飼い主の在宅勤務にすっかり慣れた猫

緊急事態宣言を受けて、基本的に在宅勤務となってから約3週間。

pc

といっても「基本的に」なので、どうにもならない仕事があるときは仕方なく出社しています。先週なんかは出社した日の方が多かったんではなかろうか。
それでも半休と組み合わせて勤務先での滞在時間を減らしたり、時差出勤をして電車の混雑を避けたり、いつも通りの出社とは違うカンジですね。

 

さて、急にデカい生き物の生活リズムが変わって、ブリ男はどうしているかといいますと。

これがさっさと順応して、楽しそうにやっています。

終日在宅勤務に切り替わった初日こそ、早朝散歩から帰ったワタシを見て「えー、なんで?」という顔をしたり、仕事を始めたワタシの足元でうふんうふんと転がったりしていました。

猫

が、足元でごろごろするのは1日どころか半日で飽きたようで、その後はずっとソファやベッドでぐーすか寝ています。

猫

元よりワタシがPCをパチパチ叩いている姿は見慣れたものですからあまり興味がないようで、仕事中はほとんど放ったらかしにされています。
なんかもっとこう、ホラTwitterとかであるじゃない。在宅勤務していると猫が邪魔して生産性上がらなーいみたいな。「もー、ブリさん、お母さん仕事中ですよ」とイチャイチャする的な。
ああいう一幕はほとんど展開されません。

ときどき、気が向いたときに覗きに来ますが、またすぐ昼寝に戻っちゃう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

お、Web会議参加する?! #ブリティッシュショートヘア #在宅勤務 #stayhome

りんむじんづ(@lingmujingzicom)がシェアした投稿 –

おかげさまで忙しいときはがっつり仕事に集中できるからありがたいんですけどねー。
おチビちゃんのときは遊べだの構えだの一緒に寝ろだの始終絡んできたのが、程好く距離感を取って放置してくれるというのは心地いいものです。

しかし、放っといてくれるのは夕方まで。
15時半を過ぎるとそわそわし始めます。

あの子は朝も夕方も3時半になるとお腹が空いて活動が活発になるタイプらしい。
さすがに3時半に起こされるのはツラいので寝る時間を遅くしたり夜食を与えたりとあれこれ試したのですが、効きません。24時に夜食をあげて消灯しても3時半に騒ぎ出すという頑固な腹時計なので、もう諦めました…。

んで、15時半はまだ絶賛仕事中なのですが、ブリ男は己の腹時計に従ってアオーンと鳴き出すわけですよ。

ブリ男は普段あまり喋らないので、一旦話し出すと面白いです。ンギャッとかンアーとかンノーンとか訴えてきます。
「はいはい、ブリさん、もう少し待ってね~」と言い聞かせると、ンキュルルルルッとか言いながら部屋中を走り回ります。
ベッドからソファへ跳び、爪を立ててクローゼット部屋に飛び込み、ドドドッと勢いよくケージに乗ってテーブルへジャンプ。

ダイニング

終いには疲れてテーブルの上で寝ていました…。

猫

とはいえここまで激しくおねだりするのは夕方だけで、ちょっとホッとしています。
ワタシが家にいると隙あらばゴハンを貰おうとするのでうっかりトイレにも行けないのですが、ワタシの在宅が珍しいからまめまめしくおねだりしていたようで、ずっと家にいるとさすがにそこまではおねだりしてきませんでした。
そうよね、デカい生き物がずっといるなら焦っておねだりすることもないよね。

 

と、飼い主の在宅勤務にすっかり慣れてしまったので、たまに出勤するとショックみたいです。

カメラで様子を見てみたら、昼間はいつも通りソファで寝ているのですが、腹時計が作動する16時前になると起き上がってドアの方を今か今かと眺めていました。

参考:ペットの見守りカメラを導入!【Withings Home】

普段はこの時間、目が覚めてもまだウトウトしながら丸まって待っているのに…。
ゴメンよ……。

仕事が終わって慌てて帰宅すると、いつもは部屋の真ん中にちょこんと座って待っているのに、この日はリビングのドアのガラスをギーギー引っ掻いてお出迎え。
ドアを開けると仔猫のようにンアーと鳴いてワタシの不在に文句をつけていました。
こういうときは廊下の端から「ブリさん、おいで!」と手を広げると、尻尾を立ててとことこっと駆け寄ってくるので可愛いです。

これから連休に突入して、ますますワタシの在宅が当たり前になってしまいます。
緊急事態宣言が解除されて通常通り出勤となると、果たしてブリさんは耐えられるのだろうか。
通常の生活に戻れないのは困るけれど、仕事は今みたいに在宅勤務を続けたいな…なんて思ってしまいます。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

4 thoughts on “飼い主の在宅勤務にすっかり慣れた猫”

  1. りんむさん。初めまして。
    いつも楽しく拝見させて頂いております。
    私はアレルギー持ちのため、いろいろな方の猫さんを画面で
    愛で楽しんでいます。
    ブリさんとってもイケメン可愛いです!

    在宅仕事、完全に移行できないのは辛いですね。
    私は接客業で、完全休業となっています。
    stay homeでも、幸い我が家は景観がよい為、それ程閉塞感は
    ありません。
    今はりんむさんの旅行記とか拝見して、コロナが終息したら
    どこか行こう!とか考えて、じっと耐えています。
    りんむさんの空気感、大好きです。
    これからもブログ・インスタを楽しみにしています。
    ブリさんと共に、お身体お気を付け下さい。
    取りとめもない内容で、失礼しました。

    1. mikiサマ
      はじめまして。コメントありがとうございます。
      ブリ男、イケメンなんです(大真面目)。ブリさんもmikiサマが遠くから愛でてくださっていると知れば喜ぶと思います。

      中途半端に働いているのもアレですが、完全休業はおつらいですね。今後どうなるかという不安もありますし。
      とはいえあまり不安がっていても免疫力が低下しそうですから、健康であれば何とかなる! と思って一緒に頑張りましょうね。
      ステイホームの期間、ぜひ当ブログを暇潰しにご活用ください笑

      こうして在宅時間が長くなってみると、家の広さや景観は大事ですね~。
      ワタシは機動性重視で街中に住んでいるため、ビルやマンションに埋もれた狭い部屋を買ってしまい、若干閉塞感を感じつつ仕事をしています…。

      今後ともどうぞよろしくお願いします!

  2. ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう

    在宅ワークは、メリハリがないので私的にツライ…(≧m≦)
    まさかね…マンション引っ越し後にニャンが来るとは想定外でしたから…
    でもやっぱり一緒に暮らしてからでないと分からない事も多いですからね。

    ブリ男君もまさか、在宅ワークでなんで1日?と思ったでしょうね。
    案外、猫って空気読みますね。何処ぞの政治家さんと違い、よく見てますよね!
    今は大人しくしといたろか!って感じで…いや、近寄るなオーラ出してるのか?私…(ΦωΦ)フフフ…
    休憩とかコーヒーでもと思ったら、思いっきり寄ってきて、ご飯の要求!

    ウチも昼間は完全なる就寝モードで誰もいない涼しい場所で爆砕してます!
    本能のママです。
    さぁ、在宅ワークがいつ解除になるか?想像できませんが、通常通りになるのはもう少し先でしょう…
    さあブリ男君、どうするかな?

    1. まだむサマ
      ホント、猫は空気を読むのが上手いですよね。
      先日もWeb会議をやっていて、終わってヘッドセットを外しながらフーと溜息をついたら「そろそろおねだりだぜ!」とブリ男が伸びをして擦り寄ってきました。
      話している最中はまったく近寄らなかったのに、終わった途端にこれかー!と感心しましたよ。
      同じくコーヒーを淹れようものなら「おねだりタイムだぜ!」と張り切ってます。どうしてあれが休憩の合図だとわかるのか…。

      今のところまだまだ在宅勤務が続いても全然構わないのですが、これに慣れ過ぎると解除されたときにブリ男が困惑するかもしれませんね。
      ワタシもいつでもブリ男を撫でられなくなってツラいだろうな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です