人様から見たウチの猫

ワタシが猫と暮らすのは、ブリ男が初めてです。
なのでほかの猫のことはよく分からない。

猫

犬は、散歩してりゃ近所の犬飼いの人とすれ違って立ち話をし、よその犬の様子を知る機会があるんですけどね。同じ犬種でもウチの子はデカいなーとか。
完全室内飼いの猫ではそういう近所付き合いは発生せず、ワタシの猫の飼い方と知識がガラパゴス化する一方です。

先日、いつもお世話になっているシッターさんが「そういえばブリさんって、よその猫に比べると…」と話してくれました。

続きを読む 人様から見たウチの猫

猫のお世話メモ 〜飼い主の万一の場合に備えて〜

新型コロナの蔓延がまた酷いことになってきていますねー…。

ワタシの場合は在宅勤務ができてしまう環境なので、その気になれば「スーパーやコンビニのレジの人と一言二言会話するのみ」という生活が可能なため感染の可能性はかなり低いのですが、水疱瘡並みの感染力を持つというデルタ株の前にはそれもどこまで通用するかわからないので大人しく生活しています。

ま、子がいるわけでも誰かを扶養しているわけでもないお気楽なひとり者なので、感染したところでどうということはないのですが。
それでもブリ男のことが気になるので、できれば感染も入院もしたくはありません。

猫

去年の春、万一ワタシが入院したら…と考えて、シッターさんや実家の母にお世話や疎開を頼んだものでした。が、その後コロナ騒動も下火というか慣れが出てしまった。
そもそもコロナがなくてもワタシが事故とかで急に死んだときに備えて連絡網とか遺言書とかいろいろ準備しなくちゃなーと思いつつ、ずるずると4年以上過ごしています。いかんなあ。

ブリ男のお世話メモも、いつもお世話になっているシッターさんにしかわからない仕様のモノしか作成していなかったため、もうちょっと汎用的なメモも書きました。
それを念の為にブログにアップしておきます。リアル知人も数人はここを見ているので、万一のことがあったらブリさんをよろしくね、と甘えてみます。

続きを読む 猫のお世話メモ 〜飼い主の万一の場合に備えて〜

猫との仁義なき戦い 〜歯磨き抗争〜

暑さも大雨も関係なく、この夏もブリ男は絶好調。
毎朝きっちり3時45分〜4時に起こしてくれます。

猫
だってお腹空くからね!

夏至から2カ月近くも経つと、4時ってまだ暗いんですよ…。
たまには5時くらいまで寝かせてくれればいいのに。

早朝にデカい生き物を叩き起こし、朝ゴハンをたっぷりもらった後、ブリ男は警戒心丸出しになります。

続きを読む 猫との仁義なき戦い 〜歯磨き抗争〜

[猫との生活]久しぶりに家庭内事故…

ブリ男は、ワタシが洗面所で身支度を終えたらゴハンを貰えると思い込んでいます。

猫

いやまあ、確かに出勤前は化粧を終えたらゴハンだから間違ってはいないんだけど。
休日にも歯磨きを終えただけで「ゴハンだよね?」とキラキラした目で見られても、デカい生き物は困っちゃうよ。さっき食べたばかりでしょう。

先日も、休日に出掛けようと化粧をしていたらブリ男が洗面所にやってきて、床で丸まってワタシを待っていました。

続きを読む [猫との生活]久しぶりに家庭内事故…

猫の爪切り

ブリ男と暮らし始めるまで、猫の爪をちゃんと切ることができるか不安でした。

猫
黄昏れるブリさん

実際にブリ男が来てからも「こんな小さい爪、怖いよう!」と思いながらおっかなびっくり切ってました。

これではブリ男も怖がって可哀想だと反省し、毎日必ず爪切りと爪をちょんちょんと触れさせてお互いに慣れさせることに。
おかげで、一応爪切りをさせる猫に育ってくれました。

続きを読む 猫の爪切り

猫の腎臓病は怖くない世界が来る? 東大の治療薬研究に期待!

猫を飼っていると避けられないのが、腎臓病に対する心配です。

猫

猫は過酷な環境下では数年で死んでしまうような生き物だから、臓器もそんなに長持ちする作りになっていないらしい。現代みたいに室内飼いでぬくぬく過ごしても急に腎臓が頑丈になるはずもなく、歳を取ると多くの猫が腎臓病を発症するという事態になっています。

ブリ男は今のところ検査をしても腎臓関連の数値は悪くなく(肝臓がちょっと心配だけど)、毎日たくさんシーしてくれていますが、アイツ水飲まないんだよね…。
もしブリ男が日本語を理解できるなら、第一に「愛している」と伝え、第二に「もっと水を飲みなさい」と言いたいです。

ワタシのように猫の腎臓にヤキモキしている猫飼いに、一片の光が差し込みました。

続きを読む 猫の腎臓病は怖くない世界が来る? 東大の治療薬研究に期待!

喋る猫

ブリ男は寡黙な猫です。

猫
ゴハンの後で眠い

ワタシもブリ男の声を聞くのは、早朝ワタシを起こそうとして「うぁあん」とか鳴くときくらい。
それもやらずに「んっ」とか言って瞼に猫パンチだけという日も多いので、ブリ男の鳴き声はレアです。
ニャーとかミャーとか猫らしい声を出すのは掃除とかの都合でケージに閉じ込められたときくらいで、その「ケージから出せよ!」もトイレの砂をざっくざっく掻いてアピールします(砂をざくざくするとワタシが様子を見に来るから)。

さて、先日友人が仕事の合間にランチしにウチへ寄ってくれました。

続きを読む 喋る猫

【キャットフード】4歳の猫の食生活

ブリ男、もうすぐ4歳半。

猫
食後の歯磨きがイヤでケージから出てこない。

最近キャットフードをネタにしてないのは、ブリ男の食生活とウンチの状態がすっかり安定して変化がないからです。

続きを読む 【キャットフード】4歳の猫の食生活