絶品・牛タンと鴨 ~勝手屋~

久しぶりに鮨じゃないものを食べに行きました。
参考:【大名古屋ビルヂング】築地青空三代目・ツバメヤ

勝手屋です。

牛タンと鴨の料理が中心の和風居酒屋。
というわけで、突き出しがいきなり牛タンです(上の写真)。熱した石でジュッと焼いて、塩やレモン汁で頂きます。美味!

名物の鴨ネギの串焼き。

ワタシは鴨ってものすごく好きというわけでもありません。固すぎたり臭みがあったり、店によってはそんなに美味しくないですからね。
ところが勝手屋の鴨は旨い!
ジューシーな食感と程よい香りがたまらんです。

牛タンのどて煮。

牛タンのどて煮って初めて食べるかも。ゴロゴロとした塊の牛タンがたっぷり入っていますが、柔らかく煮込まれています。
味噌の濃い味がいい。白いご飯とわっしわっし食べたいです。

箸休めは黒豆の枝豆。

生牡蠣!

デカい身なので半分にカットしてありました。
大きくてとろとろの身が美味しい。これで酒が飲めたら最高なんだろうな。どうしてワタシは下戸なんだろう、と哀しくなる瞬間です。

美味しい店のは食べておきたいよね、ということで出し巻き卵。

濃い目のお出汁がたっぷり入った卵。キレイに巻いてあって口当たりも優しいです。

生シシャモがありますよ。ということで、塩焼きにしてもらいました。

なんだ、この鮎みたいな焼き方。こんな形状のシシャモを食べるのは初めてです。
そもそも本物のシシャモを食べるのも久しぶり…。

白エビの唐揚げをちびちびつまみながら飲みます(お茶を)。

これは絶対食べとけ! という料理は何ですか?
と店員さんに訊いたら、牛タンの串焼きとのこと。

喉の奥の方の希少部位を使っていて、すごく美味しいんですって。
それならと注文したら大正解でした。牛タンってこんなに柔らかいんだ! と衝撃を受けました。自分史上最高に美味しい牛タンでした。

〆は鴨雑炊。

ま、満腹です…。

22時以降限定の二八蕎麦なんてメニューもあるせいか、21時以降のお客さんの入りが良かったように思います。
ブリ男の機嫌がいいときを狙って蕎麦も食べに行かねば。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です