【COVA コヴァ】パネトーネとシュトレンでクリスマス【ピエール マルコリーニ】

今年もクリスマスらしいことをやらない我が家ですが、コヴァのパネトーネを買うのは年中行事化しています。
参考:《クリスマス》パネトーネの季節がやってきた!【COVA コヴァ】

今年はそれにピエール・マルコリーニのシュトレンが加わりました。

パネトーネとシュトレン

パネトーネは今年はオーソドックスなフルーツ系をチョイス。サイズは当然(?)1キログラムです。
リボンが赤で揃って可愛いことになりました。

早速検品に来るブリ男さん。

猫

特にパネトーネの方は甘酸っぱい匂いが気になるみたいです。

猫とパネトーネ

一番気になるのはリボンですがね!

猫とリボン

ブリ男がリボンに夢中になっている間に開封。

パネトーネとシュトレン

シュトレンもなかなかのサイズと思うのですが、1キログラムのパネトーネの前ではミニサイズです。

あっ、また検品が。

猫

それ、君は食べたら死ぬ系だから止めときなさい…。

 

さて、ワタシはシュトレンってそんなに好きでもないです。

なんというか、いかにもドイツらしい味気なさというか。
長期保存のために砂糖てんこ盛りです! というカンジで、どうにも気に入らなかったのです。
参考:猫飼い初心者のドイツ語研究

という話を友人としていたら「ピエール・マルコリーニのシュトレンは美味しいって!」と力説されて、騙されたつもりで一度試してみる気になったのでした。

こちらがピエール・マルコリーニのシュトレン。

シュトレン

これ、めっちゃ美味しいです!
チョコレート記事の中に無花果たっぷりの大人のお菓子。ピエール・マルコリーニですからチョコは当然間違いなく美味しく、そこにもりっと無花果の歯応えが加わってかなり旨い。
たっぷりの砂糖はやはり気に入らないのですが、そこは払って食べることにします。

これはクリスマスまで、シュトレンの風味が日々変わるのを実感するまで残っているか謎です。美味しくて一気にばくばく食べてしまいそう。

 

なお、パネトーネは3月まで日持ちするのでシュトレンが終わってから開けることにします。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

2 thoughts on “【COVA コヴァ】パネトーネとシュトレンでクリスマス【ピエール マルコリーニ】”

  1. (*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪

    私も、どうもシュトレンは、苦手意識があり・・(* ̄∇ ̄*)エヘヘ ドライフルーツが好きじゃ無いのです。。
    この時期だけ・・真っ白なコロンとした物体を買い食べる気にならず・・

    今日・・職場で若い男の人が、「クリスマスはシュトレンと紅茶だけでいい」という話をしてて・・
    「美味しいの?」と聞くと・・「見た目と違い。絶対美味いよ」というのです。
    ただし・・高くても有名店で買えと・・・
    小心者なので・・高くて食べられなかったら、、と躊躇してしまします
    (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

    1. まだむサマ
      ドライフルーツ苦手な方にはシュトレンは難しいかもですね。
      高くて有名店を選べば同僚の方に同意です!
      チャンスがあればピエールマルコリーニ試してみてください。
      チョコがお好きでドライフルーツはイチジクだけならまあ…てカンジなら食べられるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です