ベッドスローやクッションカバーを取り替えて、ベッドを秋冬仕様にチェンジ

ベッドを秋冬っぽく模様替えしました。

ベッド

ユーロ枕カバーをベージュにして、飾り枕とベッドスローをモスグリーンに。
ザラホームの展示にベージュ系とモスグリーンの組合せのベッドがあって、それが秋らしくて可愛かったんですよ。その展示のベッドが濃いダークブラウンで、まさにウチと似たような雰囲気じゃん! と飛びついて、飾り枕カバーとベッドスローを買ってしまいました。

ユーロ枕カバーはIKEAです。

ベッド

真夏のくっそ暑いときに行って「この色なら秋冬にいいかも」と見切り発車で買いました。
参考:ウォーキングのためにIKEAに行く! その効果と戦利品は?

IKEA

ウチのカラーは基本的にベージュなので、秋冬もへったくれもなくベージュなら合わないわけがないという安心感もあります。
実際、新しいユーロ枕カバーとカーテンが似たような色調で、落ち着きます。
参考:【入居1年web内覧会】カーテンへのこだわりとオーダー時のトラブル

むしろ今までのアイスグレーのユーロ枕カバーとベッドカバーがちょいと異質というか、ワタシ的に冒険だったんですよね。

ベッド

これはこれで気に入っていましたが、秋冬にはちょいと冷たい色なので、今年はちゃんと模様替えをする気になったのでした。

 

ベッドスローの下のカバーは、今までも使っていたモノ。これもザラホームです。
ワタシのベッドはIKEAとザラホームと無印良品で出来ている。

ベッド

ザラホームで買ったベッドカバーというかベッドスプレッドは何がいいって、飾りっ気なしの単なる布ってところです。詰め物もなければ裏地もなく、洗って乾かすのがラクなんですね。
これを買ったのはブリ男が来る前でしたが、ベッドの上でごろごろする小さな毛玉が来て「洗いやすいファブリックって大事…!」とつくづく思いました。

アイスグレーがウチに入れるには突飛な色だったので、緩衝カラーとしてベージュも購入。
実はグリーンも買ってあります。イエローも買おうか迷ったけど、さすがにこれ以上部屋にイエローを入れるとやり過ぎな気がして思い留まりました。

このベージュがちょっとピンクがかった色なので、ユーロ枕のクリームベージュとはちょっと系統が異なります。

ま、気にするほどでもないんだけど、気にならないといえばウソなんだよね…。
かといって、またユーロ枕やカーテンと同じベージュにしてしまうとさらにベージュまみれになってつまんないし、どうしたものかねー…、と悩んだまま過ごしています(そして多分ずっとこのまま)。

系統違いといえば、飾り枕・ベッドスローのモスグリーンと、フレームに入れて飾ってある東山魁夷の「緑響く」のグリーンも違い過ぎる。

フレーム
参考:[フォトフレーム]額縁を増やしてベッド周りを可愛く演出

これはフレームの中を変えれば済むハナシですが、横向きの絵で秋冬っぽいのを持っていないんですよね。
「冬華」はあるけど、縦だし。

フレームはこの位置ありきで向きと組合せを決めたから、縦にして再調整するのは面倒くさいなー。
「白い朝」でも買い足そうかしら。

と、無計画な模様替えなのでいろいろ破綻しています。

なお、シーツや布団カバーは無印良品の綿洗いざらしシリーズ。
どうせカバーで隠しちゃうからと、皺になるのを承知で乾燥機にかけてしまっています。

 

そろそろベッドの上がお昼寝の定位置になるブリ男さん。
新しいベッドスローは肌触りと匂いに慣れないので戸惑っていましたが。

ベッド

猫

半日もするとその上で過ごすようになりました。

猫

そして新しいベッドスローの上でも寝ています。よかったよかった。

猫

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

6 thoughts on “ベッドスローやクッションカバーを取り替えて、ベッドを秋冬仕様にチェンジ”

  1.  りんむじんづ サマ

    こんにちは!
    秋冬の衣替え(?)、いいですよね~。
    やっぱり寒色系から暖色系へのシフトは
    体感室温もかわるというものです(笑)

    そう考えるとベージュ先輩の汎用性の高さは
    やっぱりすごい!
    そして暖・寒問わず「猫はかわいい」。
    これも自然のことわりですな…

    1. サビままサマ
      朝晩はだいぶ涼しくなりましたから、暖かい色のベッドの方がいいですね。
      模様替えしたときはまだちょっと暑くて、夜中に布団を引っ剥がして寝ていましたが笑、今はブリさん共々ぬくぬく寝てます。

      ベージュ先輩はホントに優秀です。カーテンの模様替え不要というのはとても大きい…。
      そして年がら年中可愛い猫はたまらんですね!

  2. 私もモスグリーンとベージュがきている色なので、りんむさんのベッドまわりがドンピシャ!です。
    以前、宿泊したホテルがモスグリーンとベージュがベースで、スパイスとして濃いパープルが使われていました。
    我が家の秋冬の寝室はネイビーが中心に芥子色がスパイスとして使っているので、ちょっと重めなんです。
    ベージュが入ると優しいイメージになり、素敵ですね。
    ベッドサイドの絵が、どのように変化するか、今後楽しみにしています。

    1. yumiサマ
      ベージュ+モスグリーン+パープルってカッコいいですね!
      パープルとイエローって合わせ方にも使えるし、パープルを取り入れてみようかしら…?
      色数を抑えてシンプルにというのが信条だったのに、ずいぶん賑やかになってきました。収拾つかなくならないよう気をつけます

      絵はね〜、変えたいなあとか言いながら今シーズンはこのままという可能性も大いにあります笑

  3. ( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

    色味を抑えて統一すると落ち着きます。
    ベージュにモスグリーン、落ち着くわ。
    りんむじんづさんは、差し色に黄色。
    良いですよね!

    朝晩、もう寒いのでボチボチ冬物に変えないと…
    ウチのニャンコは、まずベットには乗ってこない…真冬でも床に転がってます。
    今は、アルミの猫鍋か大理石の上で寝てます…
    ブリ男くんの様にイチャイチャする事は無いです…

    1. まだむサマ
      アイスグレーも気に入っていましたが、秋冬はこっくりした色の方が落ち着きますね。

      ブリ男はベッドに乗るようになりましたが、まだ羽毛布団は要らないようで枕元のシーツの上で寝ています。
      夜中に突然いちゃいちゃモードに突入して、大きな瞳でじっと見つめながら喉を鳴らしてくるので可愛いです。でも眠いです笑
      これが寒くなると布団の上の足元に移動するから寝がえり打てなくて、別のツラさが生じるんですよね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です