抱っこ嫌いの猫は、抱っこの訓練ができるのか…?

猫の「抱っこ嫌い世界選手権」が存在するならば、日本代表を勝ち取れるのではないだろうか。
ってくらい、ブリ男は抱っこを嫌がります。

猫

仔猫のときは食後に「膝に乗せてー」と甘えてきたくせに…。
そして膝の上で毛繕いして、そのまま寝たくせに…。
と、ブリさんに逃げられる度に過去の思い出が蘇り、めそめそしています。

ま、もっともブリティッシュショートヘアは人懐こい割にはベタベタしないらしいので、ブリ男レベルでは日本代表は難しいのかもしれません。
抱っこがイヤといっても一応一瞬は我慢するし、どこを触られてもあまり気にしないし、この程度でめそめそしてはいかんのでしょう。
でもねー、ふわふわ柔らかな猫のボディを間近で見ながら抱っこできないというのは、なかなか生殺しなんですよー…。

抱っこはさせんことはないのですが、こんな顔して嫌がられます。

抱っこしても、一瞬は「満更でもない」って顔をするんですよ。
そしてワタシの唇に肉球をそっと押し当ててくる。
それがふとイヤになって、そっと触っていた肉球がぐいぐいと力強く押しつけられてくる。
んで「きゃっ」とか言いながら、デカい生き物の腕からぬるぬると逃げてしまうのです。

ブリさんの気持ちも分からなくもないです。ワタシに抱っこされると歯磨きとか爪切りとかろくな目に遭いませんから。

というわけで、ヒマを見つけては「抱っこするけど何もされない」という状況を作るようにしています。

走り回って暴れたいモードのときは無理ですが、寝起きや食後のご機嫌なときに抱き上げて「ブリさん、可愛い可愛い。好き好き」と言いながらなでなでやキスだけ。
「ほーら、抱っこも悪くなかろう」と言い聞かせて、そのうち膝の上での昼寝が復活しないだろうか。なんて淡い期待を抱いています。
しかし、なでなでもキスも拒否はしませんが、要求するほど好きでもないので、効果があるかは不透明…。

てなカンジで地道に抱っこの訓練を続けているのですが、最近ブリさん的に割とマシっぽい抱き方を発見しました。

どんな抱っこかというと、ブリ男をワタシの肩にドンッと乗せて、尻を支えてやる方式。

抱っこすると「いつ逃げ出してやろうか」と緊張するのが、この姿勢で歩いているときは腹をワタシの肩にぐでーっと預けて力を抜くことが多いです。

そういえば仔猫時代、ぐずるブリさんを落ち着かせるために肩に乗せて、歌いながら部屋の中をうろうろ歩き回ったっけ。
まだ身軽な頃はワタシの身体をよじ登って、肩に乗って皿洗いの観察に夢中だったときもありました。

多分、デカい生き物の好き好き圧強めの視線を感じることなく、いつもより高い目線なのが面白いのだと思われます。
なのでブリさんを抱き上げて肩に乗せて、そのままカーテンを閉めたりテレビを点けたりガラス越しに窓の外を見せてやったり、なんてことをやっています。

先日、家で仕事中、モニター前にブリ男が陣取ってしまったので、捕まえて肩の上に乗せました。
すぐにそのまま背中から降りちゃうかと思ったけど、満更でもないようでそのまま肩の上でまったりするではないですか。
「ブリさん、可愛い可愛いだね〜」と背中にワタシの頬を擦りつけてもお構いなしです。

問題は、ワタシの右腕でブリさんの尻と左後脚を支えてしまったこと。利き腕が取られたらマウスの操作ができず、ブリさんがモニター前から居なくなってもこれでは仕事になりません。
なのでそーっと左腕に変えようとしたのですが、ブリ男はそれでは落ち着かないらしく、爪で右腕をぐっと押さえられてしまいました。
肩乗り猫だったときもワタシの二の腕を押さえて身体のバランスを取っていて、それではワタシが身動き取れないからブリ男の手の位置を変えようとしたら、拒否されてぐいぐいと爪を立てられたものでした。

諦めて仕事を中断し、仔猫時代を懐かしみながら、しばし肩の上のもふもふの感触を楽しんだのでした。

ま、数分間で逃げてしまい、皿の前から「抱っこの報酬を寄越せ!」とオラつかれたのですが…。

投稿者:

りんむじんづ

20代で購入したマンションは、無事にローンを完済したかと思ったら売り払い、30代でまたまたマンションを買いました。好物はマンションの間取り図。旅とグルメにも目がありません。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

6 thoughts on “抱っこ嫌いの猫は、抱っこの訓練ができるのか…?”

  1. めそめそな気分になるのわかり過ぎます…うちの子はご飯に薬を混ぜても器用に薬だけ残すので直接口に放り込むやり方なので、抱っこイコール薬…とインプットされてしまいました泣
    1日2回、しかもそろそろ薬だなぁと頭で考えた「だけ」で警戒モード笑
    漫画みたいにフキダシでも出てるのか?笑
    寝てるところを抱き上げた時のぐにゃぐにゃ感と、嫌〜と突っ張る時の力の強さのギャップといったら汗
    薬も病院も知らなかった仔猫の頃の距離感にはもうならないのかとシクシク…涙
    まぁ大人になってしまったのとブリショーの特性であるという事なら仕方ないですかね…今の距離感でもじゅうぶん楽しくて可愛いから〜笑

    1. ナナさま
      抱っこ=薬はツラいですね…。
      ホント、あの察する能力は何なんでしょうね?!
      何気ない風を装ってさりげなーく近づいてるのに、瞬時にヤベッて顔して逃げるから感心します。
      ブリさんの場合は、焦り過ぎると狭い場所じゃなくてベッドの真ん中とか捕まえやすい所に逃げるのが救い。
      抱っこをおねだりする猫なんて存在するのか…?
      みたいな感覚で暮らしています笑

  2. 後ろ脚で立って腕を万歳して人間の子供のように「抱っこ〜」みたいな事する猫の動画見たことあります。
    うあ〜こんな子いるんだ!と思いました。
    でもあんまり頻繁に抱っこのおねだりされるのも…うーん悩ましい…勝手ですね笑

    1. ナナさま
      ブリ男も小さいときは、それやっていたんですよ…涙
      今はワタシの「抱っこしたい」オーラを察すると「やべっ」て顔して逃げるだけですが…号泣
      あの頃はこんなに抱っこ嫌いになるとは思わず、出社前の時間がないときに困ったなーくらいに思っていました…。ワタシのバカ…。

  3. ええ〜ブリ男くんてそうだったんですか!
    それは…いま塩対応されると切ないですね…涙
    心中お察しします…(^_^;)

    1. ナナさま
      抱っこが愛情表現とわかってくれる日を期待せずに待ってます…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です