間取り図拝見【サンクレイドル名古屋大須】

ご好評を博しております間取り図拝見シリーズ。

たまには土地勘のあるマンションを見たいなーということで、久しぶりに名古屋のマンションをチェックしてみました。
今回槍玉に挙げるのは、サンクレイドル名古屋大須です。

サンクレイドル大須

大須は子どもの頃からよく遊びに行っていました。
今みたいに小奇麗な観光地的な雰囲気ではなく、胡乱な店がひしめき合ったアジアなカンジの街でした。

今はこじゃれたカフェもあって若者も大勢闊歩している街ですが、昔からの習性で大須に行くと小汚い蕎麦屋だのきしめん屋だのに入ってしまいます。そんで大須観音にお参りして、煎餅を買って帰るの。

ワタシ自身大須に住みたいかというと、ちょっと…うーん、考えてしまいます。
人通りの多い商店街が近くにあるのは心強いのですが、少々賑やか過ぎる気がする。
多分、サンクレイドル名古屋大須を買う人も「休日は家でゆっくり過ごす」というよりは、通勤時間を短くしたい人やセカンドハウス用に買う人なんだと思います。

さて、間取りです。
今回注目したのは、55平米クラスのBタイプ

これ、パッと見とても素直な間取りです。

全体がキレイな正方形になっていますね。
マンション購入の希望条件【間取りの可変性】に書いた通り、部屋全体はキレイな矩形であるに越したことはないです。
やたらと間口の狭い細長ーい部屋とか、部屋の一部が斜めになっているのとか、家具の配置やリフォームのときに悩むことになる。

50平米クラスの部屋はどうしても中住戸の細長ーい部屋になりがちなので、この広さでこの正方形は素晴らしい。
ワンフロアに2戸という小さなマンションだからこそ実現できる間取りです。

そしてワンフロアの戸数が少ないということは、窓が多いということ!
住宅は風通しが良くないと耐えられないワタシ(マンション購入の希望条件【風通し】)は、3方向に窓がある間取りを見ると「いいぞ…!」と力強く頷いてしまいます。

特にこのBタイプは、洗面所に窓があるのが優秀。
浴室はデカい乾燥機が入るからそこまで湿気はこもらないけど、洗面所の換気扇は頼りないので空気が滞りがちです。
共用廊下に面した窓では盛大に開けっ放しにはできないかもしれませんが、大きな湯気の抜け道があるのは嬉しい。
夏は蒸し暑い洗面所でサーキュレーターをせっせと回しているワタシには羨ましい仕様です。

サーキュレーター
参考:マンションでの夏の快適な過ごし方

収納を見てみましょう。

廊下・キッチン・洗面所にばっちり収納が確保されているのは嬉しいですね。
ウォークインクローゼットも2カ所あって頼もしい…と言いたいところですが、この奥行きは多分使いづらいです。
参考:【実証!】クローゼットの奥行き、何センチが最適?

しかもクローゼットの間口の半分を引き戸で塞いでしまっているので、塞がれた方には奥行きのある衣装ケースを置けなくなるというオマケ付き。

これなら、2つのウォークインクローゼットを合体させてマスターベッドルーム側からのみ出入りできるようにした方がいい気がします。
んで、ベッドルーム2の面積を犠牲にしてウォークインクローゼットの面積を広くすれば完璧。
中に悠々と入れて、ハンガーパイプをL字かコの字に配置したクローゼットならかなり使い勝手が上がるのではないでしょうか。

でっかいウォークインクローゼットかあ。憧れるなあ。
と自分の妄想にうっとりしてみました。

スマイスターMagaZineにてコラム連載中!

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です