旅ログ ~カフェとチョコの街・トリノ~

数年前の冬に訪れたトリノについて記録しておきます。

トリノっていうとオリンピックのイメージしかありませんでしたが、よくよく聞いてみるとなんと美食の街だそうな。
美味しいもの好きな人なら訪れるべし! と言われて、居ても立ってもいられなくて行ってきました。

トリノのイータリーにて

写真はイータリーで食べたパスタ。
イータリーってトリノ生まれなんですね。てっきりローマだと思っていたよ。

確かにゴハンは美味しかったです。
しかも、盛り付けがこじゃれた店もあった。

スープ

前菜

リゾット

イタリアって「盛り付けどーん! マンマ・ミーア!」という雑というか大らかなイメージがあったので、日本で見るようなお上品な盛り付けを見たときにビックリしました。

イタリアも北の方まで行ってしまうと、↑こういうイメージとはだいぶかけ離れています。
南国! 地中海! いぇい! というカンジではなく、冬の厳しい寒さに粛々と耐えるという雰囲気。トリノなんてフランスやスイスのすぐ近くですから、ミラノやヴェネツィアなんかと比べてもきっちりした印象でした。

なんというか、イタリアをひとつの国とするのはやはり無理がある気がします。トリノはピエモンテとかサヴォワとかしか言いようがなくて、ローマと一緒ではないよな、というか。
名古屋と札幌が同じ文化っていうのは無理があるよな、ていうのと同じくらい、いやもっと違う文化圏だよなーという印象でした。

トリノ周辺の街はこちらをどうぞ。
旅ログ ~世界一のんびりな特急列車・氷河特急~
旅ログ ~水の都…霧の都? ヴェネツィア~
旅ログ ~北イタリアの小さな街;パドヴァ・マントヴァ・ヴェローナ~

ごはんも美味しいけど、トリノはなんといってもドルチェが有名。
特にイタリアのチョコレート文化は、サヴォイア家が使うようになったのが発端ということです。チョコ好きにはたまらん。
チョコ以外もアーモンド菓子やらコーヒーやらが発展して、トリノは老舗のカフェがたくさんあります。

そのひとつがバラッティ・エ・ミラノ。

バラッティ・エ・ミラノ

18世紀当時の内装の店舗でコーヒーやドルチェが楽しめます。

もうひとつは、カフェ・トリノ。

カフェ・トリノ

こちらのフィガロ・ヴォヤージュの表紙のお店です。

もちろん同じアングルでパチリ。

ちゃんと表紙の真似してカウンターでも撮りましたよ。犬は遭遇できず、残念。
ちゃんと表紙の真似してカウンターでも撮りましたよ。犬は遭遇できず、残念。

濃い目のカプチーノで朝からシアワセになりました。

カフェ・トリノのカプチーノ

さて、食べてばかりじゃなくて一応観光もしてきました。

ひとつはスペルガ聖堂。ケーブルカーに乗って山の上まで移動します。

スペルガ聖堂

天気がいいとトリノ市内が一望できて気持ちいいですよ。

山頂からトリノ市内

大聖堂はかなりの大きさ。そして美しさ。一見の価値ありです。

スペルガ大聖堂内部

スペルガ大聖堂

王宮群も見応えがありました。
サヴォイア家みたいに強大な権力があった国や都市は、宮殿をはじめ街全体がお金持ちの雰囲気が漂っていて、観光するにはすごく面白いです。

度肝を抜かれたのは、エジプト博物館。
なんでトリノでエジプト? と思ったら、どうやらサヴォイア家のコレクションらしいです。
エジプトコレクションはフランスと英国とエジプトで見たからお腹いっぱいだよーと思っていたら、なんとまあ素晴らしいモノばかりで仰天しました。

エジプト博物館

エジプト博物館2

死者の書

こんなにキレイな死者の書は初めて見たよ!!

エジプトの遺物を欧州列強が持って帰っちゃうのってどーよと思っていたんですが、ここまで保存状態がいいのを見ちゃうと「管理の甘いエジプトに置いておくよりよっぽどいいのかもなあ…」なんてことまで考えてしまいました。
そして、フランスや英国で見たコレクションより、愛を感じるんですよね。大きなものも小さなものも丁寧に保管や手入れをしていましたってのが伝わってくる。
さすがイタリアは古代ローマの遺跡がバンバン出てくるお土地柄ですし、ルネサンスの先鞭をつけた地域ですから、古いモノに対する敬意が他のヨーロッパとは違うように思いました。

というわけで、北イタリアでエジプトをしっかり堪能して、なんだか狐につままれたような気分になりました。
エジプトに行くのはちょっとハードル高いと感じている方は、まずトリノに行かれてはどうでしょうか。少なくとも、ごはんはエジプトより断然美味しいですよ!

イタリア以外のヨーロッパが嫌いというわけでは決してないです。
クリスマスの旅行におすすめの国や都市 勝手にランキング

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です