エアコンクリーニングをプロに頼んでみた!

今年の夏はブリ男のために24時間エアコンを稼働させていました。


参考:【電気代】24時間クーラーつけっぱなしを3カ月間やってみた!

そこまで酷使すると、エアコンをきちんとメンテナンスしておかなきゃいけないな。メンテナンスを怠って、真夏の真昼間にエアコンが止まったら大惨事だし。

と考えて、業者にクリーニングを頼むことにしました。
しかも故障がないかをチェックしてもらうためにメーカーの業者です。

メーカーに電話で問い合わせて価格を訊いてみたら、清掃業者のエアコンクリーニングの相場の倍近くします。
何それ、たっかー!
と思ったのですが、よくよく調べると自動掃除機能付きのエアコンクリーニングは値段が高いんですね。その相場としては普通というか、むしろ良心的というか安いくらいの価格でした。
それならメーカーに頼んだ方がいいや。

というのも、フィルター掃除をしたときにパネルを開けたら、戻らなくなったんですよねー…。
これまたメーカーに問い合わせたら「力づくで押し込んでください」という非常にアナログなアドバイスを頂き、それを実行したらちゃんとパネルが作動するようになったのでそのままにしていました。
でも怖くてフィルター掃除ができなくなってしまったので、どうなっているのかちゃんと見てもらいたかったのです。

 

クリーニングの様子を見ると、ほぼ全部分解していました。いっそ壁から外した方が早いんじゃないかってくらいの分解っぷりです。
今どきの自動掃除機能が付いているエアコンの構造は複雑ですね。配線を外したり戻したりするのに業者さんも四苦八苦していました。これは素人が開けたら二度と戻せません。

分解した部品は風呂場で洗浄。
ということに思い至らなかったので、浴室は散らかしたままでした。慌てて洗濯物を片づけることになってしまい、ちょっと反省。

壁についたままの本体の残骸も洗浄してもらいました。
壁や床を養生して、高圧洗浄機みたいな道具でプシューッとやるアレです。エアコンクリーニングってこのイメージが強かったので浴室を使うと思わなかったんですよ。

作業はなんと3時間弱!
部品や本体の洗浄自体は大して時間がかからないけれど、養生と分解・組立に時間がかかっていました。
業者さんはクリーニングに来たのかエアコンを分解・組立に来たのかよくわからんってカンジです。

汚れはどうだったかというと、全然キレイと言われました。あ、そうなの?
どの程度の頻度でやればいいのか訊ねると3年に1度程度らしいです。
もっともこれは空気の汚い場所だと頻度を上げなきゃいけないそうです。ウチの辺りは空気がまだキレイだから大丈夫らしい。
ウチも繁華街でそうキレイじゃないと思っていたのですが、工業地帯で洗濯物が干せないような地域はエアコンの汚れ方が凄まじいそうです。なるほど。

というわけで、今のエアコンは3年おきにあと2回クリーニングし、さらに3年経ったら買い替えかな。という目安ができました。

 

さて、作業中にブリ男はどうしていたかというと、ケージに入ってもらいました。

長時間ケージに入ってもらうのはテーブルの納品以来かな。

アルテックのテーブル
参考:【Artek】アルテックのテーブル82Bがやってきた!

去勢手術前後はストレスを与えないために業者の出入りは避けていたので、久しぶりの「業者観察inケージ」になりました。

ブリ男の様子はどうだったかというと、相変わらず見知らぬ人にもうふうふしています。
しかも業者さんのひとりが猫飼い、もうひとりは昔多頭飼いをしていたという猫好き。
「にゃんこちゃんいますね~! 可愛いですね~!」と柵越しになでなでしてもらい、ドヤ顔をしていました。

作業中は、近くにいるワタシを見るか、クリーニングの様子を眺めるかしておとなしくしていたブリ男。
黙ってじーっとしているので「おとなしい猫ちゃんですね~」と業者さんに感心されていました。
そして猫好きの業者さんは我慢できず、作業の合間にブリ男をなでなで。喉や尻尾の付け根を優しくこしょこしょしてもらい、うふうふするブリ男。
しまいにゃ業者さんに「あのね、ブリ男ね、ケージから出たいの」と甘えた声を出しながら前足を伸ばしておねだりするブリ男。
そんな甘い声で鳴くのはお母さんに対してだけだと思っていたのに。君はホントに誰でもいいんだなあ…。

最後は作業中にうとうとするくらいリラックスしていました。
生きやすそうな猫でよかったよかった。

 

なお、多頭飼いしていた業者さんに「2歳くらいですか?」と訊ねられました。
いえ、8カ月にもならないんです。と言うと、えーっ! そんなに赤ちゃんだったの!? と驚かれるブリ男。4キログラム級なら大人に見えるわな。

そして「毛の手触りがむちゃくちゃいい!」と褒められました。
ワタシは猫はブリ男しか知らないので比較しようがなかったのですが、ブリショーの毛はめちゃくちゃ気持ちいいらしいです。

猫を飼うならブリティッシュショートヘア

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です