馬ってウマいね! ~長野といえば、バニクマン(BANIKUMAN)~

旅の楽しみは食!
というわけで、長野の夜の1軒目はバニクマンです。

ポップでキュートな看板。

お目当ては、もちろん店名の通り馬です。

名古屋界隈だと、馬肉を食べる習慣はあまりありません。
山の方に行けば猪や鹿は聞くけど、平野のスーパーで見かけることはまずないと思う。ワタシは両親が海育ちで魚ラヴだったので、余計に馬肉とはご縁がなかったです。

たまに出張先で馬肉を食べたことはあったけど、味は覚えてないなあ。そんなにいい店じゃなかったし、そもそも仕事で食べるゴハンの味は記憶に残らない。
なので馬肉とは美味しいものなのかどうなのか、この歳まであまりわかっていないままバニクマンへ来ました。

お通しはレンコンのキンピラと蕎麦チップス。

レンコンのきんぴら

蕎麦チップス

蕎麦チップスは醤油ベースの味つけ済み。これだけでもっしゃもっしゃ食べたいくらい美味しい。
濃い目の味つけなのに蕎麦の味が死んでないのね。さすが蕎麦どころだわーと感心しました。

この日は蕎麦だのお焼きだのを食べ散らかして野菜不足だったのでサラダも。

サラダ

さて、お待ちかねの馬刺しです。

盛りつけが豪華でいいですね!

赤身はモモ。バラなどサシがたっぷりな部位も。
変わったところではタテガミ。
タテガミ?! って、あのフサフサの毛を食べるの?!
と勘違いしましたが、タテガミの根っこの脂肪分なんですって。コラーゲンたっぷりだとか。
珍しかったのは、馬舌。
取れる量が限られるので出せない日もあるようです。

馬肉の味はどうかというと、サッパリしていて美味しいです。
脂肪分の少ない赤身部分だとさらっとしていて「マグロでも食べているのかな?」と思うくらいアッサリでした。噛むほどにじんわりと肉の甘みや旨味が滲み出てくるカンジです。

サシたっぷりの部位も、しつこさはありません。
牛や豚の脂って食べた瞬間には「ああ、美味しい!」と感じても、大量には食べられないしつこさがあるじゃないですか。あのしつこさがないし、でも旨みはあるしで、いくらでも食べられそうでした。

馬肉、旨いじゃん!

せっかくなら焼いた馬も食べたいです。
というわけで、ステーキも追加。

馬肉ステーキ

ステーキもこれまたあっさりしていて、かといってジューシーさも充分あり、なかなか美味でした。
あっさりした肉に甘めの濃厚なソースとニンニクチップスがよく合います。

 

もっとあれこれ食べたいところだけど、この辺りで撤退。
その理由は次の記事で!

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です