服の衝動買いとデパート文化・路面店文化

この春は、服を衝動買いしてしまいました。

denim

事の発端は、ベーシックなアイテムの買い替えです。
春夏のベージュのスカートが「さすがに四十女が着るには丈が短いだろう」という雰囲気になってしまったので、渋々買いに行きました。

んで、ついでにトップスをあれこれ見ていたら「春夏の黒や紺のカットソーってないなあ」と思い立ち、店頭のマネキンが着ているのを気に入って買ってしまったのですね。
ここまではいいです。

そしたらそのマネキンが穿いていたストライプのパンツがなかなか可愛くて、衝動的に買ってしまったのでした……。

 

ワタシは、基本的には柄物を着ないと決めています。
柄の色やボリュームの組合せを考えるのが面倒くさいから、柄を投入するのはストールなどの巻き物のみ! と割り切っているんですね。
参考:エルメス・カレ その魅惑の世界
そりゃまあ、多少は柄がないと淋しいので春夏にボーダーニットくらいは着ますが、その程度で満足しています。

それをボトムスに柄物だなんて!
何たる椿事!

思い返すと、派手柄ボトムスを最後に買ったのは十数年前です。そのスカートも数年前に処分してしまい(←10年間も着ていた。シルエットは普通の膝丈セミタイトだったのと、派手柄過ぎてたまにしか着られなかったから傷まなかった)、それ以来は無地ボトムのみの生活でした。

なぜこの春は突然主義主張を曲げたのかというと、去年の春は服をまったく買わなかったから鬱憤が溜まっていたのです……。

去年の春は引っ越しをしていたので、服を増やすなんてとんでもないことだったのですね。
新しい服を買うヒマがあったら1枚でも減らして梱包の手間を減らしたい!
参考:《引越の感想》モノの量と部屋の広さについて
引っ越したら引っ越したで家の中をあれこれ整えるのが楽しくて、服は後回しになっていました。そしたら、ふと気づくともう夏だったんです。

夏物は夏物で要るんだけど、春物とは別物じゃないですか。
ふんわりガーリーなペールトーンの服を見ながら「春っていいわね~ウフフ」という気分を味わいたかったなあ。
参考:[ミニマムワードローブ]春のコーディネートはこれだ!
と1年間悶々としていたので、爽やかなストライプパンツを見てよろめいてしまったのでした。

久しぶりの柄物投入はどうだったかというと、………柄物ボトムスもいいものですね(はぁと)。

何しろトップスの9割は無地ですから、1枚柄物ボトムスを投入したところでコーディネートには困らないわけですよ。
しかもストライプといっても白×黒の地味なトーンなので、上に何を持ってきてもまあまあ合ってしまう。
あれー、柄物ってこんなに使いやすかったかなーと新鮮な気分を味わっている四十の春、てカンジになりました。

 

さて、ワタシはデパートで服を買っています。

服はデパートで買うのが当たり前と思っていたので、大昔に別の地方出身の友人が「アタシは絶対路面店で買う」と言うのを聞いてビックリしました。
名古屋は路面店文化が全然発達していないんですよ。
みんな自動車でパーッと移動して、1カ所に停めておいて、パーッと買い物する。そうするとデパートみたいに何でもある店舗の方が便利です。

路面店で服を買うってどういうこっちゃと長らく謎だったのですが、大人になってあちこちの都市で買い物をしてみたら納得がいきました。
歩道が整備された通りに小さな店がずらずら並んでいると、デパートのフロアを周る程度の労力で買い物ができるんですね。
そしてそういう路面店が発達した街のデパートは、大抵古くて狭くて暗い。こういうデパートで無理やり買い物するくらいなら、素敵な路面店をウロウロする方が楽しいわなあ…と実感しました。

名古屋で素敵な路面店が集中している場所って、どこだ? と考えてみましたが、東京丸の内に匹敵するような街はありません(←そんな街は日本のどこにもない)。
栄はデパートの1階と路面店を上手に組み合わせているけど、最近ティファニーの路面店がなくなってしまった辺り繁盛度合いはお察しってカンジです。
そりゃどうせティファニーを買うならポイントが貯まるデパートで買うわな、とケチな名古屋人の感想。
参考:[ティファニー]アラフォーに相応しいアクセサリーとは

かろうじて星が丘テラスは路面店の集合体っぽい雰囲気だけど、街というか商業施設なのでデパートを横にしたカンジなんですよね。
名古屋駅界隈は最近でこそショッピングビルが増えたけど、古い人間にはまだまだビジネス街の印象が強いです。
大名古屋ビルヂング
JRゲートタワー

デパートにせよ路面店にせよ、無目的にふらふらするのも楽しいものですね。
今回のストライプパンツみたいに思いがけない衝動買いをしてしまって、それが案外良かったりすると、目的がかっちりした買い物ばかりが正義ではないな…と反省しました。

こういう衝動買いができるのも、クローゼットにまだまだ隙間があるという余裕の賜物です。

クローゼット

しかし、ここ数年間、買い替えはしても買い足しはしなかったので「増えた分はどう落とし前をつけてくれよう…」とドキドキしています。
もう一度自分の記事を読み返してクローゼットを見直してみます。
参考:40代オトナ女子のワードローブ 総集編!
参考:[ミニマムワードローブ]服を捨てる基準6カ条

あー、そうそう。
この春は黒のぺたんこバレエシューズも買い替えたので、来月のカードの請求がすごいことになります。恐ろしい恐ろしい。

ピーカブーに比べれば誤差みたいなもんだけどさ……。

【フェンディ・ピーカブー】バッグコレクション増殖!

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です