スタバの中心でシナモンロールを食べる

よくない習慣だとはわかっているが、一度気に入ったモノがあるとそれを延々と食べ続けるクセがある。

職場のおやつはひたすらガルボを齧り続けるとか。
スープストック東京へ行ったら東京ボルシチを食べずにはいられないとか。

そして、スタバに行くとシナモンロールを頼んでしまうとか。

Mac
参考:【MacBook Air】Windows一筋だったのに初めてMacを買ったよ!

以前はシナモンロールではなく、チョコチップチャンクスコーンだった。
あのもさもさとした粉っぽい素朴な食感が、コーヒーと合わせるのにちょうどいい。ときどき口に入るチョコチップをガリッと齧るのも乙。

それが、シナモンロールがリニューアルされてから宗旨替えをしてしまった。

何がいいって、アイシングをその場でかけてくれるところだ。

冷えたアイシングはどちらかと言うと苦手で、クッキーやケーキにアイシングがかかっていると「このジョリジョリ感がねえ…」とちょっとテンションが下がる。
もっと言うと、絶妙な厚みで心地いい食感のアイシングは嫌いじゃないが、どの店のどのお菓子のアイシングが素晴らしいかを追求するほどの情熱はないので「アイシングのことはそれほど」と大雑把にまとめてしまっている。

スタバのシナモンロールのアイシングは、労なく出会える「嫌いじゃないアイシング」のひとつなのだ。
妙に厚みのあるアイシングが全体にべったりとかかっているのはいただけない。砂糖の甘さがしつこくてイヤになる。
甘さ控えめのお菓子に薄く、ほんの薄ーくかかっていて、パリッと小気味いい歯応えになっているか、もしくはほんの一部にぽてっとかかっていて、甘さとシャリッと感がちょっとしたアクセントになっているか、そんなアイシングは嫌いじゃない。
スタバのホットなアイシングはそのどちらにも属さないけれど、目の前でとろりと流れる様を見るのが楽しくて好きだ。

そんなわけで休日の朝、スタバにブランチしに行くときは、大抵シナモンロールを頼んでしまう。

 

ワタシの行動圏内にスタバはいくつかあるが、どうしても足が向くのは家から最寄りの店舗だ。
そして毎週末とは言わないがまあまあの頻度で同じ店舗に通うと、スタッフの顔を覚えてしまう。

昔の職場の先輩にめちゃくちゃ似ていてギョッとした佐藤さん(仮名)とか。
必ず今日の天気の話をする山田さん(仮名)とか。
ワタシがほぼスッピンで行くと不愛想なのに、化粧も服装もがっつり決めるとめちゃくちゃいい応対をする鈴木くん(仮名)とか(鈴木くんは多分同一人物と気づいていない)。
色白で、赤いリップが似合う高橋さん(仮名)とか。

この高橋さんには、ワタシがシナモンロールばかりを頼んでいるのを覚えられてしまったようだ。
何なら合わせるドリンクがスターバックスラテのトール、エスプレッソショット追加というのも記憶されていると思う。
ワタシがスッピンだろうが全身グッチだろうが「シナモンロールは温めますね。コーヒーはマグカップですね」といつもの対応をしてくれて、レジ打ちが非常にスムース。鈴木くん、見習え。

だからと言って「いつものアレですよね」という押しつけがましさはない。
「ワタシ、シナローババアとか呼ばれているんだろうなあ」なんて妄想は、「それは自意識過剰でしょ」と一蹴できちゃう程度に素っ気なくしてくれる。
これで高橋さんに「シナモンロールお好きですね」とか言われたら、恥ずかしくてあのスタバには行きづらくなると思う。

 

と、先日いつものスタバに、いつもと違う時間帯に行った。

平日の昼下がり。
用事があって午後休みを取り、あれこれ片づけた後に時計を見たら16時だった。
今帰るとブリ男は断固として夕食を要求してくるハズ。何しろワタシが家に居ると15時台からそわそわするからね。
こんな時間に食べたら夜お腹を空かせるから、帰宅はもう少し後にしよう。

ということで、いつものスタバで時間を潰すことにした。

レジに居たのは高橋さん。
ワタシはエスプレッソとニューヨークチーズケーキをオーダーした。
スタバのシナモンロールは、ワタシの中では休日の朝食べるモノ。昼食を食べ損ねて疲れた今は、もっとどっしりとした甘さが欲しいのです。

すると高橋さんは「今日はシナモンロールじゃないんですね」と言うではないか。

ああ、やっぱりシナローババアと認識されていたのか…。
「今日はね、いいんです」と苦笑い。
あー、恥ずかしい。

恥ずかしいなら延々と同じモノを食べる性癖を改めればいいんだけど、それができないからこその性癖なわけで。
いつも見て見ぬフリをしてくれる高橋さん、ありがとう…。

 

こうやって食べ続けるモノは、あるとき急に飽きてふっつりと食べなくなるのがお約束なので、それまでは「シナローババア」や「妖怪ボルシチ舐め」として生きていくしかない。

【フィンランド】ヘルシンキで名物・シナモンロールを食べ比べ!

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

4 thoughts on “スタバの中心でシナモンロールを食べる”

  1.  りんむじんづ 様
    本年もどうぞよろしくお願いいたします。
    すっかりコメントご無沙汰でした…。
    でもブログは拝見しておりましたよ~

    昨日風呂上りに、「シナモンロール無性に食べたい!」と放った
    念力が通じたのでしょうか(笑)
    さっそく最寄りのスタバに行ってきます!

    最近曇り空やらなんやらでクサクサしていたので
    元気が出ました^^
    いつもありがとうございます★

    1. サビままサマ
      こちらこそ本年もよろしくお願いいたします。
      サビちゃんも元気ですか?

      シナモンロールの念力、受け止めましたよ!笑
      たまに無性に食べたくなりますよね。
      ワタシの場合 たまに を超える頻度かもしれませんが…。

      名古屋も晴れたり曇ったり安定しない天気です。
      ワタシも美味しいもの食べて、週の半ば乗り切ります!

  2. ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう

    カッコいいなぁ〜!玄人さんですね(^^)ニコ
    何を飲むか?食べるか?わかって貰えて…憧れます!

    何たってクソ田舎…名前だけの大阪…最寄りのスタバまで車で30分…(ー。ー)フゥ
    通えません!!選ぶ権利すら与えて貰えない!ヒドイ・・・||||(・・、)

    シナモンロール…ダメなんですよ…シナモンの香りが苦手です!
    甘い何とかチーノの無理…何時もノンシュガーのラテかカプチーノです…お供もサンドイッチ系かな?
    殆どドライブスルーでオサレに店でゆったりブランチした事ない…(≧m≦)

    マグで飲むと美味しいと思うけど、紙コップじゃねぇースタバが泣くわ。

    1. まだむサマ
      無駄に馴れ馴れしいわけでもなく、でも作業はテキパキやってくれるので、彼女のファンです。
      次にシナモンロールを頼むとき恥ずかしいですが笑

      シナモンロール、シナモン好きにはコーヒーのお供にとてもいいんですよ〜。
      フラペチーノは飲むケーキですね!笑 あれは甘党の方じゃないと拷問ですよね。
      甘い物好きでも気持ち悪くなるときありますもん。

      逆に行動圏内にドライブスルーがないので、たまに乗せてもらうと興奮します笑
      あれはあれでアメリカンっぽくって何か楽しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です