コスメの楽しさを思い出させてくれたのは、シャネルのルージュ

昔は、海外旅行のお楽しみのひとつとして、免税店での化粧品の買い物がありました。

Cosmetics

学生にとって、デパコスは高い。でも欲しい。
というわけで、行く先々の空港でアイシャドウやらリップやら香水やらを買い漁ったものです。

ところが、ここ10年は免税店での化粧品バカ買いは、すっかり鳴りを潜めていました。
免税店限定のリップ3色セットとかを横目に見て「昔はこの手のヤツ、よく買ったなあ」と懐かしむだけ。

美容液と香水は買っていたんですけどね。

美容液は、大抵はゲラン。

香水はシャネルのチャンスが定番でした。

しかし、銘柄がハッキリしているので身内が海外に行ったときなんかに「お土産は要らないからコレ買ってきて。お金払うから」と頼みやすいんですよね。
しかも自分も年に3度も海外に行ってりゃ美容液と香水なんて毎度毎度買うほど消費しないし。
更にブリ男が来てからは香水をつけるのをやめてしまったので、ますます免税店の化粧品売場に用がなくなりました。

化粧品を買わなくなった理由のひとつは、機内への水分の持ち込みが厳しくなったことです。
直行便じゃなきゃグロスも買えないとか不便過ぎる。
最近は体力温存最優先で、料金が高くても乗り継ぎの待ち時間が短いフライトを選んでいたこともあって、時間がなくて買い物できないということが結構ありました。
空港の免税店での購入品くらい持ち込み制限を緩くしてくれると買いやすいんだけどなあ。

もうひとつの理由は、色物をあれこれ揃えるのをやめてしまったから。
20代の頃はアイシャドウひとつを取ってもブラウンだのグリーンだのパープルだのピンクだのあれこれ揃えて、服装によって使い分けていました。
リップも各色どころか質感違いまで揃え、マスカラでさえブラックだけでなくブラウンやブルーを使っていた。

30代に入って身体を壊し、体力に合わせて服をごっそり減らすと、化粧品もそんなに要らなくなってしまったんですよね。
参考:シンプルな部屋が好きな理由

だから最近は、アイシャドウはブラウン系をひとつ、チークはベージュ系をひとつ、リップはレッドとピンクベージュを1本ずつ、てなカンジで色と数を絞っていました。
しかもドラッグストアで買えるようなプチプラ系。
仕事が変わってワタシの唇の色を始終見ているのはPCだけ、みたいな内勤になったこともあって、日常的にきっちりかっちり化粧をしなくてもよくなり、それで困っていなかったのです。

 

ところが、今回の台湾旅行に一緒に行った友人は、ファッション・コスメ大好き! なオトナ女子。
当然空港の免税店では大盛り上がりです。
参考:旅ログ ~台北は、おばあちゃんちのような懐かしさに満ちた街~

欲しい化粧品の品番は当然控え済み、というか予約できる商品はすべて予約済み(セントレアの免税店がそんなことになっているとは、知らんかったよ…;セントレア免税店予約サイト)。
それ以外も新作カラーを各ブランドチェック。
はー、マメだねえ…、と感心しながら、ワタシも嫌いではないので友人に付き合って久しぶりに美容液以外もチェックしたのです。

そして、往路便に搭乗する前から爆買いしている友人につられて、買ってしまいましたよ、ワタシも。
購入したのはシャネルのルージュ アリュール インク フュージョン

何がいいってウォータープルーフなんですよ!
付け心地がすっごく軽いのに、麺類を食べても確かに色が残っています。
40代以上の方には共感してもらえると思いますが、20年前の「落ちない口紅」ってクレヨンみたいな付け心地の悪~いヤツだったんですよね…。あのイメージを引きずって「落ちない口紅」って苦手だったのが、一変しました。

内勤だからと油断してロクに化粧直しをしないものですから、放っておいても色落ちしないリップってありがたいです。
若い頃は素の唇でも血色がよかったのに、加齢と共にてんでダメになってしまいましたからねー。それなのに化粧直ししないってイカンのですが、面倒くさいのでね…。
職場の友人に「なんか顔色いいねえ。やっぱりマンダリンのスパ効果?」と言われましたが、多分リップのせいですわ。
参考:マンダリンオリエンタル台北で優雅なアフタヌーンティーとエステを体験!

というわけで、久しぶりにデパコスの楽しさを思い出しました。

 

思い出しついでに、ファンデーションを買おうとこれまたひっさしぶりにデパートのコスメ売り場へ行ってきましたよ。

化粧品は免税店で買うモノと決め込んでいたので、日本のデパートで購入したことは数回しかありません。
最近だといつだったか…。ブリ男が来て海外に行かなくなったので、去年美容液を買いに行ったのが最後だった気がします。

ファンデーションは、かづら清の椿のBBクリームを使っています。

ワタシは、手は真冬でもハンドクリーム要らずの頑丈な肌なのですが、顔に関しては付けるものがちょっと合わないと真っ赤になって荒れるという厄介な肌質でして、化粧水にしてもファンデーションにしても「付けて荒れない」というのが最優先なのです。

その点かづら清の椿のBBクリームは椿オイル配合の優しい付け心地。丸一日化粧しっぱなしでも荒れません。
化粧崩れもさほどなく、夏は鼻の頭がテカるよねという程度。

これはこれで気に入っているのですが、付け心地優先なのでカバー力はほどほどです。そもそもBBクリームですしね。
四十女の顔には「そろそろレーザーのシミ消しに挑戦しなくては…」と思ってしまう立派なシミが目立ち始めています。立派過ぎてかづら清のBBクリームだけでは隠し切れません。

せっかく久しぶりにリップにかっちり色を塗るのだから、肌もウルツヤツルンとさせたい(この歳じゃならんけど)。

というわけで、ゲランのカウンターに行ってみました。
ほかにもいいブランドはありますが、ここ数年間ゲランの美容液が気に入っているので肌に合わんことはないだろうという期待からゲランを選択。
ゲランのアベイユのクリーム、いいんですよー。つけた瞬間、肌がふんわりします。それを持続できるほどの肌力はないですが…。

店員さんに「カバー力があって、でも肌の負担が軽いものがいい」と無茶を言ったら、パリュール ゴールド フルイドを勧められました。

たけぇ!
どうやら24金が入っているとのこと。
さすがにこのお値段のファンデーションを継続して買える気がしないので躊躇していたら、レソンシエルもいいと勧められました。

つけるほどに、美しく。「レソンシエル」は、ゲランが贈る次世代のラグジュアリー ファンデーションです。
ファンデーションでありながら、天然由来成分97%を実現。乾燥などによる肌ストレスを考慮したやさしさは、肌本来の機能を呼び覚まし、メイクをするほどに素肌が美しく変わるドラマを生み出しました。肌の呼吸を妨げることのない軽やかな付け心地。それでいて、毛穴や色ムラといった肌悩みをカバーできる高い機能性。自然な輝きを帯びたメイクしたての完璧な肌が、くすまず崩れず、16時間続きます。
かつてない心地よさと、使うほどに高まるパーフェクト感。「レソンシエル」は、どちらも妥協することなく、美しい肌を叶えます。
ゲラン レソンシエル

なんと魅惑的な紹介文。
ノンアルコールってだけでも、注射の際にアルコール消毒をされると腕が真っ赤に腫れる、肌からして下戸のワタシにとってはありがたい。
早速サンプルを頂いて試してみました。

使用感は、軽くていいです。結構たっぷりつけても「ファンデーションを塗ったくっています」というカンジの肌の負担感がなく、1日経ってもトラブルはありませんでした。
パリュール ゴールド フルイドに比べてカバー力はイマイチですよ~と言われましたが、シミはまあまあ隠してくれました。
化粧直しをせず1日中放っておいたら(しろよ…)Tゾーンが多少テカりはしたけれど、ヨレなどはありません。

ただ、職場の友人に「今日のファンデいつもと違うけど、どう?」と訊いたら「うーん、よくわからない」と言われました。そっかー、自分の目ではカバー力が上がったような気がしたんだけどな。ババアの顔のシミなんて、他人は気にしないのかもね…。
ま、乗り換えるかどうかはかづら清の椿のBBクリームを使い切る頃に再考します。

 

というわけで数年ぶりにファンデーションを乗り換え!? とワクワクしましたが、そこまでには至りませんでした。
それでも久しぶりにコスメでワクワクするという体験をして、楽しかったです。

たまには気分転換に新作コスメを見るっていうのも大事ですね。クリスマスコフレを何か買おうかな(と言っている間に売り切れる)。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

4 thoughts on “コスメの楽しさを思い出させてくれたのは、シャネルのルージュ”

  1. 私は元々コスメには興味が無いほうなのですが、決してすっぴんで勝負出来るような顔ではないので仕方なく整えております
    で、興味が無いわりにはコスメの記事を読むのは大好きですw

    口紅、いいこと聞いたー!
    そう、昔の落ちない口紅ってそんな感じだった
    「ああ落ちないことと引き換えにこの感じなのね…」て思ってた!
    嬉しい、早速見に行ってみます!(コスメでこのテンションはレア)

    1. ひまわりサマ
      分かります〜。ワタシも礼儀として化粧するけど、相手がパソコンだけなら口紅剥げててもいいや…とテキトーです。

      シャネルのウォータープルーフ、いいですよ〜!
      20年間落ちない口紅を敬遠している間にこんなに進化していたのか…! と驚愕でした。
      他の色も買い足したくなってます。
      (同じくこのテンションはレア!)

  2. ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう

    そうですよっ!海外に行けば当然のようにコスメ買ってましたし、お土産と言えば香水に口紅…
    人の趣味など御構い無しのドギツイ色と香り…でもあの当時はフツーだったんですよね…

    40代なんて…シミが出来始めて来た可愛い年代…私の年代は、淡路島か?と言うほど、コンシーラーで隠すのも無理…レーザーでも広域過ぎて無理ですよ…(。>0<。)

    一応、接客業も兼ねる医療系?スッピンという事も出来ないので、塗ってますけど、やり過ぎるとお水系の職業?と疑われるのでね…眉とアイラインはアートメイクをしてるので後はファンデーションを塗る程度かな?

    年々、乾燥とくすみが悩みですね、肌荒れは全く無い。
    デパートのコスメコーナーは、怖い…
    臭いが無理…特に海外メーカーの香りと質感?アレは昔、お土産で貰ったマイナスイメージが残ってトラウマ
    もっぱら国産メーカーに頼ってます!
    落ちない口紅…ペンキ塗った様なベッタリ感苦手…
    BBは、崩れませんか?

    1. まだむサマ
      お土産にコスメ、ありましたね~!
      リップ5色セットとか何も考えずにとにかく買って、友人へのバラまき土産にしていました。
      何しろ旅先がインドとか怪しげな? 国が多かったので、免税店のコスメは無難なお土産だったんです笑

      ワタシも年々コンシーラーの範囲が広がっています…。
      今のうちにある程度レーザーで消しちゃいたいけれど、評判のいいクリニックは予約が取れないし、腕の悪いところには行きたくないし、困っています…。

      デパートのコスメフロアは、なんか怖いですよね笑
      何が怖いんだろう。美容部員??

      かづら清のBBクリームは、あまり崩れは感じないかもです。
      ゲランの方が口回りのヨレがあったかも…? というくらい。まあBBクリームはこってりしっかり塗るわけじゃないからかもしれませんが。
      人前に出ないんだったらこれくらいで充分だよね~と気に入って使い続けています。デパコスより安いというのも重要!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です