猫は可愛い(断言)

何ということもありませんが、最近のブリ男の可愛いエピソードをいくつか。

猫

ブリ男はキッチンのシンクに入ってはいけないということを理解していて、水に触りたいときは前足だけをそーっと伸ばします。それもワタシに「ブリさん、それダメでしょう」と言われて捕獲されちゃうのですが。

しかし、1日に1度、堂々とシンクに入るタイミングがあります。

それはワタシの帰宅直後。
たっぷり昼寝をした後で元気いっぱい、ゴハンへの期待でテンションマックス! という状態のとき、しゅたっとシンクに入って身を縮めます。

何をしているかというと、かくれんぼです。
猫って「かくれんぼ」や「だるまさんがころんだ」が好きですよね。

ブリ男がシンクに隠れて、目を爛々とさせてワタシの様子を伺い出したら、ワタシは「あれ~、ブリさんどこかな~。可愛いブリさん、どこかな~」とブリ男を探すフリをする。
するとブリ男は背中の筋肉をムキムキッとさせて構えます。
んで、ワタシが「あー、可愛いブリさん、いたねえ! こらー、そこに入っちゃダメでしょ~」と言ってブリ男の脇をガツッとつかむと、びゅんっとシンクから飛び出します。

めでたくワタシの魔の手から逃れたら、ものすっごいドヤ顔でキッチンの上に仁王立ち。
あえなくワタシに捕らわれたら「んぎゃっ」と文句を言います。

何のプレイなんだかよくわかりませんが、まあ日に一度のことなので付き合っています。

 

ブリ男が仔猫の頃、キッチン登攀に成功してシンクや作業台を我が物顔で歩き始めたとき、そこに乗ってはいけないと教え込むためにブリ男と喧嘩しました。

ワタシの目を盗んでブリ男がキッチン登攀。
ワタシがシャーッと言いながらブリ男を捕獲。
ブリ男は「んん~んんうん~」と抗議の声を上げる。
それに構わずブリ男を仰向けにして床に押さえつけ、「ダメ~」と低く唸ってブリ男をガブリ。

というのを何回か繰り返したら「キッチンに乗るとデカい生き物が荒れる」「『ダメ』はヤバい」ということを理解したようで、ワタシの身体によじ登ってキッチンの観察をするように。
それはそれで台所仕事が捗らないので、キッチンの隅でおとなしく観察するのはOKと妥協しました。
参考:[猫の躾]キッチン登攀ブーム再来と肩乗り猫

調理中に「ダメ」と言って手で制すると、ブリ男は「そうか、ダメか…」みたいな顔をしてワタシに近寄るのをやめてちょこんと座るので、お利口さんだなあと感心します。

ところが先日、ワタシがカレー粉を扱っていたら、ブリ男がすっ飛んできて「おっ、なんだなんだ。俺も参加するぜ!」と超張り切っていました。
カレーの何かのスパイスが猫にぐっと来るみたいですね。
調理ボウルに顔を突っ込まんばかりの勢いで突撃してきたので、慌てて「シャーッ!」と威嚇しました。

ブリ男にシャーされたことはあっても、ワタシがブリ男にシャーするのは2年ぶり。
ブリ男はショックだったようで、「怒られ…ちゃっ……た……」みたいな顔をして固まっていました。
あまりにもショックを受けていたので「あー、ごめんね。シャーして悪かったわね」と、なぜかワタシが謝る羽目になりました。

 

大人になってからワタシの身体に乗りたがることはなくなってしまったブリ男さん。
ですが、数日だけ肩乗り猫が復活したことがありました。

夜、お風呂のお湯張りを観察していると、満腹のブリ男は蓋の上でうとうとし始めます。
「さーて、ブリさん。そろそろお母さんはお風呂に入りますから、お部屋に戻りましょうか」と言って、腹が温まってぐんにゃりしたブリ男を抱え、部屋に連れ戻します。

爪切りや歯磨きをするときは赤ちゃん抱っこをしますが、移動だけならブリ男をワタシの肩に乗せます。
ブリ男のつるつるの毛は手が滑るので、肩にどんっと乗せた方が安定するのですよ。片手でお尻を支えるだけなのでラクですし。

すると、ある日、なぜかブリ男がそのままよじ登ってワタシの肩にどっかりと居座りました。

ブリ男が仔猫時代に肩乗り猫を引退したのは、ワタシの肩があまり居心地が良くなかったからです。
というのもブリ男はワタシの肩に四つ足で立とうとするからフラフラする。フラフラしないようにと爪を立てるから、こっちも「いたたたた」となる。
立ち上がらずに、腹全体で肩をホールドしてくれれば安定するのに、チビブリはそこまで頭が回りませんでした。

それが2年の歳月を経て、いきなり腹で肩ホールドを披露してくれたのです!
「ブリさん、肩乗りいいねえ! 楽しいねえ!」とブリ男を肩に乗せたまま、部屋の中をウロウロしました。

ブリ男も満更でもなかったらしく、翌日「ブリさん、部屋に戻ろうか」とブリ男の前足をワタシの肩に乗せさせると、ブリ男自らワタシの身体によじ登ってきました。
ブリさんが自主的にワタシの身体に乗るなんて! と、舞い上がりました。

ところが昨日の肩乗りはまぐれだったらしく、また四つ足で立ち上がろうとするブリ男。
フラフラするブリ男を安定させようと、つい前屈みになるワタシ。
そのままワタシの背中の上で仁王立ちするブリ男。
仕方なく、前屈みのまま5.5キログラムの猫を背中に乗せて移動するワタシ…。腰が、腰が痛い…。

これはこれでブリ男は気に入ったらしく、しばらく人間タクシーを楽しんでいました。数日で飽きてくれて助かったけど。

 

ネスプレッソのクレアティスタ・プラスが来てから、コーヒー抽出やミルクのスチーム音を警戒していたブリ男さん。

プシューッだのシュコーッだの大きい音が気に入らないようです。

ネスプレッソ
参考:【ネスプレッソ】クレアティスタ・プラスで本格エスプレッソを自宅で楽しむ!

ところがある日、唐突に克服してミルクのスチーム中に作業台へ乗ってきました。

猫

ジャグの中でシュゴゴゴゴッと泡立つミルクを見て「おおお…!」という顔をする。
元々、ミルクの香りが好きらしくてワタシが乳製品を飲食していると覗きに来る子ですから、ミルクの香りがぷんぷんするスチーム作業は楽しいらしいです。
昨日まで嫌そうな顔をしていたのはどこへやら、スチーム中のジャグに手を出そうとまでしました。火傷しますよ…。

それ以来、ワタシがクレアティスタ・プラスを操作し始めたらすっ飛んできます。
んでワクワク顔をして作業台に乗ろうとする。危ないので台の上にモノをいっぱい並べて足場をなくしてみたのですが、びよーんと伸びて「うおー、乗れないじゃん! いや、でもあの隙間に足を突っ込んでー」みたいなカンジに模索している顔になっていました。
「ブリさん、ダメよ」と言っても聞かないのは久しぶりで、何度失敗しても挫けず登攀しようとするブリ男を見て仔猫時代を思い出しました。

 

夕方や夜、ブリ男が暴れたがっている素振りを見せると、これはチャンス! と猫じゃらしを振ります。
仔猫のときはいついかなるときでも猫じゃらしを取り出せば遊んでくれたブリさんも、今は気分じゃないと乗ってくれないですからね。

そのときはワタシの振るじゃらしに対してノリノリで、狩猟犬のように走り回っていました。

部屋の隅からじゃらしを狙うブリ男をふと見ると、ブリ男もワタシの顔を見ています。
なぜかスゴいうるうるした目で、ワタシをじーっと見つめていました。
「ブリさん、お母さんもブリさんのこと好き好きよ!」と言うと、感極まったような顔をして尻尾を立てて寄ってきます。そして親愛のちゅー。

なぜこのタイミングで好き好きビームを発したのかよくわかりませんが、とにかくお互いの「好き!」という気持ちが通じ合った瞬間でした。

 

ittaにて九份観光の記事を掲載していただきました。
こちらもよろしくお願いします。
【台湾】九份観光でやってはいけない3つのこと

タピオカティーの比較記事も掲載されました。
本場台湾のタピオカティーを飲み比べ! 最も美味しい店は意外にも…?!

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

8 thoughts on “猫は可愛い(断言)”

  1. いいですねぇ、ただのノロケ記事w最後とか読んでて照れたわ
    私のほっぺの筋肉もまた鍛えられそうです
    …傍から見てるとモニター見ながらニヤニヤしてるので気持ち悪いと思いますけど

    なんかね、読んでて「ああそうか」て思ったのが、風呂の蓋に乗ってるときのブリちゃん
    溜まっていくお湯が見たいだけなのかと思ってたんですけど、蓋の上だからお腹が温かいんですね
    いいなぁ、ほかほかしててぐんにゃりしてて可愛いじゃないかー!

    それとカレー粉に興味を示した部分
    いろんなスパイスが使われてますけど、何に反応したのかしら
    面白いですねぇ

    重そうだけど、肩乗りも羨ましいです
    5.5キロは確かに腰に来そうではあるけれど

    にゃんこの記事を読んでデレデレ出来るって、なんか幸せだなぁって思います

    1. ひまわりサマ
      なんか急にブリ男が盛り上がって、ワタシも照れました笑
      今回もほっぺたの運動になったようで、よかったです!

      お風呂の準備中はごはんの後で満腹だから、うとうとしてるんですよ。それで余計にぐんにゃりしてます。
      今から温かい風呂サイコー! ってなると思うので、そのうち蓋にブリ男を乗せたまま入浴にチャレンジしてみます。

      昔はアニモンダからカレー風味のフードが出ていたらしいので、何かが猫の鼻を刺激するらしいですよ。
      人間のカレーはとても試食させられませんが…。

      今後もデレデレ記事を更新しますので、よろしくお願いいたします!

  2. おっとりブリさんのりんむさんへの好き好きビーム、本当に可愛すぎです。
    猫ってどうしてこんなに可愛くて愛おしいんでしょうね。

    我が家の姫はなんせ気が強いのでいつもニャーニャー文句を言っては走り回っているのですが、甘えてくる時は子猫のような声を出してすり寄ってくるのでメロメロになってしまいます。
    最近はすっかりお膝猫になっていて、朝うっかりソファに座るとすぐに乗られてしまい、このまま仕事に行かずにダラダラしていたい…と日々葛藤しています。

    これからもブリさんへの愛があふれる記事を楽しみにしています。

    1. sakikoサマ
      ニャーニャー文句言いながら走り回るのもいいですが、甘えて擦り寄られたらメロメロになりますよねえ。

      お膝猫、羨ましいです!
      猫との生活でやってみたかったのが、猫が膝に乗って動けなーいってヤツだったのに、ブリ男が膝に乗ってくれたのなんて仔猫のほんの一時期でした…。
      シニアになって丸くなったら乗ってくれると期待しています笑

      朝、猫とベタベタする時間は幸せですよね〜。
      引き続きブリ男のノロケ話も書いていきますので、よろしくお願いいたします!

  3. ネコはずっと見ていても飽きないですよね。
    子にゃんは独特の可愛さですが、大人になり日に日に愛情が増す気がします。
    ところで、りんむさんがお持ちのネスプレッソの購入を検討しているのですが、アース線はどうされてますか。
    私も年末まで30%オフで買えるようなのですがアース線がネックで悩んでます。

    1. さとみんサマ
      猫は飽きないですよね〜。
      毎日眺めている猫なのに、毎日「やだ、なにこの可愛さ…!」と感激しています。

      ネスプレッソのアース線はですね〜…諦めています笑
      電子レンジにアース線の取付口を占拠させていて、付け外しを毎度やるのも現実的ではなく…。
      安全上良くないとは思いますが…。
      コンセントの数だけでなくアース線も配慮して設計変更しなきゃいかんかったか〜とやっと気づきました。

  4. ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう

    ブリさんは、中々の甘えたさんですよね…そりゃデレデレメロメロしちゃうわ

    肩乗り?無い無い(≧m≦)膝乗り?無い無い!
    兎に角、触られたく無い!ブラッシングとコロコロクリーナーは許す!
    爪切りはチュールくれたら我慢したる!
    男の子の癖に本当に姫の様にツンデレ!

    眠かったら静かな誰も居ない部屋で爆睡してるし、たまーに同じ部屋に居ても高い場所で爆睡して
    昼間、誰も居ない家では、伸び伸び寛いでるしね…猫やわ…

    猫らしく、うにゃーと人の近くで鳴いたら…ご飯、はよカリカリ出せよ!
    で、食べたらサッサと消えていく…( ´△`)アァ-
    膝乗りでウトウトするババァになりたいわぁ!
    なれるんやろか?

    1. まだむサマ
      肩乗りというか、背中乗りが当然! という雰囲気になってきて、困っています笑
      ブリさんと違って前屈みの姿勢とか大変なんだぞ…。

      いやー、ブリ男はブリ男でブラッシングもコロコロも嫌い! なタイプなので困っています。ブラッシングを我慢してくれるのは2分間。コロコロをかけると、うにょ~んと逃げていきますからね~。
      耳掃除はちょっと気持ち良さそうなので面白いです笑

      ご家族が多い家庭で暮らしていると、ひとりで寝る時間も欲しいんですかね。
      ブリ男もワタシが土日とも在宅していると、リビングから出てワタシの見えないところでまったりしています。普段散々ひとりなのに、ブリショーは独立心旺盛ですよね。
      歳取ったら膝で甘える猫に変身してくれないかな…と期待していますが…どうでしょうね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です