【カメラ・レンズ沼】OLYMPUS M.ZUIKO 17mm F1.8と25mm F1.8を比較

2010年にオリンパスがPEN Lite E-PL1を発売して以来、PEN Liteを愛用し続けています。

ミラーレス一眼の登場は「コンパクトカメラじゃ物足りない、でもいきなり本格的な一眼レフカメラに手を出すのはちょっと」というライトな写真好きの心を鷲掴みにし、カメラ女子なるブームまで起きました。
ブームに乗っかってE-PL1を買ったワタシはそれを世界中に連れ回し、現在はE-PL5を使っています。

さて、レンズ交換が可能なカメラはそれが楽しいっちゃ楽しいのですが、ふと気づくとこんなことになってしまいます。

いずれもM.ZUIKO DIGITALのレンズ。
右から40-150mm F4.0-5.6、14-42mm F3.5-5.6、17mm F1.8、本体にくっついているのが25mm F1.8です。

なぜこんなことになっているのかというと、右から2本はダブルズームキットというヤツを買えばついてくるレンズなのです。

初代E-PL1には17mm F2.8、いわゆるパンケーキレンズだけをつけていたので、E-PL5をダブルズームキットで買って初めてズームできるレンズを使ったときには感動しました。

なぜ最初はパンケーキレンズだけ使っていたかというと、単に見た目の可愛さからだけです。

キュートなカメラボディに薄いレンズがついているという様子が良かったんですよ。
あと、当時のズームレンズは恐ろしく分厚く重く、旅行で持ち運ぶことはとてもできなかったからという理由もあります。

それが数年経つと望遠レンズもびっくりするほど軽くなったので、40-150mm F4.0-5.6と14-42mm F3.5-5.6の2本を運んであちこち旅をしました。

こっちが14-42mm F3.5-5.6、いわゆる標準ズームレンズで撮った写真。

サン・ピエトロ大聖堂

40-150mmは遠くのものを写すとわかりきっているときにしか装着しませんね。

サン・ピエトロ大聖堂

ご覧のように、日常的なスナップショットを撮るにはちょいと不便なものですから(このときはヒマだったのでレンズを付け替えて遊んでいた)。

ズームレンズの何が便利って、画角をひょいひょいと調整できることです。
単焦点レンズだと撮りたいように撮るには自分が近づいたり離れたりする必要があって、場合によってはそれが不可能なときもあり、E-PL1+17mm単焦点で旅をしていたときは「ズームレンズが欲しいなあ」とつくづく思っていました。

ところが、念願のズームレンズを入手してガツガツ撮影したところ、どうも思ったような写真が撮れません。
そりゃ17mm1本だけのときの写真の方が余計なものが写り込んでいたりという欠点もあるけれど、味のある写真も多い。
どうやら自分が被写体に近づいたり離れたりあれこれ試行錯誤することによって「これぞ」という1枚を撮っていたみたいです。

ブーゲンビリア

これはイカン!
ズームレンズに頼り切ってテキトーに何千回もシャッターを切ったところで、そこに魂がこもっていなかったらいい写真など撮れぬではないか!
というわけで、単焦点レンズを買い足すことにしました。

ワタシがサボってしまうからということ以外にも単焦点レンズを欲しい理由がありました。
それは、ダブルズームキットについてくる標準的なレンズだとF値が大きいので、もっと明るいレンズが欲しかったのです(F値が大きい=絞っている=光が少なくて暗い)。

明るいレンズの何がいいって、ボケが出ること。

花

風景写真みたいにボケたら困るときもあるけど、花とか人とか撮るときは背景がボケてくれた方が味が出ます。

オレンジ

何でもかんでもボケりゃいいってもんでもないけど、ボケが欲しいときにボケないのは不便。
なのでF3.5-5.6の標準レンズだと物足りないことも多かったのですね。

それと、暗いところで撮影しづらいという欠点もありました。

りんごパイ
参考:大正ロマンな建物にうっとり ~藤屋御本陣~

このりんごパイの写真なんかはF1.8のレンズだからこそ撮れたというもの。
ま、ここまで暗い店もそうそうないのでF3.5でもいいっちゃいいのですが、屋内撮影はF値が小さい方が便利です。
(では明るいレンズが正義かというとそうでもなく、ある程度絞ってある方が画質はいい。F値が小さくかつ画質もいいレンズとなると価格が高くなるので、ワタシはそこまでは追求してません。)

M.ZUIKOのF1.8のレンズには17mm25mm45mm75mmがあります。
屋内でも撮影するとなると17mmか25mmがいいかなーと迷って、E-PL1につけていたパンケーキレンズで17mmに慣れていたのでそっちを買ったのでした。

が、今回知り合いのカメラ小僧が25mmを譲ってもいいよーと言い出したので、買おうかどうしようか悩んでいます。

そんなに差があるかというと、大してないんですよね。

こっちが17mm。

ダッフィー

こっちが25mm。

ダッフィー

25mmの方が寄れるカンジはありますね。

こっちの方がわかりやすいかも。
17mm。

スリッパ

25mm。

スリッパ

25mmの方が撮影範囲が狭いです。その分被写体に寄ったカンジがする。

どっちが便利かというと、どっちも便利なんですよねー!
部屋全体を撮るときは17mmの方がいいし、モノや料理に寄るときは25mmが欲しいし。
ああ、でもいちいちレンズを交換するのが面倒くさい。ズームレンズってやっぱり神だわ! と錯乱しております。

単焦点レンズばっかり増やしてどうするよーとも思うし、10万円超えの高額レンズじゃあるまいし別にいいじゃんとも思うし。
中途半端なレンズ沼にずぶずぶと片足を突っ込んでいる今日この頃です……。

(実は標準レンズを薄いものに買い替えたいという野望もある。)

(E-PL8が出たからE-PL7が安くなっていいじゃーんとも思ったことは内緒。E-PL5の方が軽いから買い替える勇気がなかなか出ないけど。)

旅ログ ~ベルニーニに首ったけ! inローマ~

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です