【auからpovoへ】モバイルデータ通信の設定がおかしくなって、通話できない!?

実に四半世紀に渡って使用し続けたauを脱出し、povo2.0に乗り換えました。
参考:【auからpovoへ】大手通信キャリアメインブランドを脱出して通信費削減へ!

Iphone

乗り換えたといっても同じKDDI内のプラン変更ですし、手続きなんてちょろいと舐めてかかっていました。

結果的に、確かに大した手続きではなかったのですが色々となくはなかったので、今後auからpovoへ乗り換える方へ向けての備忘録です。

サービス開始直後に乗り換えるんじゃなかった

auからpovoへの移管の場合、同じ通信会社内の移動なのでナンバーポータビリティに関する手続きは無用です。
基本的には回線を切り替えて、SIMを変えてと、フツーの機種変更に近い感覚でした。
povo auから変更のお客さま ご利用手続き

ところが、回線切り替え前の移動元への照会に時間がかかるかかる…。

povo2.0のサービス開始の翌日くらいに「月が変わる前にやっちゃおうかな」と迂闊に手を出したワタシがアホでした。
フツーの機種変更くらいの待ち時間で済むかと思ったら、待てど暮らせど「照会中」から画面が遷移しない。
何だこりゃと慌ててTwitterを検索したら、同じようにpovoの手続きが渋滞している人達の阿鼻叫喚に溢れていました。もっと日が経って、手続きする人が減ってからやればよかった…。

回線切り替えにこぎつけたのは、手続き開始から半日後。
しかし夜間は変更手続きに対応してもらえないので、12時間待たされることになります。
朝になってから手続きが再開されましたが、そこから更に数時間かかりました。結局、新しいSIMが有効になって通話テストに辿り着くまで、ほぼ1日費やしたのです…。

やれやれ、店頭で機種変するのは小一時間で済むのになあ。
と、通話テスト用の電話番号に発信してみたら、接続できません。

慌ててWi-Fiを切ってブラウザを開いてみたら、やっぱり接続できない。
えーっ、ワタシ何かやらかした!? と、久しぶりに血の気が引きました。

そこでpovoのアプリからチャットで問合せをしてみたのですが、380人くらい順番待ちしています。自分の順番が回ってくるまで、またまた半日ほど待たされました…。

待っている間ボーッとしているのも何なのでiPhoneをいろいろ見ていたところ、モバイル通信でなぜか主回線と副回線の2回線が設定されていました。
主回線の方に電話番号が表示されていたのでそっちを使えばいいのかと思いきや、主回線では通信ができない。
主回線・副回線共にオンにしていても通信不可。
主回線を切って副回線をオンにすると、通信が可能。
という謎の現象が起こっていました。

eSIMって便利だなーと思っていたけど、こういう謎の動きをされると物理カードの方が単純明快でいいですね。しかも今回eSIMだから手続きが早いってこともなかったし。
今更そんなことを言っても詮無いので、設定画面のスクショや状況をチャットに追記しながらオペレーターに繋がるのを待ち続けました。

やっとこチャットが出来るようになって確認したところ、その状況なら主回線を切って副回線で通信してねという回答。
なぜ主副と設定されてしまったかは謎だけど、繋がるから問題ないよ。今のeSIMの設定のままでOKだよ。ということでした。
えーっ、このままの設定にしておくの!? 気持ち悪い!
この先デュアル回線にしたいときとか機種変更するときとか気になるだろうから、この変な設定は解消したいんだけど!

と重ねて質問したら、よく分かんないから後はAppleのサポートに確認してね! ということでした。
確かに通信は出来るとなったらpovoの領域ではないですが…。

Appleサポートでたらい回し

仕方ないなーとAppleのサポートのチャットを開始したら、即応答があって慌てました。数時間待つのが当たり前の感覚になっていたので、準備が出来ていません。
質問を入力している最中にも「質問は何ですか!?」とフォローされまくって、大急ぎで入力です。

現象を説明して設定のスクショを送信したところ、いくつか追加で確認された後、よく分かんないから電話で訊いてね! と言われました。マジか…。

その場で電話オペレーターの予約を取ってもらい、架電を待っていると、時間通りにAppleから電話です。
チャットで説明した内容を今度は口頭で話すと「エキスパート(だったかな? うろ覚え)に電話を代わります」と言われ、オペレーターの交代がありました。そしてまた現象の説明です。もう説明するの飽きた。

今度はiPhoneを遠隔操作し、オペレーターに実際の画面を確認してもらいました。
途中あれこれ触ってみたりiPhoneを再起動させて電話を繋ぎ直したり、まあまあ時間をかけたもののモバイル通信の妙な設定は残ったままです。
そんで言われたのが、今回SIMを物理カードからeSIMに切り替えて、iPhoneに物理カードを残したままにしているから、それが干渉しているのではとのこと。
試しにSIMカードを抜いてくださいと言われたので、iPhoneの箱からピンを取り出してトレイの穴に刺したところ、ピンが刺さりません。
少し力が要りますよー、と言われてグッと刺そうと試みたところ、ピンが曲がりました……。えええええええ。

今のiPhoneを買ったときにauショップでSIMカードを入れるのもやってもらっていたので、まさか自分のiPhoneがSIMトレイにクセがある子とはつゆ知らず。

トレイが開けられません。 → そうですかー。でもSIMカードを抜いてもらわないと。 → ピンが曲がって、クリップもダメで、開けられないんです。 → そうですかー。SIMカードを抜いてみないことには何ともー。
とオペレーターとのやり取りがぐるぐるループし始め、イライラしつつ話しながらiPadで「iPhone SIM 開けられない」とか何とかで検索してみたら、Appleのサイトに「SIMトレイが開かない場合は無理せずAppleストアに持ち込んでね☆」みたいな記載があります。
Apple iPhoneのSIM カードを取り出す/差し替える

ワタシでは開けられないからAppleストアの予約を取りたい、とオペレーターに伝えたところ「ストアだと修理という扱いですし、SIMトレイを開くだけって対応はちょっと…、ご家族や周りの方にお願いすることはできませんか?」と何故かやんわり拒否。
Appleのサイトにストアで対応するって書いてあるんだから、いいから予約を入れろー! と、イライラがピークに達しました。
オペレーターにもイライラが通じたようで、慌てて「ではお近くのストアを探しますねっ」と態度を変えました…。
検索していただかなくても最寄りは名古屋栄とわかってますよ…。田舎にはいくつもストアはないんですよ…。

ということで、時間をかけた割にはAppleストアのジーニアスバーの予約を取っただけ、という結果に終わったのです。

1年半ぶりのAppleストア

数日間モバイル通信の設定が妙なままiPhoneを使ってみたところ、povoのオペレーターが言うように問題なく使えました。

こうなると「そのままでもいいか…」と面倒くさがりな考えが浮かんできますが、SIMトレイが開けないと今後困ることがあるかもしれない、勢いのある内に行っておかないとそのままになってしまう、ってことで予約した通りにストアに行きました。

Appleストアに行くのは久しぶりです。AirPodsを買おうかな~とフラリと寄ったのが、コロナ騒動が起きる直前。
参考:AirPods Proのノイズキャンセリングがスゴい! 街の喧騒から開放!

その後休業になってしまい、営業再開してからは予約がないと店内に入ることすらできません。大した用事もなく「最新機種をちょっと触ってみたい☆」的に気軽に行けない店になってしまい、足が遠のいていました。

予約時間の少し前に行って、スタッフにジーニアスバーの予約のQRコードをAppleWatchで見せました。
Appleのスタッフ、「AppleWatch便利ですよね!」と大盛り上がりです。それだけ喜んでもらえると、使っている甲斐もあるってもんですよ。
参考:エルメスの時計が欲しくてApple Watchを買ったら、想像以上に便利だった!

店内でも少し待たされてからテーブルに案内されました。
ここでもう一度現象を簡単に説明し「ということでSIMトレイを開けてほしいのです」とワタシが言い終わらない内に、応対してくれたスタッフが「ふんふん、なるほどー」と言いながらあっさりSIMトレイを開けてくれました。
えっ、ワタシがピンを曲げちゃったのは何だったの…。

SIMカードを抜いてモバイル通信の設定を見てみたら、主副2回線の設定がなくなって主回線のKDDIのみになっていました。通信も無事可能。
電話オペレーターの言う通り、物理SIMカードが変な風に干渉していたみたいです。

それならpovoの手続きページに「物理カードは引っこ抜いた方がいいよ」と記載してほしかったな。ワタシが見落としたのかもしれないけど。
そして自力でSIMトレイを開けられたらさっさと解消できたのに…。不器用にも程がある……。

というわけで、数日に渡ったauからpovoへの移行がようやく完了したのでした。

 

余談ですが。

AppleストアのスタッフにワタシのiPhoneを渡したとき、待ち受け画面のブリ男の写真を見て「ブリちゃんですね!」と言われました。

「猫可愛いね!」と言われることは多々あれど、「ブリショーじゃん!」と言われたのは初めてです。
さてはアナタもブリ飼いだな!? と確認したら、案の定ブリ飼い仲間でした。
iPhoneの問題はあっさり解決したので、ストアの滞在時間の半分はブリ話で盛り上がりましたよ。何しに行ったんだろう。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

10 thoughts on “【auからpovoへ】モバイルデータ通信の設定がおかしくなって、通話できない!?”

  1. 変更手続き、大変お疲れ様でした。
    私も数年前にau→MVNOへ変更した際に、どえらい面倒臭い手続きをしたので、もうやりたくない…と思ってしまいました。今の悩みですが、同じ会社で機種変をする時の手順を読むだけでげんなりし機種変が後回しになっています。(SIMの種類か変わるとかで別途手続きが必要なようです)
    でも月々の通信費がグンと減るのは大きいですよね!

    1. うなたサマ
      同じ通信会社内でのプラン変更も腰が重かったのに、これで更に面倒な手続きとかできる気がしません…。
      機種変の手続きも面倒ってのは厄介ですね。端末をコロコロ変える抑制にはなるかも…?
      通信費はグンと減りそうですね! まだデータ容量に制限があるのに慣れなくて、そわそわしながら使っちゃうのが難点です。

  2. auの物理SIMからpovo 2.0のeSIMに変更したのなら、古いauのSIMは使用できなくなっているので抜く必要があるのは当たり前なのですが、おっしゃるとおり、初めての人向けに説明があっても良いとは思いました。

    1. しゅ~いサマ
      死んだ物理SIMは放っといても干渉しないと思っていたのが浅はかでした…。
      おとなしく物理SIMカードを取り寄せればよかったのですが、トレイが抜けないとなるといずれにしてもモタモタしましたね…。今後物理SIMを使う機会が生じたときのことを考えると頭が痛いです。

  3. 自分の不注意や確認不足を他人のせいにしてしまういい例ですね。やっぱりオンライン専用プランは頭の悪い人には難しいようです。

    1. 中村サマ
      そうですね。頭の悪い人向きではないですね。

  4. お疲れ様でした。

    何をしに行ったのか??
    もちろん、ブリ男様の写真を見せるためですよー!最近どこでも、猫話にしてしまう私です。

    うちはdocomoからahamoにしたので比較的簡単ではありましたが、成人してる娘は名義変更しないとダメでそれが一度では済まず、面倒でした。でも変更してなんの変化も感じないほど快適なのでかえてよかった!とおもってます。
    周りの友達をの話を聞いててもすんなり移行できた人は少ないので、このブログがとーっても役に立つ人がたくさんいると思いますよ。
    (⌒▽⌒)

    1. るーこサマ
      いやー、まさかAppleストアでブリ話が盛り上がると思わなかったので、忙しそうなスタッフさんには申し訳なかったけれど楽しかったです笑
      ブリ男と違って食の細い小柄な子だとかで、ウチの旺盛過ぎる食欲を分けてあげたいと思いました…。

      未成年→成年の手続きが面倒そうで、未成年の内はケータイには手を出さず、親に名義を借りてポケベルを使ってました!
      あれから四半世紀が経ちますが、やっぱり面倒なんですね。名義変更は何度もあることではないでしょうけど…。
      長年面倒くさがって乗り換えを後回しにしていましたけど、何とか終えてホッとしてます。仕事の環境が激変するとかない限りは今のまま様子を見ようかな〜と思っています!

  5. it系のお仕事されていたら、蹟かなかったポイントかもしれないですね。。。
    世の中そういう人ばかりではないので、サポートのヘルプを使うの推奨ですよー、ついでにブリ友もできてwinーwin
    it勤めが長い私もsimカード交換は苦手w

    1. yukiサマ
      無効になった物理SIMは、放っといても何も悪さしないと思ってました…。まさか主回線に居座るとは。
      そしてSIMカードの入替にこれだけモタつくのがショックでした。曲がったピンをどうしてくれよう笑
      分かってみれば単純なことなのに、あちこちたらい回しにされたのもなかなかショックでしたね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です