旅ログ ~プラハ城とカレル橋、そして市民会館~

旅に出たら、食べてばっかりいるわけではありませんよ。
ちゃんと観光もしてきました。

プラハ城は欠かせませんよね。

プラハ城

写真は川向うから見たプラハ城。
寒い中手を凍らせて望遠レンズに交換して撮ったので、せっかくだからアップしてみました。日の目を見てよかった。

小高い丘の上にあるので、城門まではタクシーで一気に移動。
帰りは下り坂をぷらぷら下りながら歩き、カレル橋を通って旧市街広場に抜けるというルートを取りました。

城門に乗りつけると、こんな賑わいに。

城門前

人は多いし雪の後だし歩くのに難儀しました。
この広場の傍にはスターバックスがあります。世界で一番眺望のいいスタバじゃなかろうか。オープンエアなので寒がりのワタシは「死んでも入らんわ!」と思いましたが、大盛況でしたよ。

さて、プラハ城は広いです。中に教会もあるし小さい街まである。
全部まんべんなく周っていたら日が暮れるし足が凍る。というわけで、超駆け足で観光してきました。

聖ヴィート大聖堂。
聖ヴィート大聖堂。
ここの見どころは、ミュシャのステンドグラス。ほかのとは別格の意匠。
ここの見どころは、ミュシャのステンドグラス。ほかのとは別格の意匠。
かなり広いので、ここだけでも時間がかかる。
かなり広いので、ここだけでも時間がかかる。
クレアトラベラーの表紙と同じアングルで。
クレアトラベラーの表紙と同じアングルで。

大聖堂の裏手

ヨーロッパって建物を見ているだけでホント飽きません。

歩き疲れたら途中のカフェで休憩します。とにかく寒いんでね…。温かいものとハイカロリーなものを口にしながらじゃないと行動できないんですよ…。登山か。

城内ももちろんクリスマスモード。
城内ももちろんクリスマスモード。

城の中に突然可愛い街が出現。

プラハ城の街

一軒一軒が雑貨屋や土産物屋になっています。オモチャみたいな建物で可愛い。

お店の入口のリース。オシャレだ。
お店の入口のリース。オシャレだ。

半日城を周っていたら、すっかり空が雪雲に覆われてしまいました。
マラー・ストラナ地区を通って橋に向かうことにします。

これまた可愛い建物群。
これまた可愛い建物群。
坂道には土産物屋が密集。清水坂的な?
坂道には土産物屋が密集。清水坂的な?

さて、カレル橋です。

カレル橋

ここはとにかくものすごい人出。年末のアメ横並みに人が居ます。スリも多いらしいのでご用心。

橋からの眺めは素晴らしい!

カレル橋から

だが寒い!
川を渡る風が冷たくて長居できませんでした。
しかし橋の欄干に立っている30人の聖人は全員撮影してきましたよ。

キリスト像

こういうとき、キリスト教の素養がないと不便です。見ても「誰だっけコレ」ってなっちゃう。
ひとりひとりの解説は、るるぶが詳しかったです。

早朝だと人が少ないので頑張ってみてくださいね~。←自分はヤル気なし。

寒いところの見物はええわって人は、市民会館の見学ツアーがオススメ。
ガイド付きでアールヌーヴォーな建物をじっくり周れます。ミュシャのデザインが随所にあって見応えあります。

ミュシャの天井画

見物ツアーは予約制なので、ネットや現地で確認してね。ワタシはネットで予約していたつもりがなぜかできていなくて、当日窓口で切符を買いました…。

市民会館の中のカフェもいい雰囲気。

カフェ内部

ヨーロッパは建物を見ているだけでもホンット楽しいです!

旅ログ ~北イタリアの小さな街;パドヴァ・マントヴァ・ヴェローナ~

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

「旅ログ ~プラハ城とカレル橋、そして市民会館~」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です