[猫の知能]ブリ男が日々進化し続けている…!

猫は犬より賢くない。

なんてことを聞きますが、同じ部屋でずっと暮らしているとなかなかの賢さを見せてくれます。

猫
ワイルドな顔をしているけど水道水を狙っているだけ。

ブリ男との遊びで、小さなオモチャを投げてやるというものがあります。

ちゅーちゃんを投げてやると、咥えてワタシのところへ運んでくる。

というのを仔猫のときはしょっちゅうやっていましたが、最近はあまり持ってきません。ちゅーちゃんの着地点で適当にひとりで遊んでいます。

多分、ワタシに渡すとちゅーちゃんを好きなように嬲れないと気づいたのでしょう。
おかげでワタシがちゅーちゃんを拾いに部屋のあちこちを移動する羽目になります。

この手の小さなオモチャは、ワタシの投げ方がヘタなのでブリ男はよく見失います。
「あれっ、ちゅーちゃんないじゃん!」ときょろきょろしているところに「ブリさん、ちゅーちゃんあそこにあるよ」と指差してやると、ブリ男はワタシの指をすんすん嗅ぐ。

猫の、尖っているものを嗅いでしまう習性って可愛いですね!
ブリ男と目が合ったときにとりあえず指を出すと、首を伸ばし、寄り目気味になって熱心にすんすんするのが面白いです。

んで、オモチャで遊んでいる最中もついこの習性が出てしまい、「あそこだよ」と指差してやってもその指を「んー」と嗅ぎ始めて、ちゅーちゃんは忘却の彼方に追いやられます。
ま、人間もある程度の発育を経ないとこういうのは理解しないしなあ。
とブリ男のアホ可愛い様子に目を細めていました。

ところが先日、いつもの通りにちゅーちゃんを投げて遊んでいる最中、ブリ男の背後にちゅーちゃんが落ちたので「ブリさん、あそこだよ」と指を差したところ、ブリ男が後ろを振り向きました。

えっ、ブリさん、指差しの意味がわかったの!?

いやいや、1回だけなら単なる偶然だよ…。と思ったのですが、その後も毎回ではないものの「ちゅーちゃんあそこだよ」と指差すとそっちを見ることがあります。
ひょっとしたら「デカい生き物の指差しは使える」と理解しているのかもしれない。
ブリ男は賢いねえ! と、飼い主バカ丸出しで目尻をでれでれと下げています。

 

もうひとつ、感心したことはですね。

ブリ男が嫌がる歯磨きや爪切りに関しては、ご褒美におやつをあげる、みたいな習慣がありません。

というのもおチビちゃんのときは食に関心がない子だったのでご褒美にならなかったというのと、日常的にやらなきゃいけないことなので嫌でも避けられないと覚えさせるために褒めるに留めていました。
おかげでブリ男は歯磨きも爪切りも嫌がるけど、終わるまでは一応我慢しています。

ところが、たまにやらなきゃいけなくなる目薬については「もうイヤぁ!!」という態度を取る。
そりゃ目の前に何か突きつけられたら恐怖だろうし、目にポチャッとするのも不愉快だし、不味い薬が鼻や喉に回るのは気持ち悪いだろうし、ブリ男の気持ちもわからなくもないです。
なので目薬をさした後は「ブリさん、頑張ったね~。はい、ご褒美」と言ってカリカリを一粒あげてみました。

目薬直後は脱兎のようにワタシから逃げていたブリ男さん、カリカリの入ったタッパーを振ると「…ゴハン?」とのそのそ近づいてきます。んでワタシの手から上手に食べる。
それを1日に3回繰り返しました。

すると、翌日には目薬後はワタシの足元でお行儀良く待つようになりました……。

3日もすると「ご褒美?」と訊くと目をキラーンと輝かせるように。
ここへ来て新しい単語を覚えるとは、猫の頭脳、侮れません。
参考:猫の知能

ご褒美があるとワタシにあっさり捕まるので、いつもの歯磨きや爪切りでもご褒美を導入しようかとぐらつきました。
でも毎日ご褒美をあげていたらありがたみがなくなるんだろうな。
と思って、目薬が不要になってからはまたしてもご褒美なし生活になっています。ブリ男はなんか釈然としないような顔しています。

食いしん坊さんなので、ひょっとしたらご褒美で釣ったらいろいろ覚えるんじゃないかしら。

と考えてみたのですが、覚えてほしいことはそんなにはないですね。
毎日外に連れ出す犬と違って、「ダメ」って言葉を分かってくれればさほど困ることもなく。その「ダメ」を素直に聞くかどうかはまた別問題ですが。

デカい生き物の膝の上でまったりしたらご褒美!
…とかやったら際限なく太りそうなのでできません……。

猫
俺って賢いんだぜ!的なドヤ顔

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

8 thoughts on “[猫の知能]ブリ男が日々進化し続けている…!”

  1. おはようございます。

    確かに一般的に猫は、犬よりお馬鹿と言いますよね、、感情の出し方は、下手?と思うけどね。
    ご飯貰う時、「ハウス」と言えばサークルの中に入ります、お腹が空けばサークルの中でぎゃーぎゃー鳴いてますが。
    完全に意味分かってると言うのか?反射なのか?生きて行く、すべと思ってるのか?
    お尻ふきのティッシュを見るとベットの下に潜って出てこないし(≧m≦)
    よく見てるし分かってると思うんですけどね〜

    1. まだむサマ
      感情の出し方は確かにヘタですね! もっと素直に甘えればもっともっと楽に生きられるだろうに、なぜそんなにツンデレなのか…と毎日思います。その素直じゃないところも可愛いですが。

      お腹が空いたらケージの中でぎゃーぎゃーはブリ男も同じです笑
      歯磨きシートや爪切りが入ったボックスを見て逃げるのも同じ。
      よくわかってますよね~。

  2. りんむじんづ様
    明けましておめでとうございます。今年もブリ男さんの日常にほんわかさせていただきます。

    指差しが通じないもどかしさってありますよね。それがまた可愛いんですが。
    ブリ男は賢いわ。

    うちの子は避妊手術も無事に終わり、新年を迎える頃には傷痕もほとんど目立たなくなりました。
    術後は穏やかな性格になると聞いていましたが、これがとんでもなくお転婆になりまして。

    夜の大運動会を閉会させようとおやつをあげたところ、運動後にはご褒美がもらえると勘違いさせてしまいました。
    猫って賢いです。

    最後の写真、見事なドヤ顔ですね笑

    1. ミヤモトさま
      今年もどうぞよろしくお願いいたします。

      避妊手術、無事終わったとのこと何よりです!
      夜の大運動会を開催できるくらいなら何の心配もないですね笑 よかったよかった。
      運動会にご褒美は…困ったものですが、元気なのが何より。賢い猫ちゃんですねえ。

      ブリ男のドヤ顔は毎日見ていても笑えます。
      動物病院の待合室で緊張していると看護師さんに「ふてぶてしい顔してますね~」と言われるほどの不敵面なのです。

      今年もお互いの猫ちゃんが元気にご機嫌に過ごせるといいですね!

  3. 知能の進化が見れて嬉しそうなりんむさんではありますが、指をすんすん嗅いでくれなくなったのは寂しくはないですか?

    猫は犬より賢くないなんて言われてるのを初めて知りました
    気質の違いはよく言いますよね
    犬は飼い主に従順で猫はそうでもない、とか
    本当は賢いんだけどその姿を見せてやるものですかとか思ってたりして

    1. ひまわりサマ
      ちゃんと指すんすんも唇すんすんもやってくれますよ~♪
      すんすんしたい顔をしたときに顔を寄せるとブリ男も首を伸ばして、ちゅーみたいなカンジになります。可愛いです。

      人間の言うことをわかってはいるけれど、聞いてやらない! という態度ではありますね。褒められるのは嬉しいけど犬ほど喜ばないというか。
      一応「ダメよ」とか「あとで」とか理解して「そっかー」と諦めるので、素直なときは素直なんですけどね。

  4. ブリ男くん、学習していますね!
    褒められたい、甘やかしてほしい、好きにさせてほしいのループなのかしら…

    猫のやることには、何らかの意思を感じます(笑)時として、アホだねぇと思うことも多いのですが。

    でもそこも可愛いんだから仕方ないですね⁉︎

    1. サビままサマ
      充分甘やかして好きにさせているつもりなんですがねえ笑
      拗ねても可愛いです。猫、強い笑

      冬休みも終わりなのを察してか、ベッタベタに甘えてきて可愛いです。
      強がっているけれど、普段のお留守番はやっぱりイヤみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です