名古屋栄三越のスイーツ売場が頑張っている!

名古屋栄からキルフェボンが撤退し、しばらくケーキ難民が続いていました。
参考:名古屋栄のケーキ事情 ~ショコラトリー タカス & ラヴニュー デ シャンゼリゼ、それとキルフェボン~

が、名古屋栄三越の洋菓子店売り場が2017年10月4日にリニューアルし、名古屋のケーキ事情に新風が吹き込みました。

ワタシの! 愛しの!
ピエール・エルメ
ジャン・ポール・エヴァン
これらが入るというだけでも幸せなのに、セバスチャン・ブイエやホレンディッシェ・カカオシュトゥーベなど東海地方では初出店となるメーカーを揃えてくれました。

栄三越、やるじゃん!

残念ながら、ワタシが最も好きなスイーツブランドであるピエール・エルメは、マカロンと焼き菓子のみの取り扱い。
これで生ケーキが入手できるようになると嬉しいんだけどなあ。
でも、マカロンも焼き菓子も名古屋ではバレンタインの時期しか入手できなかったのですから(それ以外は東京や京都に行くときに買うしかなかった;リッツ・カールトン京都でピエール・エルメ三昧なアフタヌーンティー!)、あまり贅沢は言えません。
参考:バレンタイン! さあ、甘い戦場へ! ~名古屋タカシマヤ アムール・デュ・ショコラ~

そして嬉しいのが、ジャン・ポール・エヴァンのカフェができたこと。
パリに行く度に鼻血が出そうなくらい甘いチョコレートケーキを食べたものですが、それが名古屋でできるとはねえ。長生きしてみるものです。

こういう風景はパリでのお楽しみだと思っていましたよ…。

リニューアルしてしばらく経ってから覗いたので、混雑はさほどでもありませんでした。
それでもジャン・ポール・エヴァンは入場規制がかかっていて、10組ほどのお客さんが行列を作っていました。
ピエール・エルメは数人待ちって程度だったので買い物しようかとも思ったのですが。

せっかくなら食べたことのないホレンディッシェ・カカオシュトゥーベを購入。

どうせならマルガレーテンクーヘンにチャレンジしたかったけど、さすがにひとりでちまちま食べるには向いていません。

おとなしく、一口大にカットしてあるものにしておきました。

味はどうでしょう。
うーん、まあこんなもん? ってカンジですかね。
チョコレートでコーティングされたヤツにしてしまったので、バウムクーヘンの風味がいまいちわかりませんでした。チョコレートならもっと美味しいメーカーがあるしな。

何にせよ、ケーキの選択肢が広がったのは大変喜ばしいことです。
ありがとう、三越!
当分の間お持たせは全部三越で買うよ!!

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です