【ネスプレッソ】クレアティスタ・プラスで本格エスプレッソを自宅で楽しむ!

我が家で使っているネスプレッソのマシンがそろそろ10年になります。

機種は、今は亡きシティズ。
コンパクトなボディとちょいとクラシカルなデザインが好きで購入しました。

それまでコーヒーメーカーなんて使っていなかったから(自宅ではインスタントやドリップコーヒーを飲んでいた)使いこなせるかなーとドキドキしましたが、カプセルをポンと入れるだけのマシンを使いこなすもへったくれもない。
手軽に美味しいエスプレッソを自宅で楽しめるので、今やワタシの生活にネスプレッソはなくてはならない存在になっています。

さて、シティズにはいたく満足していたのですが、心配なこともありました。

何かというと、ワタシが買ってすぐにシティズが消えて、小型マシンといえばエッセンサ・ミニになってしまいました。

これがね、好みじゃないんですよ。

そりゃボディのコンパクトさや低価格なところは非常に素晴らしいと思うのですが、デザインが好きじゃない。
プラスチック部分が増えて安っぽくなっています。ま、安いんだから仕方ないんだけど。
シティズは抽出口の金属部分が可愛らしくてよかったんですよね。

そして、エアロチーノも古いデザインの方が好きです。金属だけのズドンとしたフォルム。
現行タイプだとこれまたプラスチック感が強くて好みじゃありません。

ちょいとお高めのエアロチーノ4は、好きですが。
参考:【ネスプレッソ】カプチーノ好き必見! これがエアロチーノ(ミルク泡立て器)の実力だ!

ではコンパクトボディにこだわらず、ほかのマシンに好みのものがあるかというと、ないんですよね。
ピクシーシリーズはハンドル部分がうるさい。

ラティシマは、デザインは嫌いじゃないけどミルクタンクを洗う手間が発生するのがイヤ。

シティズが壊れたら、次に欲しいマシンがないではないか。
困った困った。と、ここ数年間は心配していたのです。

幸い、普段雑な手入れしかしていないのにシティズは壊れる気配はありません。落とし切れない汚れのせいで貫禄はつきましたが。
なので、もう修理のしようがないくらいに壊れるまでシティズを無理矢理使うかなー…と思っていたんですね。

 

そこに彗星のごとく登場したのがクレアティスタ・プラスです。

ステンレススチールの重厚なボディ!
全自動のミルクスチームノズル!
お手入れも簡単!
素敵! 可愛い! これなら自宅に置きたい!

と、一目惚れしたのですが、いかんせんお値段が可愛くありません。
さすがに衝動買いできず、ネスプレッソの店頭で試飲させてもらいながら唸ってしまいました。

最近はどのメーカーも高価格帯のマシンを出していますね。

10万円超えが当たり前の世界でクレアティスタ・プラスの7万円は、かなりお値打ちですよ!
と、ネスプレッソの店員さんに言われましたが、これまで1万円ちょいのシティズでも満足していた人間には高く感じます。
なので発売以来「欲しい、でも思い切れない」とうじうじ悩み続け、カプセルを買いに行く度に「クレアティスタ・プラス、いいな…」と指を咥えて眺めていました。

 

先日も、ルンゴのカプセルが切れそうだったので買いに行き、試飲用に淹れてくれた店員さん相手に「クレアティスタ・プラスが欲しいんですが、なかなか買えないんですよね」と話しました。

すると店員さんに「今ならアップグレードキャンペーンをやっていますよ」と教えられたワタシ。

えっ、そうなの?
多分ダイレクトメールでお知らせしてもらっていたとは思うのですが、その手の郵便物はあまり見ずにぽいぽい捨ててしまうので気づいていませんでした。
なんと、キャンペーン期間はマシン価格が30パーセントオフ。
えっ、そうなの?!
早速その場で調べてもらったら、何しろ手持ちのマシンが10年選手ですから当然キャンペーンの対象者です。
更には百貨店の優待とも併用できるということで、半額とまではいきませんがかなりの割引になるのが判明しました。しかも今なら増税前です。

えー、それなら買います!

というわけで、クレアティスタ・プラスをお買い上げ。
マシン購入に興奮して、カプセルを買うのを忘れました…。

 

というわけで、やってきましたよ。クレアティスタ・プラス。

あー、いいねえ。

キッチン

カッコいいねえ。

ネスプレッソ

部屋の中に金属的な質感を持ち込むのはイヤなのですが、エスプレッソマシンはなぜか許せる。多分、キッチンにはシンクがあってどうしても金属金属しているから、気にしてもしようがないということだと思います。

マシンに付属したカプセルセット。

ネスプレッソ

いつも同じようなカプセルを買っちゃうから、たまにこういうアソートを入手すると嬉しいですね。

初期設定では、水の硬度を設定します。

ネスプレッソ

えー、細やかだなあ。そりゃ日本とイタリアでは水の硬さが全然違って、お茶の色や味が変わってきちゃうけど。シティズにはこんな機能がなかったので新鮮でした。
付属のリトマス紙みたいな紙で水道水の硬度を計ってマシンに登録するのですが、ウチの水は軟らかい方から数えて1番目か2番目かビミョーなところという、わかりづらい結果でした。

そして湯通し。

ネスプレッソ

マシンがピカピカ過ぎてワタシが写り込んでしまいます。困ったものだ。

クレアティスタ・プラスはダイヤルで好きなコーヒーメニューを選択できます。

ネスプレッソ

ミルクなしではリストレット、エスプレッソ、ルンゴ。
リストレットは、エスプレッソと同じ豆の量を少ないお湯で抽出します。濃いめをちょびっとの飲むのにいい。ルンゴは逆にお湯多め。いわゆるコーヒーカップにちょうどいい量となります。
ミルクで作るメニューとしては、フラット・ホワイト、カフェラテ、カプチーノ、カフェ・マキアート、単にミルクを温めることもできます。
ミルクの温度や泡立てたときの厚みは調整できるので、自分好みのカプチーノを追求なんてことができます。

というわけで、まずはカプチーノから。
マシンにカプセルを入れ、付属のジャグにミルクを入れて準備します。

ネスプレッソ

カプチーノを選択してスタートボタンを押すと、まずはエスプレッソ抽出から始まります。
それが終わるとフォームミルク作りが開始。

ネスプレッソ

いいねいいねー。

ネスプレッソ

ミルクを泡立てる音がブリ男はどうも苦手のようで、渋い顔をします。

猫

ブリさん、そこは焼き猫になるから乗っちゃダメって言っているでしょう…。

ジャグを外してスチームノズルを戻すと、自動的にノズルがプシューッと動いてミルクを飛ばします。

ネスプレッソ

あとはノズルについたミルクを拭き取り、綺麗な水を入れたジャグでノズルを作動させて水洗い。エスプレッソの抽出口は、カプセルを入れずに湯通し。あとは受け皿やタンクを水洗いというのが日頃のお手入れになります。
たまにノズルを分解したり洗浄液を通したりすることも必要ですが、手入れとしては簡単だと思います。本格エスプレッソマシンを使っているコーヒー好きの友人は、粉の始末がとにかく面倒くさいと愚痴っていたので、それに比べれば何てこともない。

コーヒーカップにジャグからフォームミルクを移してラテアート☆

カプチーノ

……のつもりだったけど、何だコレ。

ネスプレッソの動画で見ると、すごく簡単そうなのに。
ラテアートって難しいんですね…。しばらく修行が必要そうだ。

そして、初期設定ではカプチーノ用のミルクの泡立ては全然足りませんでした。もっと厚くてもっちりしたミルクが好み。
とはいえ何杯もカプチーノを飲み続けるわけにもいきませんので、自分好みの設定に辿り着くまでは時間がかかりそうです。

 

というわけで、無事に新しいエスプレッソマシンが来て、毎朝のコーヒータイムが更に楽しくなりました!
美しいラテアートをマスターしたら、また披露します(そんな日が来るかは疑問ですが)。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

8 thoughts on “【ネスプレッソ】クレアティスタ・プラスで本格エスプレッソを自宅で楽しむ!”

  1. レポ待ってました!
    30%オフは大きいですね。
    私も買っちゃおうかな。
    ミルクの方のお手入れも簡単となれば私も欲しくなっちゃいますよ。
    美味しい珈琲にお気に入りの食器‥ますます引きこもりに拍車がかかりますね。
    引きこもり万歳!

    1. さとみんサマ
      ミルクタンクのあるタイプは、タンクやミルク通すパイプも洗わないとえらいこっちゃになるよね〜と敬遠していたのですが、スチームノズルとジャグだけならお手入れのハードルがぐっと下がって買う気になっちゃいました。

      毎朝パラティッシにパン乗せて、新しいマシンでカフェオレ淹れて、と幸せです〜!
      問題は新マシンの音をブリ男が怖がることですね。
      早く慣れてくれるといいのですが…。

  2. りんむじんづ 様

    エスプレッソお好きな方には、
    たまらぬマシーンなのですね!
    私の知り合いも、めちゃくちゃこだわってます(^ー^)

    銀色のボディがキッチンに映えて
    きれいだわ〜〜
    新しい食器も加わって、秋の夜長を
    楽しめちゃいますね★すってき〜〜

    1. サビままサマ
      ワタシは豆の焙煎とかは全然こだわりなくてカプセルを買うだけですから、真のコーヒー好きから見ると噴飯ものだと思われます。
      そういうライトなコーヒー好きを取り込めたんだから、カプセル式のマシンは偉大だな〜と思いました。

      振り返ると、今年のテーマはおうちゴハン・カフェの充実でしたね!
      新マシンから抽出したエスプレッソをパラティッシに入れて、にやにやしています!

  3. りんむ様

    待ってました〜!!
    「えー?そうなんだ??へぇ〜そっかー」
    などと相槌を打ちながら読ませて頂きました。

    30%オフは飛びつきますね。
    美しいフォルムですね。目を惹きますね。

    ラテアート、お店の人達はどれだけ練習してるのかしら、と、思うことがありますよね。
    今後のラテアートの様子も楽しみにしております(^^)

    1. デランさま
      30パーセントオフなら飛びついていいですよね笑
      何かないと買えないなあ…と1年近く待った甲斐がありました。

      ラテアート、こんなに難しいとは…!
      多分ミルクの固さとか調整すればもうちょい何とかなる気はしますが、複雑なイラストを描く人ってすごいんだな…と改めて思いました。
      美しいラテアートを報告できる日が来るかは…笑 精進します…。

  4. (*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪
    おお。増税前なので頑張って引いてくれたんですね〜(^◇^*)/ ワーイ
    それでも、中々しますよね…確かにエスプレッソマシンは、気圧?の加減か高価ですよ!私もピクシー ツーバンドル チタンを買う前に、デロンギとか見たんですがね…高い…高すぎる…
    面倒くさがりな私は、やっぱりお手入れ楽で高くなく…ピクシーに落ち着きました。
    我が家のクリーマーはあの無骨な?カップタイプです〜!まぁ掃除楽ですけどデザイン云々は目を瞑りましょう。

    何となく…見た目は、掃除するパーツが多そうですが、気になるほどでは無いようですね 。ミルクの所の汚れが一番気になる場所です…
    タップリなコーヒーと、硬めのクリームが好きですから自動より手持ちのエアロチーノが良いかな?洗うの簡単だし

    でも潔く良いほど、ピカピカ、ステンのボディーですねーオサレ〜!

    1. まだむサマ
      エアロチーノの泡はフワッフワで美味しいですもんね〜。
      クレアティスタでどこまで固めの泡が出来るか、少しずつ検証します!

      ワタシも手入れしづらいかと思ったのですが、日常的な手入れはさほどだったので買う気になれました。
      ノズルを洗ってジャグを食洗機に放り込むだけなので、本体を手洗いするエアロチーノより簡単かも?
      なのでエアロチーノのときはカプチーノは週末くらいしかやらなかったのに、新マシンでは平日もフォームミルクを作る気になります。

      このピカピカ具合、いいですよね〜。
      顔がハッキリ分かるくらい映り込んでビックリですよ(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です