ルイ・ヴィトンってやっぱりいいよね!

しばらくの間、最近のルイ・ヴィトンはダメだと思って、あまりヴィトンの店頭に寄りつかない日々が続いていました。

海外旅行中に店を見つけたら「一応見とくか」と入ってザーッと回るけど「最近のヴィトンはやっぱりイマイチだなあ…」とテンション上がらずそのまま店を出る、という状態だったのです。
一時期はパリに行く度にバッグを買い足していたのに。

それが2019年にモノグラム・ジャイアントが出て久々に胸が高鳴りました。
ハートを射抜かれたスピーディは残念ながら入手できず、財布で気持ちを宥めています。

ルイ・ヴィトン
参考:【ルイ・ヴィトン】モノグラム・ジャイアントのジッピー・ウォレットで春財布!

先日、友人に付き合ってふらりとヴィトンに寄ってみたら、またしてもときめくモノと出会ってしまいました。

「出会ってしまいました」ってのもおかしいな。
それの存在は前から知っていて、雑誌で見ても街で見かけてもさほどときめかなかったのです。

それはオンザゴーの、これまたモノグラム・ジャイアント。

ヴィトン

オンザゴーはA4ファイルが入るからビジネスシーンにピッタリ☆
的なカンジで雑誌に載るけど、実際はあんなにブランド感満載のバッグはビジネスには使えません。
かといってプライベートに使うにはカッチリし過ぎているし、使いどころがわからんな…とあまり興味が湧かなかったんですね。

ところが、実際に手に持ってみると、これがめちゃくちゃ可愛かったんですよ!!

まずサイズ感がいい。
ワタシは背が高いので大き目のバッグを持っても違和感ないという特権があります。
オンザゴーはデカい人間が持ってると迫力出るよね~という大きさで、なかなかいいです。
そこにでっかいモノグラムがドドーンと来るわけですから「か、可愛い」となったのです。

そして、ベージュとブラウンのツートンカラーがまた可愛い。
ブラウンの見慣れたモノグラムと明るいベージュのモノグラムでは印象もだいぶ違って、バッグの向きをくるっくる変えて楽しんでしまいました。
ハンドル部分もツートンカラーで、しかもここにもモノグラムが入っています。可愛い。

さらにロングストラップが便利そうでした。
肩にかけて小脇に抱えると思った以上に納まりがよく、カジュアルに使うにもイケそうです。
ハンドストラップはペタンと折り畳めて機能的。

えー、いいじゃん。えー、いいじゃんいいじゃん!
と、久しぶりにウキウキしたのでした。

欲しかったスピーディはシーズナルアイテムでもう出ないというし、それなら別のバッグを買っちゃうという手もありかな。
なんて考えましたが、値段を教えてもらって断念しました。衝動買いはできない価格ですね。初売りで買ったコートの支払いもまだ終わっていないのに…。

 

もうひとつ、ときめいたバッグがありました。

それはネオノエのエピ。

エピのノエは昔使っていました。
カラーはイエロー。中の張地がパープルで、すごく可愛かったんですよ。空き巣に盗られたけど…。
参考:空き巣のバカヤロウ!

しばらくエピは勢いがなくなってあまり見なくなりましたが、最近また出てきましたね。
とはいえ20年前の目の覚めるようなブルーやレッドは見かけず、新しいエピを見る度に「あのイエローのノエ、可愛かったのにな…」と空き巣への恨みを募らせていました。

そんなわけでネオノエはあまり真面目に見ていなかったのだけど、ショウウィンドウにあったネオノエが、本体がブラック・ストラップがブルーやレッドやイエローとカラフルで、なんともエピらしいキュートさに溢れていたのです。
サイズはプチ・ノエよりも少し小振りで、ポシェットみたいなカンジでした。

驚いたのが、ネオノエはストラップが取り外せるように進化していたこと。
昔のノエはストラップが固定されていたから、ほかのカラーのストラップに付け替えて遊ぶだなんてことは思いもよらなかったんですよ。

いやー、いいわあコレ。いいよいいよコレ!
とウッキウキだったのですが、これまたお値段は可愛くなかったので買えませんでした。
昔はでっかいノエも今のナノ・ノエより安く買えたんだけどな…。ま、ユーロがなかった頃の大昔の話だけど…。

 

ついでに、店頭にヴィトンの今までのポスターなどを集めた写真集があったので見てきました。
時系列にまとめて見ると、ワタシの中でヴィトンラブだった20年前頃の写真が懐かしいものばかりで楽しかったです。
マルチカラーのモノグラムは今見てもいいよね。
ホワイトのダミエが出たときはインパクトあったな。
と、若い頃のときめきが甦ってワクワクしました。

と同時に、ワタシが生まれた頃、70年代の写真を今見ても素敵だと思えることに衝撃。
その頃はスピーディなどモノグラムのド定番が主流。ワタシが若い頃「ママのお下がりヴィトン☆」みたいなカンジでド定番のモノグラムをよく見ていましたから、懐かしさもあります。

更に50年代のオシャレなことオシャレなこと…。
バッグではなく大型のトランクをポーターに運ばせる、あのスタイルですよ。ヴィトンは小粋なスーツを着こなしたパリのマダムの旅のためのブランドというカンジで、今見ても「こんな風に旅がしたいわあ」と憧れる写真ばかりでした。いい目の保養だった…。

よくよく考えると今もモノグラムだのエピだの昔ながらのヴィトンが好きで、50~70年代の香りを感じ取れるアイテムにキュンと来るようです。若い頃の好みって、そんなに変わらないものですね。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

8 thoughts on “ルイ・ヴィトンってやっぱりいいよね!”

  1. ヴィトン…最近はコラボ物とか色々出てましたけど。オバチャンは昔ながらのモノグラム、エピ、ダミエ、マルチカラーが好きです。
    高校の頃ニュートラが流行りブランドブームが来たのでね…お金も無いので偽物買って…(≧m≦)
    お金を貯めて初めて買ったのがヴィトンのバック。今思えばお子ちゃまに似合わん…。もちろん、モノグラムですよ!
    その後、色々買いました。

    でも半分は廃棄…
    幾らヴィトンでも箪笥の肥やしにしてると加水分解でボロボロになったんですよ。高価な物でも使わないとダメですね。その点布製品のグッチ、フレンディーは大丈夫です。

    ジャイアント…デカすぎる笑笑
    オンザコーですか?サイズは好きですね。なんせ荷物持ちなので大きいバック好きですから。

    あ…持ってるヴィトンのお手入れします。
    加水分解で死なせるには高すぎる。

    1. まだむサマ
      ワタシもヴィトンの好みに関してはすっかりおばちゃんなので、昔ながらのデザインが好きです。
      今思うと学生時代に頑張って買ったな〜というカンジですが、あの頃はそれが楽しかったんですよね。

      ジャイアントモノグラム、デカくて面白いですよ!
      最初は何じゃこりゃって思いましたが見ているとクセになります。
      とりあえず財布で気持ちを慰めてますが、やっぱりバッグの方が面積デカくて迫力倍増で可愛い…とオンザゴーを持って思いました。

      ヴィトン、お手入れしてないです…。
      お店の人によると、モノグラムの部分は薄めた中性洗剤で拭けばいいんですって。頑丈で助かります…。

  2. こんにちは!
    りんむさんの記事を読んで「わっ!素敵!!」と思ったものの
    価格に撃沈・・・(笑)

    私の住んでいる地区も緊急事態宣言発令中ゆえ、何でしょうね、おしゃれをしていく所も気力も減少という非常にまずい状態です。
    景気づけに高額な商品を買って自分でテンション上げていかないといけないお年頃なのはわかっているものの(りんむさんと同年代ですが・・・)このご時世、おいそれとはいかないのが悩ましい限りです。

    1. CIELサマ
      撃沈価格ですよね〜…。
      昔のヴィトンはそれなりに衝動買いできる価格帯もあったのに、今は全体的に高いです。それで余計に行かなくなったかも笑

      確かに今は買ってもお出掛けする機会がないからモチベーション上がりませんね。
      コートも着る機会ないし…と考えたのですが、これを逃すと後悔する!という気持ちが強くてやらかしました。
      数年後には冬のお出掛けも楽しめるようになっているといいですね。

  3. こんにちは。
    大物バッグを物色中にヒットしたオンザゴーです!!
    ビジネスには無理~という感想も完全に同意ですw
    ジャイアントで鞄となると威圧感あるのかなと思いつつ、やっぱりかわいいですよね。
    163センチの当方、小柄ではないのですがシュっとしていないのでジャイアントの可愛さが半減しそうで我ながらせつないところです。
    背の高い方がシンプルな服装にジャイアントって最高の組み合わせだと思います。

    購入候補、対抗の本命はピーカブーです!(高すぎる!!)
    他はベルモント、意表をついてロエベのバルーンもいいかな~なんて思ってます。(アマソナは前のデザイナー時代でサイズ違いで2個買ってしまいました)
    ・・・これまたノエの後追い的な感じですね。。汗
    自立するタイプがよくてあれこれネットサーフィンしています。
    買うまでが一番楽しいタイプです。

    りんむさんのブログを読んで「次のコートは絶対マックスマーラ!!」と決意して年始のセールで新調し、次は友の会が満期になったから大物バッグを・・・なんていろいろ調べだしていきついたのがピーカブー・・・
    ストーカーみたいですみません笑
    バッグっていいですよねぇ・・・(恍惚)

    1. 桃サマ
      ピーカブー、いいですよね!
      小さいのを持ってますがお出掛けハンドバッグというカンジなので、普段使いに大きいモノも欲しいと思っています。
      が、高くて買えません!!
      いつかローマで…と思っていたらいつローマに行けるかわかんなくなって、いっそ日本で素材とカラーをオーダーするか?!と無茶なことを考えてます笑
      実行するかどうかはコートの支払を終えてから考えます…。

      アマソナは前のデザインの方が良かったですよね〜…。
      こっちもサイズ違いで買い足すつもりが今のは食指が動かず、どうして買っておかなかったのかと後悔してます…。
      欲しいと思ったときが買い時…。

      マックスマーラのコートがピーカブーに変身とはなかなかな転進ですが、欲しいと思ったということはご縁があるということで!
      いいモノと巡り会えるようお祈りしています!

      1. お持ちのピーカブーはミニですかね?
        今使ってる長財布(これまた前のアマソナ・・・またかよ)が好きすぎて二つ折りやミニ財布に変えられないのでレギュラー一択なのですがミニも本当に品があってかわいかったです!
        同じく海外で・・と思っていても何年先かわからないし、その時間と金額差を考えるともう日本で少しカスタムできればいいかなと思ってます。タイムイズマネー。
        皆さんきっと同じこと考えますよね笑

        ノエやバルーンの軽やかさもよかったのですが、やはり年齢的に重厚感があるものも一つ欲しいと思ってやっぱりピーカブーになりそうです。
        コートはすでに購入してしまったんです☆てへ☆
        大人なコートに合わせるピーカブーのかわいいことかわいいこと・・・
        夏の軽装の時が怖いです。
        だいぶカジュアルなのにカーフレザーのピーカブーは果たしてどんな化学反応を起こすのやら・・・

        欲しいと思った時が買い時!真理ですね!
        アウトレットにも出ないようなので欲しい色を見つけたら安心して決断できるように心の準備をしておきます!

        りんむさんもぜひ・・・笑

        1. 桃サマ
          コートご購入済でしたか!
          まだまだコートの季節ですから、たま~のお出掛けにテンション上がるってのも大事ですよね。
          素敵なコートとピーカブーの組合せが可愛いっていうの、ものすごく共感できます!

          夏の間はワタシもほとんどピーカブーはお留守番ですね…。ゴハンだけとかコンサートとか無茶な使い方しないと分かっている用事のときだけです。
          雨が降りそうな日はもちろん使えないですし…。付属のレインカバーを使ってみたい気もしますが笑
          その点ヴィトンのモノグラムとかは雨だろうが雪だろうが遠慮なくガツガツ使えるので日常バッグとして優秀なんですけど、ピーカブーも欲しいんですよねえ。

          タイムイズマネー! まさに!
          オーダーするにしても既製品にしても「これ!」と思ったときにガブッといけるよう、心とお金の用意は怠らないようにします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です