猫のトイレの洗い方

ブリ男と暮らし始めたのは春。

そのときから今まで、彼のトイレをベランダで洗うのはちょっとした水遊びのようで楽しいひとときでした。

猫のトイレ
↑ブリ男の向こうに干してあるトイレが写っています。

でも今からは水が冷たくてしんどいよね…という季節になります。
さて、ブリ男のトイレ洗浄をどうしたものか。

続きを読む 猫のトイレの洗い方

秋を堪能する猫

お彼岸の頃、タオルケットから羽毛布団に切り替えました。
カバーをかけてベッドに広げると、途端にブリ男が飛んでくる。


↑今はこの頃の3倍のサイズ。

喉をぐるぐる鳴らしながら、襟カバー代わりに留めたタオルを熱心にふみふみしていました。
どうもブリ男は「ふかふかのタオル」というのが好きらしく、ワタシの二の腕を踏む以外はくしゃくしゃに丸まったタオルケットをふみふみしていました。
羽毛布団に替えたらあちこちがふかふかなので嬉しいらしいです。

部屋の中、しかもブリ男のベッドでもある布団を衣替えするときは「ビックリしないかな」とドキドキするのですが、毎回あっさり受け入れる大らかな猫に助けられています。

続きを読む 秋を堪能する猫

猫のオーラルケア

猫を飼うに当たって心配したことのひとつが「爪切りと歯磨きをきちんとできるんだろうか」ということでした。

猫
↑行き倒れの猫。

爪切りは、慣れてしまうと楽勝でした。

最初は小さな小さな爪を切るのが難しく、またブリ男の身体も小さ過ぎて保定しづらかったので、ワクチンのときに動物病院で爪を切ってもらう有様でした。
猫を多頭飼いしている獣医さんに「自分もひとりじゃ切れませんよ」と言われて目の前が真っ暗になったものです。

しかし、ワタシがビクビクしていたらブリ男もビクビクしてしまうと反省し、お互いに慣れるために毎日爪のチェックをして伸びていたら切るように。
毎日やってるとさすがに慣れて、今では爪切り中に喉を鳴らしているときもあります。

 

問題は、歯磨きです。

続きを読む 猫のオーラルケア

ビューティーアドバイザーが苦手だ。

デパートの低層フロアに入っていることの多い化粧品売り場。

それ自体はとても好きなのですが、ビューティーアドバイザーから化粧品を買うのが苦手です。

Rouge

というのも、彼女達からタメになるアドバイスを聞いたことがないから。

続きを読む ビューティーアドバイザーが苦手だ。