旅ログ ~ミステリアスな古都プラハ~

去年(2014年)の冬休みはプラハに行ってきました。

元々はイタリアに行こうとしていたのですが、冬のイタリアって魅力があんまりない。あそこは真夏の日差しを浴びながら地中海を眺めつつジェラートを舐めるのが至高だと思うの。

ではいっそ寒いところに行ってしまえということで、プラハにしました。
ヨーロッパの冬はやはり雰囲気があります。
クリスマスの旅行におすすめの国や都市 勝手にランキング

プラハのツリー

寒いところが嫌いなワタシがわざわざ寒いところに行くなんて。
N.Y.で懲りたワタシは、スキー場に行くんかっつーような防寒をして恐る恐るプラハの地に降り立ちました。
そのときは0℃辺りをウロウロしている気候で、マイナス14℃とかのレベルを覚悟していたら暖かいじゃんと感じるほどでした。でも寒いんだけど。

空港からプラハの中心地に近づくにつれて「なんて可愛い街なんだ!」と思います。

プラハの街

そう、プラハの街並みはとにかく可愛い!

プラハの街並み2
プラハの街並み3

砂糖菓子のような建物ばかり!

でも写真が少ないんです。なぜなら雪が降っていて、カメラをバッグに入れていたから。こんなときは防塵防滴機能付のOM-Dが欲しい。

特に公共性の高い建物は超豪華だったりします。さすが元共産圏。
訪れた中で最もゴージャスだったのは国民劇場。

プラハ国民劇場

中がぺかぺかで眩しいです。
このゴージャスな劇場で「くるみ割り人形」を観てきました。いかにもクリスマスっぽいでしょ?

さすがヨーロッパの劇場は、クロークがアホみたいにデカいです。地下にどーんとあるの。
みんな舞台を楽しむときは腕や肩丸出しのワンピを着ていて、帰るときにクロークに預けていたセーター・タイツ・レッグウォーマー・コート・帽子などなどを装着していました。そうか、オシャレするって大変なことなんだな…。

可愛い街をそぞろ歩いていると、アンティークショップに出会います。
家具やらアクセサリーやら食器やら、日本では出会えない可愛いモノがいっぱいある。
チェコの立地的に、いろんなテイストのモノが売られているんですよね。フランスっぽいのもドイツ風のもイタリア産のも見ました。スイスは地域ごとに特徴がパッキリ分かれていたから、いろんな地域の雰囲気を一気に楽しむにはプラハっていいかも。

アールヌーヴォーが好きな人は、街歩きのついでにミュシャ美術館も覗いてください。有名なポスターの下書きなんかもあって、ファンには堪らんです。
美術館に行く時間はないわーて人は、街歩きのついでにあちこちにあるアートを見て楽しんでね。

吊るされる男
怖い
カフカ

古都の風景に溶け込むアート…。なかなかシュールでした。

今回の宿泊はホテルパリ
【Booking.com】世界のホテル割引予約

アールヌーヴォー調のゴージャスなホテルです。

ホテルパリ玄関

立地が旧市街広場のすぐ近くで、観光に便利でした。
内装も可愛い。

ホテルパリのロビー
部屋のチョコレート

さて、旅行まであと1カ月という頃、ホテルからメールで大晦日のカウントダウンパーティーの案内が来ました。
どうせレストランはどこも閉まってるからな~ということでパーティーに出ることにしました。

当日会場に行くと、テーブルには仮装グッズが!
被るしかないでしょ!

帽子

5時間くらいかけてコース料理をひたすらダラダラと食べます。

パーティー料理1
フランベ
パーティー料理2
パーティー料理3

フルコースを食べて散々腹いっぱいになっているのに、深夜になるとローストビーフまで出ます。げふーなのにデザートで甘くなった口に肉とピクルスを押し込むと美味しいんだ…。

日付が変わる瞬間はクラッカーを鳴らしてお祝い。外からは、ヴルタヴァ川に上がる花火の音が聞こえました(寒いから見に行っていない)。

日本の正月もいいけどね。ヨーロッパも楽しいです。

いや、ハワイの正月も楽しいです。
旅ログ ~ハワイで食べた美味しいもの~

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

「旅ログ ~ミステリアスな古都プラハ~」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です