【Artek】アルテックのテーブル82Bがやってきた!

[模様替え]テーブルの買い替え、すごく悩む[和か北欧か]で、新しいダイニングテーブルはArtek(アルテック)に決めたと報告しました。

ダイニング

そして遂に我が家へ納品されました…!

結局どこで買ったかというとACTUS(アクタス)です。
あちこちに訊いた結果、脚のカット代金はアクタスが一番安かったのでした。
参考:テーブルとチェアの高さはどれくらいがベスト?

日本にある在庫をアクタスでレッグカットしてもいいし、フィンランドのアルテックでカットしてから輸入もできますよ。
と言われ、本場で加工してもらえるなんて素敵! なんて心が揺れました。
が、輸入するとなると半年待ちだそうです。発注時に日本に在庫がなければどちらにしても半年待ちになるからアルテックでの加工もいいけど、ワタシがオーダーしたときは日本に在庫があったのでアクタスでやってもらいました。半年待ちと1カ月待ちでは随分変わりますもんねえ。

アクタスでのレッグカットの仕上がりはどうだったかというと、よくわかりません。
搬入されて即フェルトを貼られたので、まじまじと観察できずじまいでした。

搬入と組立をやってくれた業者さんが「猫ちゃん、電動ドライバーの音は大丈夫ですか…?」と気を遣ってくださって嬉しかったです。
さすがに肝っ玉の据わった猫といえど電動ドライバーの音はおっかなかったらしく、イカ耳して珍しく震えていました。ワタシと業者さんと寄ってたかってゴメンね~と言われて、むーんとした顔をしておりました…。すまんかったね…。

さすがにイカ耳中は撮影できなかったので、納品後にまったりしているときのお顔を。

猫

だいぶブリショーっぽい顔つきに見えるときが出てきました。

 

さて、肝心のテーブルはどうかといいますと。

こちらです。

アルテックのテーブル

ワタシが注文したのは82Bというヤツのホワイト。
天板が白のラミネート加工で脚はバーチ。
サイズは幅1350×奥行850×高さ720mmのところを、高さ700mmに加工してもらいました。

なぜこのサイズにしたかというと、今まで使っていた丸テーブルの直径が1メートルで、それよりは小さくしたくなかったというのがひとつ。
もうひとつは、これに合わせるチェアがまあまあ幅の大きなモノなので、短辺にも余裕で座れるサイズが欲しかった。

しかし実際に家に入れてみると「デカっ!」と怯んでみたりして…。

アルテックのテーブル

これを注文したときはブリ男がウチに来るなんて想定していなかったもんなあ。
今買うとしたら、幅を1000mmくらいにしてもらってブリ男の運動場の面積を確保したかも。いやいや、そのうちブリ男も走り回らなくなるから、テーブルの上にでーんと横たわるのを眺められる今のサイズがいいかも。
なんてことを考えています。考えても仕方のないことですが。

ブリ男は早速検品をしてました。

アルテックのテーブル

デカい家具が入れ替わってどんな反応をするんだろう…と心配しましたが、別になんてことないみたいです。熱心に匂いを嗅いだ後は、横たわって「ふー」という顔をしていました。
ま、ケージの変更にもさほど動じなかった男だから、部屋に何が置いてあっても気にしていないみたいです。羽根布団をタオルケットに替えようがカーテンを洗濯しようがお構いなし。このウチは頻繁に何かが入れ替わるなーくらいに思っているのかもしれません。
参考:[模様替え?]猫のケージを新調!

 

テーブルの天板を白にするとモダン過ぎて寒々しいのでは。
という心配もありましたが、思ったより良い雰囲気です。
白といってもバッキバキの白じゃなくて、ちょっと優しいカンジの白なので上手いこと馴染んだようです。
脚のバーチもピンク味が強過ぎたら浮くかも…と心配したけど、床やソファの脚と似たような色合いでした。

そして、前のダークブラウンのテーブルはやっぱり色が濃すぎたんだなあ、と改めて実感。
テーブル自体は大きくなったのに「この部屋に置くならこっちよね」としっくりきました。1年間ダークブラウンのテーブルセットのまま暮らして「これはこれで別にいいんじゃなかろうか」と思ってしまうこともあったけど、やっぱり買い替えてよかった。
参考:インテリアの色・続編 ~模様替えに先立って配色に悩む~

いかにもアルテックな曲木の脚。

アルテックのテーブル

これ、ホントは脚と脚の間に幕板があるんだけど、ワタシ的にはこの脚の曲木の部分が目立たないと魅力半減だと思っているので幕板は外してもらうことに。
アクタスからアルテックに確認してもらったところ、幕板がなくても強度に問題はないみたいです。デカブリショーになったブリ男が上で踊りまくらなきゃ大丈夫かな。

 

なお、チェアの方は引き続き納品待ち。あと1カ月はかかるそうです。
古いチェアはテーブルと一緒に引き取ってもらう予定でしたが、1脚はブリ男が気に入ってしまって処分できませんでした。
あれだけ素材と色に悩んだのに、結局ガラリと模様替えすることは適わず。
参考:続・家具の木材ってどう選べばいいの? ~明るい色の4種を比較~

こうもすやすやと眠っているのを見ると処分なんてできませんよ!
ワタシがキッチンで料理しているときはこのチェアから眺めるのがお約束になっちゃったし!
インテリアよりもブリ男の平和な寝顔ですよ…!(でれでれ)

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です