[まとめ]マンション購入を考える人へ ~後悔しない住まいを買う方法~

ワタシは20代で1軒マンションを買い、30代でもう1軒買いました。

Apartment

1軒目も2軒目もよんどころのない事情で仕方なく買った…というより半ば趣味みたいなものです。
快適な部屋に住みたい、楽しい街で暮らしたい、というのを追求した結果、マンション購入に至ったというカンジ。

おかげさまで不動産関係の仕事をしているわけでもないのに、住宅購入に関してはやけに経験値が上がってしまいました。
家を買おうかどうしようか迷っている方、ぜひ参考にしてください。

家は買うべき? 借りるべき?

賃貸住宅の方が気楽でいい。いやいや、買った方がトータルの費用は安く済むぞ。
とあちこちで議論されていますが、ワタシはこれどっちでもいいと思っています。

ずっと同じ場所に住み続けるなら買った方が気楽なこともあるし。
仕事上、あちこち移るとわかっているなら買っちゃダメだし。
どっちがいいかはケースバイケース。

ただし、買うにせよ借りるにせよ自分の生涯収入のうちいくらを住宅費用に回すかは明確にしておく必要がある。
身の丈に合わない支出を続けるのは分譲にせよ賃貸にせよ不健全なものです。

家を買うのはリスク!?

ワタシはぶっちゃけ一介のサラリーマンがわざわざ固定資産を持つことはないと考えます。
親から引き継いだとかなら別だけどね。借りれば済むのに、高い金額出して買うことはないと思っている。
それでもどうしても家を買いたいときだってあるのさ…!
家を買うリスクと、それでも買う理由

マンションを買うときに最重視すべきこと

マンション選びの決め手;一番大事なことは何?
こちらの記事では、戸建とマンションの比較のほか、マンションを買うに当たって最も考えなくてはいけないことについて述べました。
マンションは○○さえ良ければどうとでもなるよ!

新築マンション? それとも中古マンション?

新築マンションを買うか、中古マンションを買うか、それが問題だ
リノベーションも活発になって、気に入らない内装の新築マンションを買うよりは立地が良い中古マンションを買って好きなように作り変えるという選択肢があります。
と言っても管理規約上の制限もあるので、購入前にはしっかり確認を。

住宅購入とお金の問題

一生涯にかかる住宅費用とは?

家を買うリスクと、それでも買う理由
こちらでは一生涯にかかる住宅費用をばっくりと試算しています。
ザル計算だけど20年近く住まいを借りたり買ったりした実感とはそんなに乖離はないかな。

住宅ローンの返済

家を買うときにネックになるのが「多額の住宅ローンを支払えるのか」という不安だと思います。
借金はしないに越したことはない。でも、思い切ってやってしまえば何とかなるものです。

というのは1軒目のマンションを完済したからこそ言えることで、ワタシも借りた当初は「数千万円も返せる気がしない…!」と不安でガタガタ震えていました。
とは言え賃貸住宅に何十年も住んでいれば、どちみち数千万円払うわけですからね。
大きな借金を作れるのも、若さと会社員という身分のおかげです。それらを持っているうちに活用してしまえーと考えました。

そしてガタガタ震えていた割には10年で完済。チャレンジしてみるものです。
【必読!】住宅ローンを短期間で完済するためには

月々の家賃並みの支払いでマンションを買えるってホント?
こういう謳い文句でマンションを販売する業者は数多いですが、騙されちゃダメですよ。

そのほか住宅ローンにまつわるあれこれはこちらにて。
住宅ローンの本審査を申し込んできました。
住宅ローン完済後にやること
住宅ローン完済時の不審な行動

マンション購入前に考えるべきこと

「新築マンションを買うぞ!」と決意してからも、決めるべきことは山ほどあります。

一番大変で一番重要なのは、どこに住むかを決めること。
マンション選びの決め手;一番大事なことは何?

ワタシは1軒目のマンションの立地選びに大成功いたしまして、10年経ってもほとんど値崩れせずに売ることができました。
周囲の相場価格を見るにつけ「このエリアに目を付けた若い頃のワタシ、グッジョブだよー!」と自分を褒め称えております。

と言っても売るのが目的で買ったマンションではなく、いかにワタシが楽しく快適に暮らせるかというのを主眼に立地を決めました。
通勤のしやすさ、繁華街までのアクセス、買い物に便利か、周囲の雰囲気は好きか、などなど。
「マンションを買ってもいいかな~」と漠然と考え始めてから住みたいエリアを決めるまで3年かかりましたが、時間をかけた甲斐がありました。

人気があって便利な場所にあるマンションは高額なので、買うのを躊躇ってしまいがちです。
でも、住んでいて満足度が高いし売却時の心配は要らないし、金額分はペイできると思う。
予算との兼ね合い次第だけど、可能な限り高額物件を狙うというのもひとつの基準だと思います。

立地のほかにも部屋選びに当たって考えておきたいことはいろいろあります。
ヘンに衝動買いして「やっぱり買わなきゃよかったー!」と後悔しないためにも、自分が譲れない条件は整理しておいてくださいね。
マンション購入の希望条件【部屋の向き】
マンション購入の希望条件【階数】
マンション購入の希望条件【風通し】
マンション購入の希望条件【広さと間取り】
マンション購入の希望条件【間取りの可変性】
マンション購入の希望条件【規模と共用施設】

マンション購入、決めた!

webやチラシで「このマンションいいかも!?」と思える物件を見つけたら、まずはとにかくこの記事をチェックしてください。
【必読!】新築マンション購入のスケジュール

契約まではスピード感が求められます。
あと、入居直前は大忙しになります。
事前にいつに何をやるかを確認しておいてくださいね。

新居の内装はどうする?

新築マンションの場合、キッチンや浴室などの水周りは変更不可の物件が多いです。
しかし建具の色や間取りなどは無償で選べたり、有償である程度設計変更ができます。
この醍醐味を味わいたかったらマンションの青田買いがオススメ。
新築マンションのオプション[要る? 要らない?]
[カラーセレクト]新築マンション、建具・床の色はどう選ぶ?
新築マンションのインテリアオプション、思ったよりいいかもよ!?

もっとも、マンションの青田買いがホントにオススメかというと、どうだろう。
管理状況や住人の様子はわかんないし、新築物件ってのはムダに高額だし。

一番いいのは、マンションの様子を見極めてから売れ残って値下げした部屋を買うってところでしょうか。誰も住んでいない新築気分は味わえるし、実物を確認した後なら「こんなハズじゃなかった!」という後悔も少ないでしょうからね。
でもその場合、自分の好きな内装の部屋が残っているとは限らないしなあ…。
新築物件にいきなり工事を入れるのもなんだかもったいないし。

なのでワタシは1軒目も2軒目も新築マンションの青田買いでした。
特に2軒目は思う存分設計変更をやり込んで、好みの収納に仕上げたので大満足です。
新築マンションの設計変更;一番やりたかったことは?
【高いの?】新築マンションの設計変更、果たしておいくら!?【安いの??】
新築マンションの設計変更、ここまでできちゃう!

大満足とはいえ、多少は「こうしておけばよかったかな…」という部分もあり。
家は3軒建てて初めて満足する、というのは至言。
新居の後悔ポイント?! 実はこんなところに使い勝手の悪さが…

入居準備は抜かりなく!

内覧会

新築マンションに初めて入る機会は、内覧会です。
半日で瑕疵を見つけたりあちこち計測したりと忙しくなるので、事前にやることを整理しておいてください。
[ついにこの瞬間]新築マンション内覧会! 心構えと必携アイテム

【web内覧会】玄関
【web内覧会】洗面所・バスルーム
【web内覧会】クローゼット
【web内覧会】トイレ
【web内覧会】リビング
【web内覧会】キッチン

各手続や引越準備

新しい家具家電を選ぶくらいまではウキウキできますが、いろんな手続きや引越の段取りを組む辺りになると忙し過ぎて「イーッ!」となることもしばしば。
やらなきゃいけいなことは事前に整理しましょう。
《引越まで約2カ月》白物家電の購入
《引越まで約半月》転居にまつわる手続きあれこれ
《引越まで約1カ月半》引越業者決定! …のハズが、まさかのトラブル!

マンション入居後

新築時から1年ほど、瑕疵がないか定期的に点検があります。
内覧会で見つけられなかった不具合は無償で対応してもらえるのでご安心を。
【新築マンション】入居後3カ月点検

そして入居後数カ月には管理組合の活動が始まります。
より良い住まい作りのために積極的にご参加を。
修繕積立金は順調に貯まってるか、住人同士のトラブルはないか、自分の目でチェックしていくことが大事。

皆様も良いマンションライフを!!

スマイスターMagaZineにてコラム連載中!

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です