【新築マンション内覧会】次の我が家に初めて入ってきました。

マンション契約から約1年半、設計を固めてからも1年余、ようやく新居に足を踏み入れてきました。

花

写真は施工会社からプレゼントされたものです。

うん、ワタシ達って1カ月後には引越で、せっせと荷物減らしているところなんだよね!
できれば入居して荷物が片づいた頃にもらう方がありがたいかな!

とも思いましたが、やはりお祝いされるのは嬉しい。
つーかムリな工期や無茶な要求もあったろうに無事に建築してもらって、ワタシの方が労わなきゃだよなあ。

内覧会当日は部屋のチェックだけじゃなくて、いろんな手続きもやります。
鍵の引き渡し日時を決めたりとか、共用設備の使い方を説明されたりとか。これらが終わるまでは部屋の中をじっくり見ることはできないです。

そして、この期に及んでもまだインテリアオプションはせっせと販売されているらしく、一生懸命売り込まれている人もいました。
設計変更をやり込んだワタシは、それらは全部パス。販売会社もよくお分かりのようで今さら「これもいかがですか」などと野暮なことは言いません。

手続きを終えてようやく部屋に入ったカンジはどうだったかと言うと…。

……思った以上に「思った通り」でした。

設計図書まで引っ繰り返した甲斐があって(マンションを買うときに確認しておくべきもの)、脳内でかなり正確に再現していたようです。
細かい部分では「えっ、こんな風になったのか」と思わないでもなかったけど、まあ許容範囲。

不具合らしい不具合もなく、目立つ傷や汚れもなく、修正を依頼したのは施工会社の人が発見してくれたクロスのめくれだけでした。
施工会社の人が見つけてくれなかったら見逃していたかも。1軒目のマンションの内覧会の教訓が活かされてないです(新築マンション内覧会! 心構えと必携アイテム)。
新築マンションは人の冷静さを奪う魔物が潜んでいるとしか思えません。

1年半前にあれこれ考えた部屋がようやく現実のモノとなって自分の目で見ると、やっぱり「買ってよかったなあ」としみじみ思いました。

正直、ここしばらくバタバタしていたものですから「なぜワタシは引越なんか決意したんだ!!」と過去の自分に腹を立てていた部分もあったのです。新居を見たらバタバタとイライラがポーンと飛んでいってしまったカンジ。

入居までまだまだやることは山積みで、まだ何回も「どうして引越なぞ!」と思うんでしょうけど、もうひと踏ん張り頑張ります。

新居の様子はちびちびアップしていきますね。

スマイスターMagaZineにてコラム連載中!

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です