猫と暮らすための準備らしきものをしてみた。

犬派か猫派かと言われれば犬派ですが、猫も好きです。

猫

ワタシは猫が好きなのですが、猫にはあまり好かれません。
なぜなら犬と同じテンションで接してしまうから。大抵の犬には好かれるのに、猫にはウザいらしいです。

とはいえおひとりさまのマンション暮らしで犬を飼うのは現実的ではなく、毛玉と暮らすなら猫だよなあ…という漠然とした野望を数年前から抱いています。

ところが。

マンションを買い替えることになり、引越が無事に完了するまでは猫との同居は見送りました。
参考:マンション、買い替えちゃう!?

無事に引っ越せたところでピカピカの壁やソファを傷つけられるのが忍びなくて、しばらくは猫との同居はあるまいよ…と、設計変更時にはあまり猫のことは考えていなかったんですね。

しかし、先日愛嬌良しの仔猫に出会い、「えーっ、猫との暮らしを始めるのは、ひょっとして今なの!?」と今の部屋での猫との同居について初めて真剣に考えました。

ワタシの部屋は恐ろしく片づいているので、猫を急に放り込まれてもあまり困ることはない方だと思います。

ダイニング

それでも準備するとなると、いろいろ考えなきゃいけないことがある。
電気コードは齧りたい放題になっているし、背の低い家具ばかりにしてしまったせいでキャットタワー的なモノがないし。
猫部屋にできるような余分な部屋がないからリビングにトイレを置かざるをえないけど、そうすると臭い対策は徹底的にやらないと困るし。
じゃあリビング以外にトイレを設置しようとすると、今度は脱走防止対策が必要だし。
大量の猫砂やフードはどこに保管すればいいんだ? キャリーバッグは? オモチャの収納はどうする?

と、考えなきゃいけないことがどばっと出てきて「うーむ、これでは今すぐ猫が来ても困る!」と思ってしまいました。
部屋の環境以外の課題もあったので、今回の愛嬌良しの仔猫の受け入れは見送りに。
しかし、今後いつ突然猫が転がり込んできてもいいようにコツコツ準備だけは進めようと思います。

それにしても、どうせなら設計変更のときに猫と暮らすのを前提に収納を作ればよかったです。
そしたらトイレの場所とか猫用品置場とか確保できたのに。

ケージ
来客やベランダ掃除の際に猫を別室に追いやっておくという作戦が取れないので、ウチにはケージが必要だと思います。
災害時や入院時にケージ暮らしができないというのも困るしね。

トイレ置場兼寝床というカンジでこれはどうかしら。

と思ったのですが、ヤンチャ盛りのときはワタシが留守中は危険ないたずらや誤飲をしないようにケージに入れておいた方がいいのかしらという気もします。
そして猫カフェで仔猫を見ると3カ月でも平気で3段を昇り降りしているので、キャットタワー兼用として3段ケージを用意した方がいいのかしら…。

トイレ
ホントは、猫トイレのすぐ傍で食事をするというのもいかがなものかと思うので(ワタシ的にも猫的にも)、猫用トイレも人間のトイレに置きたいです。
トイレなら換気扇もエコカラットもあるし。

しかし、システムトイレを置こうとすると、我が家の狭小トイレでは結構キツい。

仔猫用じゃダメかなー。ダメだよねー。

オモチャやグルーミング用品
オモチャは猫が勝手に遊べるように出しっ放しにしておかなきゃいけない。
爪切りやブラシもサッと取り出せるようにしておきたい。
うーん、どうやって部屋に取り入れるか。

グルーミング用品なんかは収納しちゃえばいいけど、オモチャはハナコ(ウチのルンバ)もオモチャにしそう。
参考:【ルンバ875】別れと出会い… 新しいルンバがやってきた!

そうなると、猫とハナコの喧嘩が始まるんだろうか。
猫・ハナコ・オモチャの関係性が明確になるまで、ワタシの在宅時にしかハナコを稼働させられないような気がします。平日にそんな時間あるのやら。

キャリーバッグ
病院に行くときにビビらないように、日頃からベッド代わりに出入りさせたい。
そうなると部屋に置きっ放しでもOKなデザインのものがいい。

フード
可愛いフードボウルを使ってくれなかったらどうしよう。

食べ過ぎて太ったらどうしよう。でも、食べなさ過ぎてもどうしよう。

心配が尽きません。

キャットタワー

こんなオシャレ感漂うのじゃなくて、天井までがっつりあるヤツの方がいいのかな。

大きい本棚を捨てていなければキャットタワー代わりになったのに~。

脱臭機

ま、これは猫が居なくても焼肉や焼き魚のときに便利よね。

猫を飼ったことがないだけに、どこまで部屋を猫仕様にすればいいのかわかりません。
ベテランの猫飼いの方、アドバイスをお願いします。

スマイスターMagaZineにてコラム連載中!

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。

「猫と暮らすための準備らしきものをしてみた。」への10件のフィードバック

  1. 猫!猫はいいですよ!猫の下僕歴9年の私、思いっきり食いついています。
    ただ、りんむさんの常に片付いたきれいな部屋を想像すると、いくつか忠告がございます。
    ①壁紙をバリバリやられる覚悟が必要です。
    ②猫は時たまゲロします。ルンバが猫のゲロを床になすりつけまくったという悲劇も報告されております。
    ③キッチンカウンターもダイニングテーブルも猫様の通り道になります。

    何よりも、いつか猫とお別れをしなくてはなりません。
    それでも、猫と暮らすのは至福でございます。
    布団に入ってきてゴロゴロ甘えてきたり…。
    猫はお風呂に入れなくても臭くならないし、手がかかりません。
    実際に飼うことになったら、コードのカバーとか爪とぎとか、便利グッズなどご紹介いたします。

    1. いちひめサマ
      ご忠告ありがとうございます!
      ①これはまだ新築なので、やはり心配です(^_^;)
      ②ワタシの留守中だとすぐに片付けられないのがね、やはり心配です…。
      ③友人宅の猫ちゃんが洗ってる野菜を狩るとかで、食事の準備が今より大変なんだろうなーと戦々恐々としてます。

      でもゴロゴロ甘えられたい! という気持ちが強くて…。そのうち相性のいい子に出会えないかなーと期待してます。
      もし出会えたらまた相談しますね!

  2. はじめまして。少し前から拝見しております。
    名古屋近郊在住、40半ば過ぎの女性です。
    半年前にひょんなことから野良猫を飼うことになりました。
    当時、推定1歳のオス猫です。(飼い始めて一ヵ月後に去勢済み)
    猫を飼うのが長年の夢だったこともあり、飼う事になった翌日にホームセンターに走りケージを購入。
    大きめの二段を選びました。リビングに設置しています。
    今でも外出、就寝時はケージにINしてもらっています。
    (クセ付けているせいか、嫌がることはほとんど無いです)
    キャットタワーも張り切って買いましたが、さほど興味を示さず・・・
    猫も人と同じでそれぞれなんだなーと思いました。
    トイレはにゃんとも清潔トイレの子猫用をケージに入れて使用しています。(失敗は今のところ無しです)
    小まめに爪をカットしているせいか、壁への爪とぎは全く無し。
    そんな感じでの猫との同居です。
    やんちゃで手を焼くこともありますが、かつて飼っていた犬とも違う猫の魅力に癒されています。
    犬より手がかからないので、お仕事されている方には良き相棒になってくれると思いますよ~

    1. yumiサマ
      コメントありがとうございます!

      にゃんちゃん飼育状況を教えていただいて、ありがとうございます。
      おとなしくお留守番&壁爪とぎナシとは、しっかり可愛がられて落ち着いた猫ちゃんなんでしょうね。
      羨ましい…。
      いつか飼える日まで脳内シミュレーションを怠りなく繰り返しますので、またいろいろ教えてくださいませ。

  3. 猫を飼ったら旅行へはもう行けなくなりますよ。
    今の子を飼い始めてからもうずっと、旅行はもちろん、親族の法事結婚式も私ひとり欠席、実家へ一度も帰れていません。
    犬ならまだ可能ですね。ペットホテルにも預けられるし場合によってはいっしょに連れていくこともできる。が、猫はまず不可。
    「猫は犬より手がかからない」なんていってる人がまだいるのかと落胆します。
    もちろん個体差がありますから問題行動がなければ必然「飼いやすい」になるんでしょうけど。
    過去犬も猫も飼育経験がありますがみんなそれぞれなので決まりはないのです。その子によって性格も行動もまったく違います。何かあればその度に調べて調べて悩んで悩んで、なのです。
    まずはご自分の人生スタイルに本当にあっているのかじっくり考えてみてください。
    生き物は「ワタシにはなんか合わないみたいだしー」とか「不良品は返品しよう」は絶対にできませんからね。

    1. yukiサマ
      コメントありがとうございます。

      本当に仰る通りだと思います。
      ペットのために住まいを整えたり病院代を出すのは簡単だけど、命を預かるということがなかなか難しく、何年も躊躇しています。

      犬猫ですらこれですから、とても人間に責任は持てない! と何十年も独り身です…。

  4. はじめまして!りんむじんつさんが1つ目のマンションを購入した時から読んでます(勝手に長ーいお友達の気分です(笑))。そのくせ初コメントですが。
    私は今猫2匹と暮らしています。猫、いいですよー!私は、”No cat ! No life !”を強く訴えたいです!
    ゲージとかは使っていません。なくても平気です。留守の間も部屋でのびのびしてますよ。ただ、異物誤飲が怖いので、留守中はおもちゃとかも完全に片づけていきます。(猫はのんびり留守を楽しめるから、留守中はおもちゃなしでもOKです)
    意外と爪とぎの被害はないです。爪をちゃんと切っているからかな?
    やっぱり長期旅行はいろいろ問題です。一泊二日や、まあ、最大2泊3日までは平気です。それ以上となると、うちは母や親しい人に家に来てもらってトイレとゴハンのお世話をしてもらっています。猫は環境が変わるのをいやがるから、ペットホテルはダメなんですよね・・・。あと、ペットシッターという、留守中のペットの世話をしてくれる業者もあります。まあ、家に入ってもらわなければならないんですけどね。

    ネコ、ほんといいですよ。ネコにまみれて暮らしたい!
    私は今年40歳なんで、50までにあと1匹追加で飼いたいです。ネコは20年近く生きてくれることがありますから、50までが新しい出会いの限界かな。私の人生であと1匹しか関われないのか、と思うとさみしくなるぐらいです。
    ちょーおすすめ!りんむじんつさんのブログがネコブログになりますように(笑)

    1. cocoサマ
      昔からありがとうございます!!
      ブログを引っ越しても読んでくださる方がいらっしゃると、すごーくヤル気になります!

      ネコちゃん情報もありがとうございます。
      お行儀良しのにゃんこちゃん、cocoさんが可愛がってるからこそでしょうね。
      ワタシもネコが安心して暮らせるように世話したいです。

      ネコの寿命を考えると、40歳ってそろそろ最後のチャンス?! って考えちゃいますよね。
      60歳になってから飼う気になれないだろうしなあ。
      そろそろ運命の子に出会いたいです。

  5. 徹夜仕事の合間にたどり着きました。
    猫を飼って8年になります。癒されますよ。一人暮らしで最初は躊躇しましたが、たくさん幸せをもらいました。
    すてきなインテリアに傷がつかないよう、一つだけ忠告があります。
    猫は基本、爪研ぎしなければ生きていけません。最初与えた素材を「爪が研げるもの」と認識したら、一生それで研ぎ続けます。私は麻布にしたのですが、失敗でした。布製のソファがボロボロになりました。
    ゴミが出ても、ダンボール製にしとけばよかったと後悔しています。最初のでは飽き足らず、今はアルフレックスが狙われてます。
    飼われる際はご注意下さい。これからもブログ、楽しみにしています。

    1. たるサマ
      徹夜仕事、お疲れ様でございます。

      爪磨ぎ情報ありがとうございました!
      麻ヒモのが見映えがいいかな〜と思いましたが、布全般を爪磨ぎと認識されるとかないませんね…。
      アルフレックス、がんばってガードしてください!

      猫生活がいつになるかわかりませんが、いずれにせよブログは書いてると思いますので今後ともよろしくお願いしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です