《猫生活4周年》猫と過ごす時間が飛躍的に増えた、幸福な1年

ブリ男が我が家に来て4年になろうとします。

猫
布団に潜ってご満悦

ちっちゃいブリ男がウチに来てドキドキで過ごしたのが昨日のことのようなのに、早いなあ。

おかげさまでこの1年も大きな病気や怪我などはなく、前回いつ病院に行ったっけなーと考えちゃうほどでした。ペット保険の支払いが完全に無駄なことになっています。
参考:ペット保険の加入って必要?

この1年は、ブリ男とワタシの生活が大いに変わった年でした。

在宅勤務がここまで浸透して、朝から晩までブリ男を見守れるのが日常化するとは、ちょっと前までは想像もできなかったのに今は当たり前になっています。
参考:飼い主の在宅勤務にすっかり慣れた猫

1年前は「緊急事態宣言が解除されたらまた週5日出社になるんだろうな、やだやだ」とか思っていましたが、出社と在宅の比率に変動がありつつも在宅勤務生活が続いています。
こうなったら在宅勤務でもバッチリ仕事できるんだということを証明するために、出社する日数は極限まで抑えたうえでキッチリ成果を出したる! というのが最近の目標になっています。

ワタシがしょっちゅう在宅勤務をするようになって、最初でこそ「えー、なんで?」という顔をしていたブリさんも、すぐに順応して楽しそうに生活しています。

ゴハンが終わったらお気に入りの場所(夏はケージの上、冬はベッドの上)に移動して毛繕いし、昼寝。
たまに思い立って皿の前に行き、おやつのおねだり。
ときにはデカい生き物に「ないよ。あーとーでー」と言われて、チェっという顔をして。
そしてまた昼寝に戻り、すーすーと寝息を立てて。
と、実に羨ましい暮らしっぷりです。
ワタシの昼食の後はリボンで遊んだり、午後はまったりと窓辺で日向ぼっこしたり、一日中リビングで留守番させられているときよりは楽しみが多いんじゃないでしょうか。

ブリ男を迎えるときに最も葛藤したのが、半日留守番させるのに猫を迎えていいものかということです。

いくら猫がひとりで過ごすのが平気な生き物だからといって、生まれてこの方親きょうだいやいろんなデカい生き物に囲まれてきた仔猫がひとりで過ごすというのは残酷ではないか。
そう悩みましたが、ワタシのエゴを押し通し、ブリ男に来てもらってしまいました。
淋しい思いをさせる分、不自由がなく快適に暮らせるよう配慮するつもりでいましたが、それでどこまでブリ男の淋しさが埋まるか見当もつかず、いつも後ろめたい思いがあります。
それがこの1年はブリ男と一緒に過ごす時間が増え、留守番させる日も「ま、たまにはお母さんがいない方が昼寝が捗るよね」くらいに思えるようになりました。

ブリ男も4歳。あと数年でシニアの仲間入りです。
今は病院に行くといえばワクチンと結膜炎くらいの健康体ですが、おじいちゃんになればあちこちガタもくるでしょう。
そんなブリさんを家で仕事しながら見守れるなら、ワタシとしても安心です。そのためにも今のような在宅勤務も当然な空気を大事にしたい。そんな風に考えています。

ブリさんの幸せを守るのが、お母さんの使命です。
その気持ちは、この4年間変わりません。

が、ワタシがブリ男を幸せにしているのではなく、ブリ男がワタシを幸せにしてくれていると痛感しています。
ブリさんが平和そうに寝ている姿とか、張り切ってゴハンをおねだりしている可愛い顔とか、ときには不機嫌になって荒ぶってみたり、たまには甘えてベタベタしてみたり、毎日楽しい気分にさせてもらっています。

こんな風にこれからも暮らせることを願うばかりです。

猫

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

6 thoughts on “《猫生活4周年》猫と過ごす時間が飛躍的に増えた、幸福な1年”

  1. 愛あふれる家に暮らすブリさんは幸せだなぁ〜
    私がブリ男としてりんむさんのお宅で暮らしたかったです。
    きっと前世で徳を積んだのね。
    私の夢は人間である間はいろんなところへ行って世界を見てまわりたく、生まれ変わったら愛される飼い猫としてゴロゴロ、悠々自適に暮らす…
    相当徳を積まねばー!
    犬になったらどうしよう…
    水族館のイルカになったら芸も出来ず辛い日々を過ごす事になる…
    なんて妄想しています。

    1. yumiサマ
      ワタシも来世はブリ男みたいな甘やかされる飼い猫になりたいです〜。
      水族館のイルカは想像したことなかった!笑
      そんな目に遭ったらジャンプが下手過ぎて仲間にいじめられ、鬱になりそうです!笑

      このままずっと安穏とした生活を送らせてやることができたらな…と思います。
      今後も見守ってやってください。

  2. ちわ~v( ̄∇ ̄)v

    早いですね〜( ̄▽ ̄;)!!
    ウチも4月生まれの同い年です。
    首に鈴付けて無いと何処に行ったか?
    何処かの間に入り込んだとか、両手に乗る位の小さい猫が…巨大化して7.5キロの豚猫ですもん。早いわぁ。

    元々旅行とか行く事ないし、コロナ禍で益々、出掛ける範囲が狭まり…猫との過ごす時間が子猫の時より多くなりました。

    もう目を離しても鈴を付けてなくても心配してする事はないし。
    皮膚炎も治ってるし…保険はそのままですが、まぁいいか?と思い其方も放置です。

    病院も行く事もなく、食欲旺盛、明け方の運動会、今も私の後ろで爆睡して。
    健やかに過ごしてます(*⌒∇⌒*)テヘ♪

    間も無く、中年ですね〜!猫生は15〜20年と言いますが。
    気ままに、ツンデレで健康でいて欲しいもんです。

    1. まだむサマ
      早いものですねえ。
      片手で持ち上げられた仔猫が今や立派な巨猫に…。
      大型猫を飼うなら7.5キロクラスに憧れていましたが、ウチは小振りブリに落ち着いちゃいました。
      ホント、ちっちゃい頃は目を離せなかったのが、今はずっと寝てますもんね。
      小さなときにこうやってベッタリ過ごしたかったなあ。
      でもそうするとお留守番下手くそな子になってましたね…。

      どちらのブリさんも末長く気ままに元気に過ごしてくれますように!

  3. いつも楽しく拝見しています。

    ブリさん、4周年おめでとう㊗️!!
    日々、可愛いお姿に癒されてます。
    これからもどうか、元気で幸せな日々を。

    1. 通りすがりサマ
      ありがとうございます!
      飼い主も毎日癒されていて、幸せです。
      今後もブリ男の超絶キュート(親バカ)な姿を見に来てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です