猫とキス

ブリ男は抱っこ嫌いで膝に乗らないクールな猫ですが、ワタシのことは嫌いではない、と思います。

猫
デカい生き物の腕を枕にしてご機嫌

ワタシが動けば一緒にとことこ付いてくるし、ワタシが寝れば(冬は)ベタベタくっついて眠る。
ブリ男が眠いときに添い寝すると大きな瞳でワタシの顔をじーっと見つめ、ワタシの唇を前足の肉球でぎゅうぎゅうと触ってきます。
犬みたいにわかりやすい愛情表現をしないだけで、デカい生き物のことはちゃんと好きですよ、と感じる瞬間はあるのです。

そんなクールなブリさんに合わせてというわけでもないですが、数カ月前からブリ男にキスを教えています。

濃厚な接吻ではなく、軽く「ちゅっ」と音を立てるキス。
外国人と挨拶するとき、頬を合わせて「ちゅっ」とやるアレですね。
ベタベタ撫でるとブリ男が嫌がるので、ライトな愛情表現としてブリ男の耳元やおでこに「ちゅっ」とやるようになりました。

最初は「何その音」とビックリした顔してワタシを見上げたブリ男ですが、「ちゅっ」の後に「ブリさん好き好きの合図ですよ」と言い聞かせていたらその内慣れたようです。

「好き」という言葉の意味は何となく理解しているようで、仔猫の頃は「お母さんはブリさん好き好きですよ」と言うとそれだけで喉を鳴らしたものでした。
今は「無駄に喉を鳴らしたりはしないぜ」と決めているのか知らんけど、「好き好きですよ」と言うくらいではゴロゴロしないですけどね…。
ま、それでもブリ男が甘えたさんモードのときに「好き好きですよ~」と言い聞かせているので、ポジティブなワードという認識はあるようです。

そんなわけで、今は「ちゅっ」とやると、ブリ男は「デカい生き物がまた何かやっているねえ…」と当然のことのような顔をします。
ベタベタ撫でられるよりはマシみたいで、おとなしく受け入れています。

これは単に「ちゅっ」という音に慣れただけで、これが「好き」の合図とは気づいていないんだろうか。

とも考えていたのですが、先日夜中に目が覚めてブリ男に添い寝したとき、いつものようにブリ男がワタシをじーっと見つめてきたので「ちゅっ」と返してみました。
すると小さく喉をゴロゴロ鳴らし、ワタシの唇を触ってきたブリ男さん。
ちゃんと愛情表現だとわかってくれていたようで、嬉しくなりました。

 

キスといえば、猫の挨拶と言われている鼻と鼻を突き合わせる「鼻ちゅー」もキスっぽいですね。

ブリ男はワタシとだけでなく、ウチに来る人とも鼻ちゅーをしたがります。
鼻というか人の口の匂いを嗅ぎたがるというカンジ。唇にピンクの鼻をそっと寄せて、すんすんと控えめに嗅ぎます。んで、女性は「きゃーっ、ブリさん可愛い!」とメロメロになるという。

ワタシと鼻ちゅーをしたがるのは、ワタシの帰宅時です。
外から帰ると「コイツ何していたんだ」と気になるらしく、首をぐいーっと伸ばして熱心にすんすんします。
気のせいか、美味しいモノを食べてきた後は念入りにすんすんしているような。ゴメンね、お母さんだけ美味しいモノ食べて…。

帰宅時と同じようなノリで、風呂上りとか歯磨き後とか匂いがコロッと変わったときにも鼻ちゅーをしてきます。

そういう変化は全然ないとき、何でもないふとしたときにも鼻ちゅーをします。
そのタイミングがまるで恋人とのキスのようで、デカい生き物はときめいてしまう。

例えば、窓を開けて一緒に外を観察しているとき。

この投稿をInstagramで見る

寒ーい! #ブリティッシュショートヘア

りんむじんづ(@lingmujingzicom)がシェアした投稿 –

「ブリさん、お外楽しいね~」なんて声をかけると、ブリ男はワタシの方を振り向いて何か言いたげな顔をします。
「おっ、これはちゅーだな」と顔を寄せると、ブリ男も首を伸ばしてきて、鼻ちゅー。

例えば、ソファでだらだらしているとき。

この投稿をInstagramで見る

もちもち。 #ブリティッシュショートヘア

りんむじんづ(@lingmujingzicom)がシェアした投稿 –

ソファの背もたれの上で丸くなってうとうとするブリ男を見ると、ブリ男はワタシの視線に気づいて何か言いたげな顔をします。
そこで顔を寄せ合って、鼻ちゅー。

「さあ、今からちゅーしますよ!」と宣言するでもなく、お互い何となく顔を寄せ合ってちゅー。
デカい生き物のことが好きだからやってくれるんだよねーと超好意的に解釈しています。

単にワタシの口が臭いだけかもしれないけど。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

6 thoughts on “猫とキス”

  1. 相変わらずラブラブなおふたりに朝からドキドキしてしまいました(笑)

    うちの姫は膝には乗ってきますがブリさんのような甘え方はしてこないので羨ましいです。
    肉球で唇を触ってくるなんて、想像しただけで悶絶します…
    やっぱり男の子の方が甘えん坊なんですかねぇ。

    私も「ちゅっ」としてみようかしら。冷めた目で見られそうで怖いですけど。

    1. sakikoサマ
      うふふ、月曜の朝からのろけてみました。

      膝乗りも充分羨ましいですよ~。
      せめて同じソファで寛いでくれるといいのですが、ちょっと距離を保って背もたれに乗るのがせいぜいで…。
      肉球で唇を触るのも、調子に乗ってベタベタ撫でているとブリ男の手にぐぐっと力が入って「触んなババア」モードで押し返してくるから困ったものです笑

      「ちゅっ」は最初「はあ?」という顔をしてきましたよ!笑

  2. ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう

    朝からラブラブな話でお熱いですねー!

    膝乗りニャンコ…あり得ない!
    甘えて来ても、ご飯くれっ!ってスリスリ…
    鼻ちゅ…無いですねー( ; ; )
    帰って来て、クンクン匂い嗅ぎに寄って来ますが…
    「うっ!臭っ!加齢臭、辞めろやなぁ」
    という感じで去っていきます( ; ; )

    ブリ男君は、甘えたさんですよ〜!
    控えめながら?態度に出てるし…
    マジ、うちのニャンコは、孤高の猫だわ

    1. まだむサマ
      ブリ男もスリスリはゴハンおねだりのときしかやらないですね~。
      帰宅したら「嬉しい~!」ってスリスリしてほしいのですが、口をすんすん嗅いだ後はリビングの外の見回りに忙しいらしいです…。

      孤高の猫もカッコいいですが、一緒に暮らすならたまには甘えてほしいですよね(T T)
      膝乗り・抱っこは拒否する子なので淋しいときもあるけれど、寝るときにベタベタしてくれるのでまあいいか…と己を慰めています笑

  3. 肉球で唇タッチ! ホストかっってくらいトキメキますね~
    羨ましい。
    我が家には2ニャン(♀)がいますが、黒い方は帰宅時にお口の匂いを嗅ぎに来ますが
    茶トラは、ダッシュでリビング中央に行ってごろり。撫でろポーズです。
    ほんと、にゃんこによって全然違うなぁと思いました。

    私もキス教えよかな?(無理やりキスはしてるけど…)

    1. あんサマ
      ホスト!
      かなりツンデレなホストに貢いでいるワタシって…笑
      でも可愛いから仕方ないです~~。
      肉球で唇タッチ、可愛いですよ。たまに爪を出されてイテテとなりますが。

      ゴロリからの撫でろポーズも可愛いですね~。
      ブリ男は構ってほしいときにゴロリとするときもあるのですが、そこで撫でると噛みつかれます笑
      どう構うのが正解なのやら…。

      無理矢理キス、やりますやります!
      悪戯したときにぎゅーっと抱きしめてちゅーっとキスして、モフモフの刑に処してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です