洗濯機を底上げしてみた。

洗濯機の乾燥フィルターが破れました。

…ええ、確かに埃を取るときに、親の仇かのようにゴシゴシ擦ってましたよ。
逆にそれで何年間ももったってことの方がスゴいのかも。

というわけで、メーカーから新しいフィルターを取り寄せました。

洗濯機乾燥フィルター
新しいフィルターはやっぱりキレイだわー。

我が家の洗濯機は今は亡きでもないけどほぼ亡いも同然のシャープ製です。

えーっ、フィルター取り寄せとか対応してもらえるわけー!? と一瞬焦りましたが、何のことはない数日で無事に届きました。
しかもずいぶんな過剰包装で。そんなにデリケートなモノでもないだろうに、なぜこんなにプチプチを使うんだろう、こういうところをケチれば身売りせずに済んだかもしれないのに、と余計なことを考えてしまいました。

乾燥フィルターの取り付け位置はここ。

洗濯機乾燥フィルター

天板にあるので、上にがっつりとモノが置けない仕様になっています。
ま、そもそも洗濯機の上にがっつりモノを置いちゃいけないんでしょうけど。脱水でガタガタするし、乾燥でかなり熱持つしね。

…そして、その熱のせいで、ウチの洗濯機の天板がちょいと歪んでいることに気づきました。

そりゃ1日に1回乾燥機かけているけどさ。
ヘタしたら1日に2回、いや3回もかけているけどさ。
内部の部品は大丈夫なんでしょうね~!
と、戦々恐々としています。

 

さて、ついでというほどのことでもないのですが、洗濯機にちょいと細工をしました。

防水パンと洗濯機との間に台をかませました。

洗濯機下

底上げしなくても排水ホースの取り付けとか別に支障はなかったんだけど、掃除ができるほどの隙間がなかったのがストレスだったのです。

旧居のときは諦めてそのままにしていたんだけど、新居では「ワタシがこんなに一生懸命掃除しているのに、洗濯機の下には日々埃が累々と溜まってるんだわ…!」と想像するとイヤんなってしまいまして。
それで台を設置してみました。

洗濯機の下に腕を突っ込めるって素晴らしいです。
モップや掃除機のノズルを突っ込み放題、埃取り放題!

水周りの埃や汚れは気になりますもんね。
ストレスが解消されてスッキリです。

それに、洗濯機から洗濯物を取り出すのがラクになりました。
今まで腰をぐっと屈めて取っていたのが、ちょっと背中を丸めるだけでOKに。
たまの掃除よりも日々の腰屈み解消の方が感激度は高いかもしれません。

その代わりと言っては何ですが、ただでさえデカい洗濯機がますますデカくなって圧迫感がハンパないです。
キッチンの天板の高さと同じでじきに慣れるものではありましょうが。
参考:【キッチン】劇的に作業を快適にする要素とは!?

あ、あと、脱水で洗濯機が激しくダンシンするときに、台も「カンカンカンカン!」と金属音を立てるのが耳障りかも。
最初は「これ、設置し直してもらった方がいいんでは!?」とビックリしましたが、毎回のことでもないので今は諦めてしまいました。

今回の引越で冷蔵庫とエアコンは買い替えましたが、洗濯機は旧居で使っていたモノを運び込んでいます。

指折り数えてみると、もう5年ほど使っている。
前代の洗濯乾燥機が8年でダメになったので、今の洗濯乾燥機もあと数年…てところでしょうか。

今回は乾燥フィルターだけで済んだけど、そのうちあちこちガタが来るんだろうな…。

数年後の買い替えのとき、できれば国内メーカーのモノを買いたいんだけど、どうなっていることやら。心配です。

スマイスターMagaZineにてコラム連載中!

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です