炊き立てご飯で正しい和朝食 ~朝食 喜心~

京都に行く目的のひとつは、美味しいものを食べることです。
参考:贅沢和ランチ ~ごだん宮ざわ~

今回は喜心で朝っぱらから美味しいゴハンを食べてきました。

​喜心

朝食のメニューはこちら。
汲み上げ湯葉。
一飯一汁。
うるめいわしの丸干し。
漬物。

ご飯はもちろん目の前で炊き上げてくれます。贅沢!

まずは湯葉から。

​喜心

たっぷりの汲み上げ湯葉にオリーブオイル・塩・すりおろしワサビをかけて。
豆腐にオリーブオイルと塩って合うんだから、そりゃ湯葉にも合うわけですよね。でもやってみたことなかった!
味の濃い湯葉にオリーブの香りが乗って、塩とワサビが程好いアクセントになっています。いくらでも食べられそう。

一保堂の香りの強い焙じ茶を飲みながら「いやー、ご飯楽しみだわ~」などと話していると、店員さんがご飯茶碗をいくつか持ってきました。お好みの茶碗で食べられるんですって。何それ素敵。

​喜心

気に入った茶碗に入れてもらうのは、まずは早や煮えから。

​喜心

炊き上がってすぐ、また蒸らしていない状態のご飯です。少し芯が残っているカンジで、ザ・米! という香りがする。
ごだん宮ざわで 初めて食べて「何じゃこりゃ!」とビックリしました。
2度目ともなるとそこまでビックリはしないのですが、食べ慣れているはずのお米も味わい方によって新鮮な食感が楽しめることに改めてしみじみと感動。

汁物は3種類から選べます。
京白味噌の豚汁、季節野菜の汁物、そして海鮮和風トマト汁。
ワタシはいかにも味噌汁というものが食べたかったので、豚汁にしました。

想像以上にでっかい汁椀。これだけで満腹になりそう!

喜心

喜心

白味噌ってホントに白いですね(錯乱)。
豆乳スープかと思うほど白い汁の中には、たっぷりの豚肉、焼いてから投入された丸茄子、茗荷など。和辛子を溶いて頂きます。
トッピングは海苔かと思いきや、茄子の皮を揚げたものですって。手が込んでるなー。

白味噌ってかなり甘いですね。普段キリッとした赤味噌にまみれて生活している名古屋人にはかなり甘くて「こんなに甘い味噌汁、味噌汁じゃない…」と途方に暮れそうになりました。
それが茗荷や辛子をアクセントにして食べ進むと「あれ、甘い味噌もいいんじゃない…?」なんて気になってくる。

連れはトマト汁をチョイス。

喜心

「スープの中に丸ごとトマトがゴロンと入っている」みたいなものかと想像していたら、全然違いました。見た目は完全にブイヤベースです。立派なエビやアサリがごろんごろん入っています。

汁のほかのご飯のお供は、うるめいわしの丸干しと漬物。

喜心

漬物は胡瓜と茄子の塩麹漬け。しっかり塩味が効いて、これだけでご飯が進みます。

それから追加でオーダーしたちりめん山椒とオリーブ昆布。

喜心

オリーブ昆布って初めて食べました。口に入れると始めは昆布の旨みが、それからオリーブの香りが広がって、なかなか癖になりそうな味です。美味しかった。

そして、これまた追加オーダーの卵。

​喜心

生卵の黄身を使って卵かけご飯に!
米は旨いし卵は濃厚だし、醤油がなくても全然イケました。もちろん醤油を垂らすとまた違った美味しさで、箸が進みます。
生卵だけでなく温泉卵もあるんですって。

〆にご飯のおこげ。

喜心

卵かけご飯の後のお茶碗で汚れてますが、ご容赦を。
カリッカリの香ばしいおこげに塩が振ってあって、完全にお煎餅です。出来立てカリカリほかほか煎餅ですから美味しくないわけがない。食後のおやつ感覚で頂けました。

実に美味しい朝ごはんでした!
毎朝こんな朝食が食べられたら幸せだろうなあ。そしてできれば誰かに作ってもらいたい…。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

4 thoughts on “炊き立てご飯で正しい和朝食 ~朝食 喜心~”

  1. もう仕事の時間なのにだめだ、美味しそうすぎて書かずに入られない
    ご飯の早や煮えってあれですよね、お茶会のお食事に最初に出されるやつ?テレビで見ただけだけど
    炊きたてを召し上がっていただきたくてご用意しましたっていうおもてなしの気持ちがこめられてるんですよね

    湯葉大好き!豆腐も大好き!湯葉にオリーブオイルはやったことなかったけど、家でも真似してみよう
    白味噌仕立てのお汁って飲んだことないですけど、やっぱり甘いんですね
    ただ私九州人なんで、やや甘い味噌とか醤油に慣れてるから、赤味噌文化の方よりは違和感無いかもしれない…どうかな

    卵かけご飯、醤油無しでもイケるとかすごい!
    たまに美味しく炊けたご飯といい卵でやりますけど、やっぱりお醤油はたらしちゃいますね

    1. ひまわりサマ
      早や煮えはソレです。お茶と無縁の人生なので、去年初めて食べてビックリしました。
      蒸らす前のご飯なんて未完成品じゃん…と一瞬思ったのですが、時間が経つにつれて味わいが変化するのが楽しめて面白いです。
      お米の変化が楽しくて、お代わりを何杯もしてしまうのが困りました笑

      湯葉とオリーブオイルはかなりオススメです!
      美味しい湯葉とオイルがお手元にあればぜひぜひ。

      九州の食文化はかなり甘めですもんね。初めて九州の醤油を食べたときはビックリしました。
      あと、九州の柔らかいうどんを食べたときもビックリしました笑

      卵かけご飯、美味しかったですよ~!
      自宅でも米と卵は美味しいモノを買っているつもりでしたが、桁違いでした。
      やっぱり醤油はひと垂らし欲しいですよね。それがなくてもすごく美味しくて、頬が落ちそうでした。

  2. ( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

    1枚目の卵かけご飯・・ノックアウトですよ〜〜黄身の濃い色・・
    お醤油なしで・・凄いですね〜〜〜。。
    京都は、お豆腐、お漬物などの専門のお店が多いから、楽しいのですが、激混み。
    人気店は予約すら難しい、、昔は、お洒落じゃなかったけど、いつでも気軽に食べられたんですがね・・・

    そうですよね・・りむさんは、赤味噌文化ですね・・それは白味噌はキツイかも?
    大阪も白味噌文化じゃないですが、お雑煮は京風の白味噌仕立てです。嫌いですが。(´。✪ω✪。`)
    でも白味噌はよく使いますよ・・白和えとか、西京焼きとか。
    味噌汁には、無理だわ、、、甘すぎますw

    う〜〜ん・・夕食は米抜きダイエット実践中・・お米大好き人間ですから・・
    目に毒の記事です〜〜〜〜(*´д`*)ハァハァ

    1. まだむサマ
      ここまでザ☆白味噌! な味噌汁を飲んだのは初めてだったので「あ、甘い…!」と衝撃を受けました。
      西京焼きとかは好きなんですけどねえ。味噌汁じゃなくて甘いスープだと思ったら全然受け入れられました笑
      ウチはお雑煮もおすまし仕立てです。たまに赤味噌以外も買いますが、すぐに八丁味噌が恋しくなります。

      ワタシも夜は米を控えていたはずが、大量に買ってきた漬物が美味しくてついご飯を食べてしまいます…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です