《決定版!》これが旅慣れた人間の旅支度だ!

リクエストを頂戴しましたので、ワタシの旅行支度について書いてみます。

Suitcase

海外旅行を趣味として二十余年、しかも若い頃は出張ばかりで週の半分はホテル暮らしでしたので、パッキングは手慣れたもの。
国内ビジネスホテル泊とサハラ砂漠キャンプでは荷物が全然異なりますので、今回は秋のヨーロッパ周遊10日間を想定した旅支度を挙げていきます。

続きを読む 《決定版!》これが旅慣れた人間の旅支度だ!

フィンランド航空とヘルシンキ・ヴァンター空港は非常に合理的だった

久しぶりの海外、しかもヘルシンキ・ヴァンター空港で乗り降りするのは初めてということで、「えー、最近のフライトはこんなことになっているのねえ」「ほほー、免税手続きがラクになったのねえ」と新鮮なことがいくつかありました。

フィンエア
汚く見えるのは窓についた雨粒のせい

というわけで、備忘録的に今回のヘルシンキ行きで「へー」と感じたことをレポートします。

続きを読む フィンランド航空とヘルシンキ・ヴァンター空港は非常に合理的だった

【ヘルシンキ】ホテルF6で素敵インテリアとマリメッコを堪能!

今回のヘルシンキ滞在で宿泊したのは、ホテルF6(エフクーシ)

エスプラナーディ公園のすぐ近くという立地の良さもさることながら、オシャレな内装が決め手となりました。

居心地のいいロビー。

F6

そしてここから中庭に抜けると、開放的な空間が広がっています。

F6

続きを読む 【ヘルシンキ】ホテルF6で素敵インテリアとマリメッコを堪能!

【ヘルシンキ】本場でイッタラを爆買い! 当然郵送ですよ!

ヘルシンキに行けるとわかっていたらですね!
日本でイッタラやアラビアを買うなんて愚行はしなかったハズなんですよ!
ああ、半年前のワタシのバカ!
参考:[Newアイテム]イッタラ・ティーマとアラビア・カラーズで北欧のテーブル完成?!

というわけでイッタラ・アラビアへ行ってきました。
ヘルシンキまで行ってイッタラに行かないわけにはいかないじゃないですか。

イッタラ・アラビア

さほどお得感がなかったら購入には至らなかったと思うのですが(実際、マリメッコではそんなに買い物しなかった。空港の免税店でユーロの現金を使い切るためにちょっと買ったくらい)、とにかくめちゃくちゃお得だったので頭のネジが吹っ飛んであれこれ買い込みました。

続きを読む 【ヘルシンキ】本場でイッタラを爆買い! 当然郵送ですよ!

【ヘルシンキ】瀟洒なレストラン・カッペリで優雅なひとときを

ヘルシンキでの行動の拠点はエスプラナーディ公園。
ヘルシンキで一番の繁華街でありながら、緑も豊かで、居心地のいい公園です。

その一角にあるのがカッペリ。

カッペリ
雨が降り出す直前なので暗い

なんと創業は1840年。
シー・ホースがひよっこに見えるような、老舗中の老舗です。

レストランもあればバーもあり、ビュッフェが楽しめるカフェもあるという、ありがたい店でした。

続きを読む 【ヘルシンキ】瀟洒なレストラン・カッペリで優雅なひとときを

【ヘルシンキ】シー・ホースでフィンランドの郷土料理を味わう! そして、あの「かもめ食堂」へ

旅の楽しみのひとつ、いや、大半はその地域ならではの料理です。
が、しかしヘルシンキへ行く前は、食に関してはイマイチ盛り上がりませんでした。ひたすらサーモン、ニシン、ミートボールという印象で、あまり期待していなかったんですね。
でも行ってみたらそれなりに楽しんできましたよ!

フィンランドの郷土料理を食べたのは、シー・ホース。
1934年開店の老舗レストランです。

シー・ホース

一瞬バーかと思うような外観ですが、内装はシックです。

続きを読む 【ヘルシンキ】シー・ホースでフィンランドの郷土料理を味わう! そして、あの「かもめ食堂」へ

【ヘルシンキ】アアルト自邸で居心地のいいインテリアのヒントを探る!

アアルトのスタジオ見学に引き続き、自邸のガイドツアーにも参加してきました。
参考:【ヘルシンキ】アアルトのスタジオでは憧れの椅子に座り放題!

アアルト自邸

ホワイトとブラウンのモダンな外観です。これが1936年の建築物というから恐れ入る。
南側の庭は緑がいっぱいで、とても清々しい印象です。

アアルト自邸

外観も現代にそのまま通用しそうな雰囲気ですが、内装も今すぐ真似したいヒントがたくさんありました。

続きを読む 【ヘルシンキ】アアルト自邸で居心地のいいインテリアのヒントを探る!

【ヘルシンキ】アアルトのスタジオでは憧れの椅子に座り放題!

ヘルシンキに行くからにはどうしても行きたかったのが、アアルトの自邸とスタジオです。
自邸とスタジオを見学するにはガイドツアーに参加する必要があるので、これだけは日本で予約して臨みました。

まずはアアルトのスタジオから。

アアルト・スタジオ

入口はシンプルというか、素っ気ないですね。
庭に回ると印象がだいぶ異なります。

アアルト・スタジオ

階段状の庭と緩いカーブの建物が、まるで円形劇場のようではありませんか。

ま、印象の大半は空の色のせいですね。入館前は曇天・見学中に土砂降り・出てみたらカラッと青空と、アジアのような天気だったのです。

続きを読む 【ヘルシンキ】アアルトのスタジオでは憧れの椅子に座り放題!

【ヘルシンキ】アカデミア書店とカフェ・アアルトにてアアルトデザインを堪能!

ヘルシンキでどうしても行きたかった場所のひとつ。
アカデミア書店とカフェ・アアルトです。

カフェ・アアルト

フィンランドを代表する建築家・デザイナーであるアルヴァ・アアルトが手がけた書店とカフェ。
自宅でアルテックのテーブルやスツールを使う程度にはアアルトファンですので、絶対行きたかったのです。

スツール60
参考:【Artek】アルテックのテーブル82Bがやってきた!
参考:【Artek】アルテックのスツール60がやってきた!

続きを読む 【ヘルシンキ】アカデミア書店とカフェ・アアルトにてアアルトデザインを堪能!

旅ログ 〜ヘルシンキはとても静かなカモメの街でした〜

ヘルシンキに行ってきました!

ヘルシンキ大聖堂

事の起こりは数カ月前。いつもはワタシの力では調整のしようがない大きな定例会議の日程がズレることが判明し、仕事が数日間ぽっかりヒマになりそうだということが判明しました。
数日あれば海外に行ける! 直行便のあるヘルシンキなら週末だけでも充分行ける! と思い立ってしまったのですね。

いやいや、ブリ男もいるし海外旅行とか無理でしょ。と、シッターさんに都合を訊いてみると、全日朝晩しっかり対応可能とのこと。
いやいや、何だかんだと別の仕事が飛び込んでくるんじゃないの。と、警戒するも特に問題なく、上司から休暇の承認が降りる。
いやいや、飛行機とホテルが。と、調べてみるとどっちもしっかり空きがある。

これは、行っちゃえってことなのかもしれない。
数年後、ブリ男がシニア世代になって持病でもあったら旅行なんて無理だから、今がチャンスなのかもしれない。
と、思い切って久しぶりの海外旅行を決行したのでした。

続きを読む 旅ログ 〜ヘルシンキはとても静かなカモメの街でした〜