[北欧食器]今更パラティッシにハマるとか(笑)

やれ、パラティッシのブラックが再販されただのパープルが入手困難だの、北欧ブームの最盛期には「ふーん」と横目で見ているだけだったのに。

それなのに、今さら食器棚をパラティッシまみれにしてしまいました。

パラティッシ
参考:ヘルシンキのイッタラから食器がわんさか届きましたよ!

北欧ブームの真っ盛りには「自宅で使う食器なんて白でいいよ。どうせ大した料理を乗せないんだし」と割り切っていました。

しかも、北欧食器の中でもパラティッシなんて難しそうな柄で敬遠していたのに。
人生とはよくわからんものですね。

パラティッシの第一印象は、決していいものではなかった

「自宅の皿は白でいい」と思うワタシも、食器が嫌いなわけではありません。
素敵な和食器を見てうっとりするし。

あらや
参考:旅ログ ~山代温泉 あらや滔々庵で蟹・カニ・かに!~

モダンなプレートにもキュンとくるし。

セッタンタ
参考:ミシュラン星おめでとう! ~Settanta セッタンタ~

休日のお茶用にヘレンドやジノリが欲しいわあ。なんて野望もまだ捨てていません。

では北欧食器を見て「いいなあ」と思うかというと、モノによるってカンジなんですよね。

20代の頃はオリゴが欲しかったけど、今は可愛過ぎると思っちゃうし。

タイカやトゥオキオはほっこりし過ぎているし。

エステリはマグやボウルの形が趣味じゃない。

まあ何というか、全体的に「可愛過ぎる」という印象なのです。

その中でパラティッシはワタシにとっては異彩を放っていて、可愛いというよりは「……何だ、この大胆な柄は。何を乗せりゃいいんだ」と困惑の対象だったんですね。
店頭で何度も実物を見ても「この柄、どうすりゃいいんだ」と思うし、誰かがブログやインスタにアップした使用シーンの画像を見ても「これは素敵なのか…?」とピンと来ないし。
それなのに「うわー、この柄は嫌い」とは思わない。

今思うと、恋の始まりのようですね。
好きとは思わない。でも心のフックに引っかかる。みたいな。

で、2019年初めに北欧ほっこり柄とはかけ離れたティーマを購入。

ティーマはティーマで「業務用みたいじゃん」と敬遠していたのですが、いざ使ってみると業務用レベルで頑丈・シンプルな食器は自宅用にはうってつけです。
色物の皿も楽しくて、アラビアのカラーズのイエローを買い足してしまいました。
参考:[Newアイテム]イッタラ・ティーマとアラビア・カラーズで北欧のテーブル完成?!

んで、このアラビアのカラーズ。元はアアタミで、パラティッシと同型です。
ティーマとカラーズはスタッキングできないけど(やってやれんことはないけど)、カラーズとパラティッシはスタッキングできる。合理的じゃん。
と、ここで初めて「パラティッシを買ってみたいかも…?」という気分になったのでした。

そんなときにヘルシンキに行けたものですから、そりゃ買うよね。
参考:【ヘルシンキ】本場でイッタラを爆買い! 当然郵送ですよ!

使ってみても「やっぱこりゃないわ」と思っても惜しくない価格で買えるんだし。初ヘルシンキ記念にね。
ってことで、「何あの柄」と思ってから10年、ようやくパラティッシがウチにやってきたのでした。

 

で、実際に使ってみるとこれがいいんですよ。

パラティッシの大胆な柄は食卓を華やかにする

ここまで柄柄しい皿を買うのは生まれて初めてです。
最初は何を乗せればいいのかよくわからず、マーブルパンで実験したりしました。

パラティッシ

パラティッシ

ブラックパラティッシは万能かと思いきや、この場合はカラーの方がスッキリする気がします。
白黒のモノトーンな食べ物に黄や青を添えると華が出るというか。食材も皿も柄柄しいモノトーンだとビミョーになるんですね。

かといって色味のない料理は何でもカラーがいいのかというとそうでもなく、ブラックでキリッと仕上げた方が雰囲気が出たりもするし。

こちらは北欧リスペクトっつーことでIKEAのサーモンマリネ。

パラティッシ

これは面白いね!
と、ティーマそっちのけでパラティッシばかり使っていました。

パラティッシのティーカップ・コーヒーカップ&ソーサーが優秀過ぎる

パラティッシのプレートやボウルも気に入ったのですが、カップ&ソーサーも気に入りました。

パラティッシ

コーヒーカップの容量は約180ミリリットル。
ネスプレッソのルンゴにちょうどいいサイズです。

ワタシはお茶をガブ飲みするのでデカいマグカップでコーヒーも飲んでいました。
ただ、平日の朝からガブ飲みする時間はないので、エスプレッソをくいっと引っかけるだけだったんですね。


ルンゴにちょうどいいカップって今は亡きノリタケくらいしかなくて、慌しい朝に使うにはちょっとね…というカンジだったのです。

スコーン
参考:ボルディエバターで素敵ブランチ

それがパラティッシのコーヒーカップならルンゴやマキアートにちょいどいいサイズで、しかも寸胴のフォルムが気負いもなく、平日の朝でも無理なく使えます。
そのくせパラティッシの独特の柄が華やかなので、気負いはないけど気分は上がります。
華やかなんだけどちょっと田舎風な柄とフォルムが、日常的に使うにはちょうどいい。

ルンゴやマキアートじゃなくてカフェラテやカプチーノが飲みたい。てなときには280ミリリットル入るティーカップのサイズがちょうどいい。
何でもかんでもデカいマグで飲みゃいいってもんでもないんだな、とこの歳にして反省しました。

しかも、パラティッシのソーサーはプレートと同じモノなんですよね。
コーヒーは14センチ、ティーは16.5センチのプレートと同型。ソーサーだけを取り皿だのお菓子皿だの単独で使っても全然OKです。
カップもマグ的な寸胴デザインなので、これまた単独で使っても違和感なし。口の広いティーカップならスープカップや小鉢にもなります。

あー…、ヘレンドのカップもいいけれど、一般家庭にはやっぱりこの合理性が重要よねえ。
と、ますます「パラティッシ、いいじゃん!」となったのでした。

というわけでパラティッシを大人買いですよ!

こうなると「パープルのティーカップも欲しいな」とか「カラーのコーヒーカップも欲しいね」なんて欲望が沸々と湧いてきます。
もう今年は食器を買わない、なんて言っていたのに(【iittala(イッタラ)】ティーマのプレートとウルティマツーレのハイボールが増えました!)セールで見つけたときにティーカップを買い足し。
ちまちま買い足すのもしゃらくさいので「どうせいつか買うつもりならもう買っちゃえ」と、アウトレットに行ったときに一気にあれこれ買ってしまいました。

ああ、どうしてヘルシンキで買わなかったんだろう。アウトレットで買うより安かったのに…。
ま、あのときは「お試しで」というつもりで買ったんだから仕方ないんだけど…。

できれば「カラーはうるさくてかなわんわー」とか「ブラックしかありえないよね」とか「パープルがこんなに使いやすいとは」なんて風に「この色こそ」という気持ちがワタシの中に生まれればよかったのですが。
地味な料理のときはカラーの黄色と青がなんとも華やか。
色味のあるものを乗せるときはブラックの控えめさがよろし。
落ち着きのあるパープルでシックに決めるのもまたよし。
と、どの色も使い勝手がよくて絞れませんでした。

というわけで、食器棚の中はこんなカンジになりました

食器棚

一見スッキリしているように見えますが、カップ類を追い出したからです。大きいカップ類は抽斗に収納することにしました。

食器棚

ははは、なんだこの数。ひとり暮らしには絶対こんなに要らないのに。
とはわかっていますが、使ってみたいんだから仕方がない。
来客時にカップ&ソーサーに困らないだなんて、ひとり暮らしを始めてから20年、初めてです。

 

いつか反動で「パラティッシにはもう飽きた!!」となりそうな気がしますが、「その内買い替えよう」と間に合わせで買った無印良品の食器を十数年使ったくらいですから、「パラティッシ飽きた!」の心境に至るにも少なくとも10年くらいかかりそうな気がします。
その間はパラティッシとティーマ中心で過ごそうかと思います。

それにしても、食器沼は危険ですね。
どれもすごく安い物でもないけど、流行やシーズンがある服を買うことを考えると「毎日シーズンレスで使える道具ならいっかー」と買えてしまう。
いっそ一客数万円とか十数万円とかの金ぴか洋食器の蒐集の方が、こうやって一気にバカ買いできない分可愛げがあるような気がしてきました。

……それはないか。

 

これまた北欧リスペクトで、IKEAのシナモンロールを。

パラティッシ

IKEAのシナモンロール、食べたのは初めてです。
もっちりというより、ぎっしりみっちりというカンジですね。小さいのに食べ応えがあって、朝食向き。今度冷凍シナモンロールを買ってこよーっと。

itta 【フィンランド】ヘルシンキで名物・シナモンロールを食べ比べ!

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

4 thoughts on “[北欧食器]今更パラティッシにハマるとか(笑)”

  1. (*^・ェ・)ノ コンチャ♪

    (ΦωΦ)フフフ…ドップリ…完全に沼にハマりましたね…今あっちに向かえば偉い事になるかもですね…恐ろしや…(≧m≦)

    パラティッシ見た目より使いやすい?
    サーモンのオレンジとの相性良いですね〜トマトソースもいい感じ!
    洋食系なら問題ない様ですね…メモメモ! 見てると欲しくなります…いや、欲しい!!!
    私もコーヒー、がぶ飲みなんです…パラティシならたっぷり飲めますね…ネスプレッソは、美味しいんですけどね…私には、足りないのですよ…(ー。ー)フゥ
    和食は、パラティシは、無理ですがティーマなら問題なしですよね?多分?

    1. まだむサマ
      沼ですよ、沼~。まだ水溜まりくらいだと思いたいのですが、ひとり暮らしにはありえないカップの量を見ると笑えません…。

      パラティッシは、店で見て「なんじゃこりゃ」となったのを思うとかなり使いやすかったです。
      しかも意外にもブラックよりもカラーやパープルの方が手に取る回数が多いという…。
      マリメッコもヘルシンキのホテルで使ってみて「意外にありかも」となったし、派手な柄はよく分かりませんね。

      ティーマは和食でも全然アリだと思いますが、味気無さは否めません(^_^;)
      もうちょっと表情のある和食器の方がいいなーと思いますが、それこそ和食器に凝りだすとずぶずぶの沼になるし、自分で作る家庭料理ならティーマでいっかーというカンジですかね。

      ネスプレッソ、ワタシも足らないのでダブルで淹れています笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です