【資産形成】若い人には「時間を味方につけた投資をしなさい」と言いたい!

郵便局から封書が届きました。

Letter

何やねん、と思ったら定期預金の満期のお知らせでした。

20代前半の頃、郵便局の定期預金や定額預金にせっせとお金を入れていて、30代半ばにはそれらが続々と満期になりました。んで、1軒目のマンションのローン完済資金に化けていったわけですね。
参考:【必読!】住宅ローンを短期間で完済するためには

前の部屋を買った頃からお金の貯め方を変えていたので、郵便局の定期預金なんてもう残ってないと思っていました。
そういえば10年くらい前、夏のボーナスを旅行資金と住宅ローンの繰上返済に充てて、残ったお金を何となく郵便局に突っ込んだっけなあ…と淡~い記憶があったりなかったり。
大した金額ではなかったけれど、すっかり忘れていたお金が入ってくるのは何となく得した気分になれますね。

 

さて、40歳を過ぎた今、20代のワタシにお金についてアドバイスしたいことがいろいろあります。

最も強くアドバイスしたいのは、お金を「貯める」「使う」のも大事だけど「殖やす」のも大事、ということ。

お金を使ってお金を殖やすという感覚は、代々のお金持ちかそうじゃないかでだいぶ違うような気がします。

ワタシの祖母はきょうだいひとりひとりに乳母がついて家の敷地には蔵があるという、間違っても貧乏人とは呼べない生まれでした。戦後のあれこれやいろんな事情で没落しましたが。
それでもそれなりに資産はあったらしく、それを元手に株で殖やすのが趣味だったらしいです。昔は電電公社株でひと儲けとか、定期預金に10年入れとけば倍になるとか、夢のある時代でしたからねー…。
そんな祖母の薫陶を受けたせいか、母も株は趣味のひとつになっています。

対してワタシ世代はどうかというと、幼い頃にバブルが弾け、預金金利はみるみるゼロに近くなり、就職は氷河期ド真ん中という寒々しい時代。
銀行にお金を入れておくのは殖やすためではなく、単に管理のため。
元手もないことだし、ちまちま働いて小金を稼ぐしかない、という感覚です。

もっとも、祖母の時代と違って男性と同じように働いて稼ぐのは可能なわけですから、「親から貰える資産がなくても、働けば別に生きていけるもんねー」という自由度はあります。
なので余計に「お金が欲しければとりあえず働けばいいじゃん!」という感覚が強まったカンジがします(んで婚期を逃した)。

というワタシの元に、前のマンションの売却金というある程度まとまった資金が転がり込んできたからさあ大変。
参考:【決定版!】マンション売却の流れ

今のマンションのローンの完済に充てようか、それとも手元に置いといた方がいいのか、それを決めるにも1年かかってしまいました(何も考えずに放置していたとも言う)。
参考:[FPに訊く!]住宅ローン完済のベストなタイミングと老後資金の作り方

んで素人なりに考えて「ローン完済は先でいいや。手元にある資金をちょっとでも殖やすように活用しよう」という方向性を打ち出したはいいものの、今度はどうやって殖やしたらいいのかわからない。
何しろ「お金が殖える」という感覚がないからね!

 

そんなワタシも20代の頃、一時期マメに株の売買をしていたことがあります。

上述の通り母は株が趣味みたいな人なので、ワタシが働き出すと「株やった方がいいよ!」と熱心に勧めて勝手に証券会社にワタシの口座を開いてきました。
当時はようやくネットでの売買が簡単にできるようになり、それでワタシも試してみる気になったのです。

しかし、ワタシにはデイトレーダーの真似事はムリでした…。

まず、ネットでの株取引が簡単になったといっても、今みたいにスマホでどこでもポチポチできるわけではありません。
仕事が終わってからチャートを眺め、指値で翌日売り買いするというワンテンポ遅れた対応しかできませんでした。当然チャンスを逃すときもあります。

そして、そもそも資金が少ないので大らかな気持ちで相場を見守れないのもよくなかった。
まだ働き出して数年、貯金額は当然少ないです。なくなっても「勉強代だった」と割り切れる金額なんて高が知れているし、その金額もやっぱり減るとツラい。
今思うと当時の相場は悪くなかったのに、毎日チャートを眺めては一喜一憂して疲れました。

こりゃ個別銘柄をちまちま見るのにワタシには向いてないわ。
と気づき、しばらく売り買いして遊んだ後は、投資信託の長期保有に切り替えました。
毎日マメに市場をチェックすることは止め、ときどき送られてくる証券会社のレポートを見てマイナスになっていなければよし、程度の投資です。
銀行の普通口座に入れておくよりマシならそれでいっかーと思って放置していました。

で、その放置の真っ最中に悪夢のリーマンショックです。

それまでちょこっとずつ上がっていた評価額は、どの商品も右肩下がり。
レポートを見る度に「また○万円消えた…」とガックリしていました。

しかし忍の一字で放置していたら、それなりに回復するものですね。
今のマンションを買うときに投資信託を全部売り払ったところ、結局そこそこ利益は出ていました。
ワタシみたいに細かい上がり下がりにビクビクする人間は、どーんと構えて長期間放っておくのがベストだな。とそのとき実感したのです。

というわけで、前のマンションを売って出来た資金についても長期間かけて投資しようと考えています。

 

そこで若い頃のワタシに言いたい!
毎月少額でいいから積立投信をやっとけ!

というのも、既に売り払った投資信託はリーマンショックの前に買ったモノで、割高でした。
2008年、市場暴落の阿鼻叫喚の中あれこれ買い漁っておけば数年後にはウハウハだったのに…と思うと、投資をするタイミングって大事だなーと思います。

だからといって素人が市場の動きを正確に読むなんてできないし(できたらお気楽OLなんてやっていない)、リーマンショックみたいな大きな変動を歓迎するほど心臓は強くない。
となると、毎月コツコツ積み立てて「購入タイミングの悪さ」を軽減するのが正解な気がします。

そうなると、今からワタシが10年間積み立てるより、20歳のワタシが30年間積み立てる方がかなり有利です。
郵便局の定額預金に1万円入れる余裕があるなら、その内3,000円でも投資に回せばよかったのに。

もっとも、稼ぎも貯金も少なかった当時は、元本割れするリスクのある商品にお金を突っ込むのが怖かったんですね。
10万円貯まったらコートを、100万円貯まったら自動車を、なんて貯めるよりは使いたいお年頃ですし。
お金を使うことも投資である年齢のときに、あれこれ買ったり経験したりしたことに後悔はありません。マンションを2軒買うだけの胆力(?)がついたのは若い頃にお金を使ったからこそですしね。
それでもなお「ちょっとは殖やす方にも回そうぜ。失敗してもまだ時間はたっぷりあるんだから」と言いたいです。
参考:マンション、買い替えちゃう!?

 

現在のワタシの手元資金はいずれ住宅ローン返済に回す予定で、完全に余裕資金というわけではありません。
なのでそれなりのリスク・そこそこのリターンという無難な投資に回すつもり。
一方で、ローン返済に回すのは10年以上先の予定なので、一部はハイリスクハイリターン商品に挑戦しようかと企んでいます。

その一環として、十数年ぶりに国内株式の個別銘柄の売買を始めました。

いやー、昔の取引環境に比べたら快適ですねー!
スマホで昼休みにポチポチッと取引できるなんて超便利。自宅の遅い回線で夜中に売り買いしていたあの頃とは大違いです。

あの頃は大して楽しいと思わなかった株取引ですが、あのときにローソク足が読める程度のスキルを身につけておいてよかった、お母さんありがとう、と今さらながらに強引な母の勧めに感謝しています。
そして、あの頃よりも財務諸表が読めるようになっているのは大きい。何事も経験って大事ですね。
それでも、いまだに母に「なんかオススメの銘柄ない~?」と訊いているのですが。だってワタシより30年も経験豊富なんだもの。

 

20歳の頃のワタシより時間がないといっても、60歳までは20年近くあります。
還暦を迎えた頃「40歳のワタシに言いたい!」と思わないように、経験値と小銭を積み重ねていきたいものです。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

6 thoughts on “【資産形成】若い人には「時間を味方につけた投資をしなさい」と言いたい!”

  1. ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう

    お若いのに…ホントしっかりなさって感心します
    バブルは、青春真っ最中!扇子持ってましたよ〜〜!
    その後のBlack Monday、リーマンショック、暗黒の10年…全て経験済み
    無計画な消費世代…今更ながら後悔してます
    主人が証券会社 (ΦωΦ)フフフ…
    甘いも酸いもよく知ってますよ
    私も、細々ネット取引しました、ADSLのトロ臭いネットで…途中嫌になりましたよ
    今は、スマホでいつでも、できる時代ですもんね…凄いです

    これ程、低金利の世の中、預貯金は、タンス預金と同じで増やすのは、無理です
    余裕が有るなら、投信は、良いですよ、何たって面倒臭く無い、放置プレーで良いから、株は、相当好きか、面倒じゃないか…ですね
    でも…一瞬で利益が出る株取引は、面白い!
    枠を決めて、赤字が出ても良しと思える金額でするのは、オススメですが、(≧m≦)

    1. まだむサマ
      バブルで扇子! ワタシもやってみたかったです!笑

      ご主人が金融関係なら家計は安心してお任せできちゃいますね~。
      独り者は何でも自分で決められる気楽さはありますが、詳しくもない分野も自分で決めなきゃいけないので憂鬱です…。
      今は母がファンドマネージャー的に美味しい銘柄を教えてくれますけど、イチから全部自分で探すとか、相当好きじゃないと難しいですよね~。
      銀行普通口座ではありえないスピードでお金が殖えるから面白いけど、小心者なので大きく稼ぐことはできません…。少額でちびちびやりながら、我が家のファンドマネージャーが元気な内に腕を磨きたいです…。

      その点、投信は放ったらかしでいいからラクですよね。
      10年20年後に育っていることを期待しつつ、放置します。

  2. はじめまして。キキと申します。
    つい最近、おひとりさまマンションのローンを7割返し終わり、頑張れば繰り上げ返済できるかもというところまできて、大好きな街に新築マンションが建つことを知り、買い替えを検討しだして、いろいろ検索していた時にこちらのサイトに出会えました。興味深い記事がいっぱいで夢中で読ませていただいています!ブリ男くん、可愛いです…!わがやも猫と私の二人?暮らしです。
    いろいろな新築マンションの間取り紹介もとても楽しく読ませていただいています。

    1. キキさま
      はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      マンション買い替え、まだお若いのであれば問題なくできると思いますよ!
      ワタシは完済していたので「またローンか…」と悩みましたが、1軒目のマンションが売れてみたら「1軒目のマンションに払ったお金は2軒目のマンションのための貯蓄みたいなものだった」という感覚でした。
      もちろんいろいろ勘案すると買い替えがベストか分からないので、後悔のないよういっぱい悩んでくださいね。

      猫可愛いですね!
      ワタシは2軒目のマンションに出会ったのはブリ男と暮らすためだったのかと思っています笑

      今後ともよろしくお願いいたします。

  3. 私はここ一年くらいで投資信託の積立を始めました。ずっとほっといてるからどうなってるんだろう、、、

    私の場合はとにかく貯金が苦手で、簡単には降ろさない 財形・貯蓄型保険・個人年金 に続いて投資信託を始めた次第です。長い目で見て、このまま定年までダラダラ積立しようかなといった感じ。

    ちなみにりんむじんづさんはイデコはやってますか?私やろうと思いつつ、考えるのも手続きも面倒で逃げてしまってるんですよね。

    1. おかゆサマ
      同じく、手元にあるとつい使ってしまうので、財形や保険でどんどん天引してます。
      毎月口座に入れるのは新入社員時代と同じ額と決めて、生活もあまり変えずにいます。

      イデコはやってないですよ。
      企業型の確定拠出年金をやってるので、併用可能になるまで調べたこともないし、可能になってからも面倒くさくてやってません笑
      そして企業型も見直しもせず15年くらい放置…。
      掛金分税金が控除されるのは大きいので、節税くらいのおつもりで始めてみるのはいかがでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です