルもスニーカーもKEENで快適!

先日ジャズドリーム長島へ行き、KEENでスニーカーを買いました。

これでワタシのトレッキングシューズ・スニーカー・サンダルはすべてKEENで揃ったことになります。

Climbing

そのとき履いていたアディダスのスニーカーは、土岐プレミアムアウトレットで2,000円で購入した代物。
間に合わせのつもりで買ったのに数年間履き続けて、ボロっちくなっていました。

ジャズドリームへの道中「コレも古いよなあ」とまじまじと眺めたらあちこち傷んでいて「あー、こりゃもうダメですわ」と悟り、到着後すぐにKEENに向かって新しいスニーカーをお買い上げ。
アディダスはそのままKEENで捨ててもらって、ピカピカのスニーカーで1日買い物ができました。

キレイめファッションにスニーカーを合わせてこなれ感を演出☆ なんてのは小奇麗なスニーカーならできるけど、ボロいスニーカーじゃみすぼらしいだけですな。

もっとも、KEENのスニーカーは「タウンユースできんこともないけど、かなりスポーティ」みたいなデザインを買っちゃったので、こなれ感☆ 的には使えないです。

コンバースでも買っとこうかしら。

KEENのトレッキングシューズは山ガール向け

最初にKEENの靴を買ったのは、山ガールブームに乗っかって登山アイテムを揃えた数年前です。

それまで登山グッズといえばノースフェイスだのマムートだのモンベルだの「そりゃまあ機能的かもしれんけど業務用っぽいよなあ」というイメージでした。

スイスで本気の登山をしている人が使っているのを見るとカッコイイんですけどね。

背の高いイケメンが今から氷河をトレッキングしますってときに、ノースフェイスの赤と黒のとんでもなくゴツいシューズを履いて、ザイルやら何やら着々と装備していく様子は惚れ惚れとしました。
参考:旅ログ ~ゴルナーグラート展望台からマッターホルンを望む~

しかしワタシがやるのは、せいぜい夏山ハイキングです。

ペラペラの靴じゃ困るけど、スイスの雪山に耐えうるほどゴツくなくてもいいのだよ。

と、いろいろ見ていたらKEENがかなり好みでした。


参考:旅ログ ~ジープとラクダと熱気球で砂漠を堪能~

シックなカーキで、女性用だとフォルムもちょっと可愛い目。
超ゴツいスニーカーっぽいと言えんこともないです。90年代にハイカットのバスケットシューズを履いていたアラフォー的にはね。

可愛いくせに機能性も充分で、底のがっしり感はさすがのトレッキングシューズです。
ちょっとした岩登りもある登山をしたとき、翌日全身筋肉痛で歩けない状態だったのに靴擦れひとつ起こさず足はピンピンとしていました。

山だけでなく、足場が悪い場所を長時間歩くような旅にはKEENのトレッキングシューズを持っていきます。
疲れた疲れたと言いながらもすいすい歩けるから、トレッキングシューズってすごい。靴って大事ですね。

KEENのサンダルが快適過ぎる

次に買ったのは、ストラップだらけのサンダルです。

これ、すごくラクちんです。

踵がゴムだから着脱は簡単。爪先は隠れているから荒れた道でも怪我の心配がない(これかなり大事!!)。風通しがいいから蒸れない。ザブザブ洗ってもすぐ乾く。
しかも底はトレッキングシューズ並みにしっかりしていて、ちょっとした沢登り程度ならこなせます。

あまりにもラク過ぎて、最近は暑いシーズンや南国への旅は全部KEENのサンダルで行っています。


参考:旅ログ ~スイスの周遊ルートと旅支度~


参考:旅ログ ~カイルア・ラニカイ・天使の海~

下に靴下を履いちゃえば寒い機内でも平気ですしね。

サンダル+靴下ってどーよ…と思わんでもないのですが、ビルケンシュトック+靴下というのに見慣れてしまってくると「まあいいか…」なんて気も。

機内を快適に過ごすためなら見てくれは後回しです…。
参考:胃弱な人の機内の過ごし方

最近のKEENのサンダルは紐まみれになってしまって、かなり残念です。

通気性はいいかもしれないけど、紐と紐の間に小指の爪を突っ込んでイテテとなる可能性大。

その点、ジャズドリーム長島ではワタシの好きなタイプが揃っていて、今のサンダルがまだ履けるのに買い足しそうになりました。夏に行ったら買うかもしれん。

キッズ用も23.5センチまであるってのがいいですね。こういうとき、たわけの小足でよかったと思います。

KEENに限らず、スニーカーって子ども用の方がデザインが可愛いモノが多いです。

KEENはスニーカーもやっぱり快適!

と、トレッキングシューズとサンダルでKEENにすっかり心酔していたので、スニーカーも安心して買いました。
上述したようにタウンユースにしちゃスポーティなデザインだけど、色合いがシックなモノを買ったので使いやすいです。

最近は体力ガタ落ちでショッピングモールを1日歩くだけでもぜーぜー言っていたのですが、新しいスニーカーにしたおかげで足の疲れだけは回避。
というか、インソールの踏み心地が良過ぎて歩くのが全然苦ではありませんでした。むしろ歩いている方がラクなくらい。

というわけで、今年の夏の休日はKEENのサンダルとスニーカーばかりで過ごしそうな予感です。
たまには山にも行ってトレッキングシューズも使ってやらねば…。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

2 thoughts on “【KEEN(キーン)】登山靴もサンダルもスニーカーもKEENで快適!”

  1. ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう

    KEENは、編み編みサンダルのイメージでトレッキング、スニーカーのイメージが無かったです。

    私は、トレッキングは、コロンビアです〜。ガチの山登りは、無理なので無骨なタイプも必要無し〜〜(*^.^*)エヘッ
    私は、デカイbodyの癖に足のsizeが小さくて22センチ…ブランドやデザインよりsizeの有無ですよー( ; ; )

    ビルケンシュトックの花柄とかデザイン可愛い
    でも…ペタンコなのがネック、少し高さが欲しいんですよね〜。

    1. まだむサマ
      最近のキーンはあみあみサンダル推しですもんね。
      あれはなんか落ち着かなくて、どうも食指が動きません…。

      22センチとはまた可愛らしいサイズですね!
      それこそキッズの方が選択肢が多いのかしら。
      オトナ用のラインナップだと、確かに合うサイズを見つけるのに一苦労…ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です