旅ログ ~猛暑の伊勢神宮~

この酷暑の中、伊勢神宮に参拝してきました。

内宮鳥居

お伊勢さんはあまり計画的に行ったことがなく、前夜くらいに「そうだ、伊勢へ行こう!」と思い立って行くパターンが多いです。呼ばれるんでしょうな。

そして神様はなぜか気候的に厳しいときにお呼びになることが多く、以前はどっかりと雪が降った日に参りました(しかも外宮から内宮を歩いたという)。
その後私の状況は非常に厳しいものになったので、それを少しでも軽減すべく参っておきなさいという思し召しだったんだろうなあ。と思っておくことにします。今回は何が待っているのやら。

まずは外宮からお参りを。

と思ったのですが、あまりの暑さにやられて、まずは赤福へお参りしました。

外宮前の赤福

内宮近辺の店はいつも激混みのイメージだけど、外宮前の店はガラガラでした。お昼前というヘンな時間帯のせいもあるかもしれないけど。

くっそ暑い日は赤福氷に限ります。

赤福氷

ふー、人心地ついた。

身体を冷やしてカロリー補給をして、やっと外宮へ。

外宮鳥居

暑さのせいか空いています。外宮はこんなものでしたっけ。

外宮参道

式年遷宮でお引越しなさるための土地。

外宮

前回参拝したときは平成25年の式年遷宮前だったので「ホントにごっそり場所が変わってる…」ということに改めて度肝を抜かれました。
この手の建物は一世代に一回くらい建てておかないと技能が途絶えちゃうんでしょうね。マンションのコンクリートと違って長期間持つような素材と構造でもなし、これはこれで合理的なやり方なのかもしれません。

現在の外宮正宮。

外宮正殿

お参りしたときは、何かこう、こみ上げるものがありました。
やはり呼ばれていたようです。

今回は、外宮から内宮へはおとなしくバスで移動しました。

比較的空いている宇治橋。

宇治橋

架けられたばかりのときはそりゃもう良い色と香りだったのですが、結構くたびれています。
いかに毎日大勢が渡っているかを物語っている。

五十鈴川。

五十鈴川

チビッ子が入りたいとギャン泣きしていました。
そりゃこれだけキレイだと入りたいよね。

正宮までの道のりでは立派な森が見られます。

森

森

太古の森がいかに豊かなものだったかを想起させられます。

内宮正宮。

内宮正宮

ここでのお参りでもぐっと来るものがありました。

ところで、伊勢神宮にはおみくじがありません。
なぜかというと、お伊勢さんにお参りした時点で大吉だからだそうな。
そうか、この日すれ違った人は皆大吉だったんだな。

そして、お伊勢さんお伊勢さんと呼び習わしているけど、正式名称は「神宮」。
ザ☆シュラインてすごい名前だなー!

さて、無事にお参りが終わったら精進落としです。

牛丼と伊勢うどん

松阪牛の牛丼!
牛丼

伊勢うどん!
伊勢うどん

お腹がいっぱいなので、赤福本店は店舗を見るだけ。

赤福本店

そろそろ巣立ちの子燕達があちこち飛び回っていました。カワイイ。

燕

子燕が五十鈴川でエサを取っている様子は、五十鈴川カフェから眺めることができます。

五十鈴川カフェ

お腹いっぱいと言いつつ、甘いものは別腹。

ロールケーキ

アイスコーヒーとロールケーキ。美味しゅうございました。

七夕モードのおかげ横丁では、こんなモノを買いました。

風鈴

風鈴です。

南部鉄器のモダンなデザインで良い音色の風鈴を長年探していまして、今回無事に巡り合えました。
表面のデザインは線香花火。音色も好きな音で大満足。

軒下にぶら下げる細工をしていないので、ここに引っ掛けています。

風鈴

ときどきリーンと鳴る音が涼やかでよろし。
でも室内ではエアコンで涼んでいるんだけどね!

参考:餡子好きの餡子好きによる餡子好きのためのオススメお菓子まとめ

オンナおひとりさま極楽旅

スマイスターMagaZineにてコラム連載中!

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。

「旅ログ ~猛暑の伊勢神宮~」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です