ピリ辛赤門ラーメン ~東京大学生協食堂~

「孤独のグルメ」が好きです。

オッサンがゴハンを食べているだけなのに、なぜこんなに面白いのか。

せっかく東京に行ったので、「孤独のグルメ」ごっこをすべく東大へ行ってきました。

study

なぜ数ある店から東大を選んだかというと、大学巡りが趣味だからです。
参考:京都大学 総長カレー
参考:旅ログ ~圧巻! 京都御所(ついでに「はふう」と同志社も)~

歴史のある大学だと建物が重厚で見応えがあるんですよ。
ワタシが通っていた大学は味のある建物がなかったので、いいなーと羨ましがりながら周っています。

ぼてぼて歩いていたら食堂の閉店時間ギリギリになってしまい、メニューの選択肢はあまりありませんでした。

それでも赤門ラーメンは残ってた!

赤門ラーメン

キムチに挽肉や椎茸などが入ったあんかけと、たっぷりの中華麺。

さすが若者向けのメニュー、量が多いぜ…と呆然としました。
五郎ちゃんが食べていたハーフサイズでちょうどいいカンジかと思われます(しかし五郎ちゃんは赤門ラーメンハーフサイズのほかに定食を食べていた。変態だ)。

味は、まあ。大学の食堂ならこんなものよね、という美味しさ。
ピリ辛にやられて汗が吹き出してきたので、冬に食べると沁みそうです。

友人はタンメンを食べていました。これまた学食の価格なりの味ですが、大きなアサリが入っていたりしてなかなか頑張っていましたよ。

東大食堂

食堂で見かけた学生さん達は、心なしか賢そうに見えました。
未来の日本、いや世界を担うパワーを蓄えるべく、いっぱい食べておくのだよ! とオバチャン精神全開で(勝手に)見守ってきました。

スマイスターMagaZineにてコラム連載中!

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です