【猫の血液検査】肝臓の数値は相変わらず悪いけど

ブリ男が先日受けた血液検査の結果が郵送されてきました。

猫

緊急の件があれば電話してくれるハズなので、郵送ということはそこまで深刻な結果ではなかったということです。
とはいえいつも肝臓の数値が悪いので、どきどきしながら開封しました。

検査項目および検査結果

総蛋白(TP)

標準値:5.7-7.8 g/dl
2018年 7.5
2019年 7.1
2021年 6.9
2022年 7.4
2023年 7.1
2024年6.9

アルブミン(Alb)

標準値:2.3-3.5 g/dl
2018年 3.5
2019年 3.7
2021年 3.4
2022年 3.3
2023年 3.2
2024年 3.1

A/G比

標準値:0.4-1.1
2018年 0.9
2019年 1.1
2021年 1.0
2022年 0.8
2023年 0.8
2024年 0.8

総ビリルビン

標準値:0.0-0.4
2021年 0.1
2022年 0.1
2023年 0.1
2024年 0.1

AST(GOT)

標準値:18-51 IU/l
2018年 36
2019年 42
2021年 47
2022年 60
2022年 50
2022年 46
2023年 82
前回 78
2024年 79

ALT(GPT)

標準値:22-84 IU/l
2018年 145
2019年 138
2021年 150
2022年 193
2022年 214
2022年 194
2023年 369
前回 411
2024年 442

ALP

旧標準値:0-165 IU/l
新標準値:0-58 IU/l

2018年 75
2019年 70
2021年 71(旧)25(新)
2022年 24
2023年 23
前回 30
2024年 26

γ-GTP

標準値:0-10 IU/l
2018年 1.3
2019年 1未満
2021年 1未満
2022年 1未満
2023年 1未満
2024年 1未満

リパーゼ

標準値:0-30 IU/l
2021年 21
2022年 21
2023年 21
2024年 21

尿素窒素(BUN)

標準値:17.6-32.8 mg/dl
2018年 25.0
2019年 22.9
2021年 26.6
2022年 23.3
2023年 25.2
2024年 24.7

クレアチニン(Cre)

標準値:0.9-2.1 mg/dl
2018年 1.40
2019年 1.74
2021年 1.55
2022年 1.55
2023年 1.56
2024年 1.32

総コレステロール(T-Cho)

標準値:95-259 mg/dl
2018年 234
2019年 230
2021年 222
2022年 247
2023年 215
2024年 175

中性脂肪(TG)

標準値:16-130 mg/dl
2018年 43
2019年 120
2021年 25
2022年 27
2023年 16
2024年 22

ナトリウム

標準値:147-156 mEg/l
2021年 153
2022年 152
2023年 153
2024年 151

カリウム

標準値:3.6-5.3 mEg/l
2021年 3.9
2022年 4.1
2023年 4.1
2024年 4.1

クロール

標準値:107-120 mEq/l
2021年 118
2022年 113
2023年 116
2024年 118

カルシウム(Ca)

標準値:8.8-11.9 mg/dl
2018年 10.6
2019年 10.5
2021年 10.1
2022年 10.3
2023年 10.2
2024年 9.6

無機リン(IP)

標準値:2.6-6.0 mg/dl
2018年 4.8
2019年 5.2
2021年 4.1
2022年 4.6
2023年 3.9
2024年 3.8

血糖(Glu)

標準値:71-148 mg/dl
2018年 93
2019年 95
2021年 92
2022年 98
2023年 93
2024年 90

相変わらずALTの数値が高いけれど

今回も肝臓関連のASTとALTの数値がドカーンと高く出たけれど、昨年薬を飲みながらこまめに血液検査していたときと水準は変わらないので、獣医師さんからは「また薬がなくなる頃に連絡してくださいね」というコメントでした。
(ALT, AST, ALPの「前回」の数値は2023年12月の検査結果。)
ALTのぶっちぎり方が相変わらずだけど、この一年で大きな変動はないからこのまま投薬を続けて様子見でいいでしょう、ということらしいです。
次の血液検査は1年後でいいんですって。

まあ、肝臓の数値が悪いといっても本猫は元気に食べて走って寝てと暮らしているから、とりあえず現状では何もできることもないし、やる必要もない、ということですかね。
肝臓以外はどれも安定しているし、しばらくは現状維持を目指すことになりそうです。

それにしても慣れとは怖いもので、昨年の血液検査結果を見たときにはALTの高さに「ひっ!」となったものだけど、1年間これくらいの水準を見続けていたら「あー、あまり変わらないかあ」とさほど動揺しなくなってしまいました。
あまり慢心せず、よくない兆候には敏感でいなければ…、とちょっと反省です。

ということで、今年は何もなければ人間が薬を受け取りに行くくらいで、ブリ男は病院通いを免れそうです。
それはありがたいのだけど、この1年は病院に行ったときは爪をバシバシ切ってもらうのが習慣化していたから、嫌がるブリさんと爪切りで格闘するのか…と変なところでちょびっと憂鬱になっています。

投稿者:

りんむじんづ

20代で購入したマンションは、無事にローンを完済したかと思ったら売り払い、30代でまたまたマンションを買いました。好物はマンションの間取り図。旅とグルメにも目がありません。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

2 thoughts on “【猫の血液検査】肝臓の数値は相変わらず悪いけど”

  1. ブリ男くん、ALTは高止まりだけどとりあえず安定してるようで良かったですね。
    本猫がよく食べてよく寝て遊んでいれば心配いらないけれど、気づいたら「あれ?」という時があるから時々ハラハラします…ただの気まぐれの場合がほとんどですが笑
    なぜ爪切りをあんなに嫌がるんでしょうね。痛くはないはずなのに〜

    1. ナナさま
      この先も「ただ数値が悪いだけで生活に支障ナシ」が続いてくれることを祈るばかりです…。

      爪切り嫌がりますね~。
      仔猫の爪が細い時代は一気にバシバシ切らせてくれたのが、大人になって古い爪が剝がれにくくなってから嫌がるようになったから、多分響いて不快なんだろうとは思いますが。病院でなら嫌そうながらも一応我慢するってところが小憎らしい笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です