旅ログ ~カイルア・ラニカイ・天使の海~

王道のワイキキ・ビーチは、もちろん素晴らしい。

ただ、人が多過ぎて落ち着かないのが難点。
賑やかな雰囲気を味わうにはいいんですけどね。

静かなビーチを手軽に堪能したいなら、オススメはカイルアとラニカイ。
ワイキキから市バスが出ていて、小一時間で行けます。

こんな風に人のいないキレイなビーチを独占できますよ!

というイメージだったのですが、日によるみたいです。
今回行ってみたらまあまあ人がいて、それなりに賑やかでした。

それでもワイキキよりは静かだし、日本の夏の海水浴場に比べたら天国そのもの。

こちらはラニカイ。

こっちはカイルア。

街からビーチは歩いて30分ほどかかるので、レンタサイクルを利用しました。

砂に車輪を取られて見事に転びました。
ビーチクルーザーのはずなのに。おかしい。

もう少し足を延ばせば天使の海が堪能できます。

珊瑚が砕けた真っ白の砂が遠浅の海に溜まっていて、潮が引くと白いサンドバーが浮き上がります。

あいにくワタシが行ったときはまだ潮が満ちていて、腰まで海に浸かってしまいました。
海の中に浮かんだ白い砂浜を駆ける、というのを夢見ていたのに。

でもそんなことどうでもよくなるくらい美しい!

遠くにはチャイニーズハットが見えます。

色の濃い部分は深い場所。

サンドバーの部分にはまったく魚がいなかったので「ここでシュノーケルをしても楽しいんか?」と疑問でしたが、浅い部分と深い部分の境目には珊瑚があって、そこには熱帯魚がうじゃうじゃいました。

昔ハナウマ湾に潜ったとき、魚の数は多いけどほとんどがグレーの地味な魚だったので若干がっかりしたものです。
今回はカラフルな熱帯魚を見られて大満足。

しかし、ワタシとしたことが水中カメラを持っていくのを忘れました!
大失態!!

セブで撮ってもらったような写真を撮るつもりだったのに!

八丈島で撮ってもらったような写真を撮るつもりだったのに!

ああ、このワタシがカメラを忘れるなんて一生の不覚!

ダイビングは機材の重さがしんどいけど、これだけ浅瀬で珊瑚と熱帯魚が楽しめるならシュノーケルで充分です。ラクチンラクチン。
問題はツアーで行くと自由度がまったくなくて(泳ぐルートまで決められている)、混雑するから見知らぬ人に蹴られながら泳ぐ羽目になることかな。

 

カイルアの街はホールフーズマーケットやブーツ&キモズなどもあるので、ブラブラするのも楽しいですよ。
でもキモズはいつも大行列していて入れない。

ラニカイジュースのアサイボウル。

冬のビーチだと身体が冷えるので、あまり食べる気になれません。

おまけ:
冬のノースショア。

本場のクアアイナ。

スマイスターMagaZineにてコラム連載中!

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。

「旅ログ ~カイルア・ラニカイ・天使の海~」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です