パリのエスプリが効いたアフタヌーンティー ~カフェ ディオール バイ ピエール・エルメ~

今回銀座でやりたかったことのひとつは、カフェ ディオール バイ ピエール・エルメへ行くことでした。

普通に青山のピエール・エルメに行こうかと考えていたのですが、ディオールとコラボしたカフェの内装を見てハートを撃ち抜かれました!

ディオール

ディオール

ひゃー、可愛い!
こんなところでピエール・エルメが食べられるなんて素敵!

と、アフタヌーンティーがスタートする12時に突撃したのです。

こちらがお茶請けに出てきたフィナンシェ。

ピエール・エルメ

皿が可愛いですねえ。
カトラリーもディオールの星が入った特別製で可愛いです。

ディオール

そしてティーカップも可愛い。

ディオール

アフタヌーンティーの紅茶はお代わり自由でした。ポットは2人でシェアなんだけど、差し湯じゃなくて茶葉を取り替えてくれるんですよ。おかげで4種類ある紅茶の3種類は飲み干してきました。

そして、タワーです!

ピエール・エルメ

きゃー! これです、これこれ!

上段はサンドイッチ。

ピエール・エルメ

ハーブのサンドイッチと、生ハムの入ったブリオッシュ。お菓子の甘さに疲れた舌に、塩気という安らぎをもたらしてくれます。

中段は、マカロン、ボンボンショコラ、それにシュークリーム。

ピエール・エルメ

「DIOR」と入っていない方のマカロンは、栗とベリーでした。何その組合せ!? と驚いたけれど、食べてみるといいんですよ。栗のねっとりした甘さにベリーの爽やかさが加わって、なんとも言えない風味。

そしてビックリしたのはパッションフルーツのシュークリームです。

ピエール・エルメ

チョコのクリームで甘めのシュークリームかと思いきや、パッションフルーツが全面にどーんと来るんですよ!
クリームも爽やか! しかも、中にパッションフルーツが入っていて、もろ柑橘! という風情のめちゃくちゃさっぱりしたシュークリームなのです。しっかりした甘さを想像して食べるとビックリします。
ピエール・エルメは、こういう意外な食材・食感の演出が上手だな~と感心します。このシュークリームでますますピエール・エルメのファンになりました。

下段はフォンダンショコラ、水切りヨーグルト、チーズケーキ。

ピエール・エルメ

チーズケーキはルバーブ入り。こってり濃厚な層とさっぱり爽やかな層の組合せが素晴らしく、これまた絶品ケーキでした。

京都で食べたピエール・エルメとはまた一味も二味も違った雰囲気のアフタヌーンティーで、満足でした。
こんなものが食べられるなんて、銀座はいい街だなあ。
リッツ・カールトン京都でピエール・エルメ三昧なアフタヌーンティー!

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です