【カイ・ボイスン】シンプルなカトラリーだから使いやすい、というわけでもない【柳宗理】

今年は食器についてあれこれ書いてきましたが。
参考:【アラビア】パラティッシをほぼ全種類揃えて分かった使い勝手

そういえば、カトラリーについては記事にしていませんでした。

カトラリー

ワタシが使っているカトラリーは、柳宗理カイ・ボイスンのグランプリです。

この布陣になったのは、今のマンションに引っ越してから。
参考:マンション、買い替えちゃう!?

旧居ではどうしていたからというと、お察しの通りいい加減なものでした。食器と一緒に無印良品で買ったモノと、あとは友人の結婚式の引き出物のカタログギフトで貰ったモノ。
そのうち素敵なカトラリーを買えばいいや〜と10年過ごしたわけですね。

買い替えるきっかけとなったのは、新居に引っ越す際に友人が「引越祝いで何か贈るよ」と言ってくれたことです。
2軒目でお祝いを貰うなんて、再婚でご祝儀を頂くようなものだわ。と辞退したのですが、1軒目のマンションを購入したときはまだ知り合っていなかった仲なので「初婚のつもりでおねだりしていいよ!」とのこと。それではとお言葉に甘えて、シンプルなカトラリーが欲しいとお願いしたのです。
それで柳宗理がウチにやってきたという次第。

んで、柳宗理を使ってみるとテキトーに選んだ上に傷だらけになった手持ちのカトラリーが気になり、古いモノは処分してカイ・ボイスンを買い足したわけです。

なぜ柳宗理をそのまま買い足さなかったかというと、柳宗理も万能ではないからです。

使い勝手はいいのですよ。大きさも重さも日本人向けでストレスがないし、マットな仕上げは傷が目立たず、とても気に入っています。
中でもテーブルスプーンやデザートスプーンはとても好み。丸みのあるフォルムが口の中で馴染み、スープやアイスを口にする度に幸せを感じます。

が、ちょいと困ったのはテーブルナイフです。
なぜか柳宗理のナイフのデザインってゴツいんですよ。

カトラリー

上がカイ・ボイスン。下が柳宗理です。
カイ・ボイスンのディナーナイフもまあまあのサイズなのに、それを凌駕する柳宗理の存在感。
柳宗理のナイフは肉の塊をゴリゴリ切るにはちょうどいいのですが、目玉焼きやホットケーキをカットするにはトゥーマッチです。

それならデザートナイフをリクエストすればよかったのですが、何しろワタシ、旧居ではナイフなるものを持っていなかったのです…!
ナイフが必要な場面ではどうしていたかというと、肉の塊なんかは予め包丁でざくざく切っていました。目玉焼きなんかはフォークで無理矢理切り分けです。
なのでどの程度のナイフが自分の生活にちょうどいいか、よくわかっていなかったのです。

あと、柳宗理はフォークの形状も独特です。

カトラリー

先割れスプーンとまではいきませんが、刃?の部分が短いんですよね。
普通にざくざく何かを刺して食べるには使いやすいんだけど、パスタをね、スパゲッティやカッペリーニをぐるぐる巻いて食べるにはちょっと不便なのです。

というわけで、柳宗理を買い足さず、別のシリーズに手を出してみることにしたのでした。

 

しかし、自分でカトラリーをじっくり選ぶというのを初めてやったのですが、案外選びにくいものですね。

皿やカップは実物を見たり持ったりすればなんとなく使い勝手が想像できるけど、カトラリーは口に入れないと決められない。
レストランで「これはいい」と思える口当たりのモノに出会っても、手入れの面倒なシルバーだったりして参考にならない。
せいぜい、店頭で気に入ったデザインのカトラリーを手にしてみて、手に馴染むか、重さは適当か、それくらいしか判断材料がありません。

しかも、カトラリー類って店頭でもあまり揃っていないというハードルがあります。
大いなる田舎・名古屋だと、デパートに行ってもクチポールとノリタケとあと少々しかありませんよ、みたいな状態だったりします。
えっ、百貨店なんだからクリストフルくらい揃えておきなさいよ。買わないけど。

あと揃っているのは、ビレロイ&ボッホくらいですかね。
ビレロイ&ボッホもシリーズによっては好きなのですが、ちょいとクセがあるのと若干重いのが難点。

その点、カイ・ボイスンは外連味のないシンプルなデザインが好ましいです。
ミラー仕上げがあるのもいい。なぜかずっとマット加工のカトラリーばかり使っていて、そればかりだと飽きるのです(ただしミラーは写り込みがヒドいのでブログ向きではない)。

カイ・ボイスンの使い勝手はどうかというと、なかなかいいです。

カトラリー

海外のデザインだとディナーは大き過ぎて使いづらいかと心配しましたが、意外と小振りで軽いです。
が、ディナースプーンはデカい。全体のサイズはいいんだけど、口に入れる部分がデカ過ぎます。
口のサイズ的にはデザートスプーンがいいんだろうけど、そうするとディナーナイフやディナースプーンとのバランスがおかしくなるんですよね。かといってランチナイフを買い足すほどのことでもなく、デカいなーと思いながら使っています。

 

というわけで、スプーンは柳宗理がメイン、ナイフはカイ・ボイスンがメインという使い方になりました。
ホントはひとつのブランドでカトラリー類をざーっと揃えるというのに憧れますが、ひとり暮らしではざーっと揃っている必要もなく、使うモノだけ買って落ち着いています。

カトラリーは長年迷走していましたが、箸に関しては京都の市原平兵衞商店と決めています。
ここの極細の箸はとても使いやすくて、箸使いが下手なワタシでも上手に食べられるという非常に優れたアイテム。
何年か一度、京都に行ったときに市原平兵衞商店へ寄って買うというのが習慣化しています。

カトラリーも箸と同様「このメーカーこそ!」という自分の定番があれば悩むこともないのですが、何しろ箸と違ってアイテム数が多いし、箸ほど使用頻度が高くないから思い入れも少ないし、なかなか「これぞ」というモノを見つけるのは難しいものですね。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

6 thoughts on “【カイ・ボイスン】シンプルなカトラリーだから使いやすい、というわけでもない【柳宗理】”

  1. こんにちは。
    カトラリーは手の大きさや食生活で使い勝手が大きく変わりますよね〜。
    私も最近まではDHCが輸入した(らしい)カトラリーを使っていましたが、持ち手の汚れが気になり始めたので買い換えました。
    今回導入したのが、クチポールです。
    最初はもの凄く軽くて「本当にこれがステンレス?」って疑っていましたが、それより何より、こんな細い持ち手が全く滑らず、手に馴染むのです。ディナーナイフはこんな小さくて細いのに、まるで手術室のメスのような切れ味!(って、メスで切ったことないですが)フォークは程よい幅があってパスタが絡みやすく、ポルトガル製なかなか侮れないぞと驚いています。

    1. カゴメのかーちゃんサマ
      カトラリー、難しいですよね〜。
      皿なら好き!で選んでいいけど、口に入れる物はしっくりくるかどうかってのがありますし。
      なのでレストランでこれは!と思った物を買おうと決めて選び始めたのですが、いい物は悉くシルバーで、挫折しました笑

      クチポールは、ワタシはあの細過ぎるハンドルがどうにも合いませんでした…。
      ナイフ、切れ味いいんですね! 可愛い見た目でやりますね〜。
      クチポールが合えば色がいろいろあって揃えるのが楽しそうだったのに、残念です…。

  2. (*゚ー゚)vオハヨ♪

    カトラリーは、難しい…お箸はまぁ何でも使えるけど、カトラリーは合う、合わないがあって安物でも合えばそればかり使ってしまいます!
    クチポール!人気ありますね!オサレな料理にはクチポール!
    欲しいかも…と思うのですが、あの華奢なバンドル?あれが私のゴッイ手に合うのか?イマイチ不安

    無印のカトラリーは平べったくてイマイチ…好みは、重みがあってバンドルには装飾されてないシンプルな物…
    家では中々ナイフまで使わないので…フォークをアレコレ試し買いしてるんですが、中々合うものが無いんですよ…

    1. まだむサマ
      ワタシは身長の割には手は小さいのですが、それでもクチポールの華奢なハンドルはちょっと…てカンジでした。
      見た目はオシャレで可愛いんですけどねえ。
      同じく、ある程度重さがあって装飾性のないカトラリーが好きです。安物だと軽いから使いづらいんですよね。

      箸はね~…削れたり剥げたり折れたりすることもあるけれど、フォークが折れるとかまずないですもんね。
      買い替えのタイミングが分からず、同じ物を延々と使い続ける羽目になるという…。

  3. 初めまして。ファッション系の投稿から入り、数年ブログを楽しく読ませていただいています。

    カトラリー難しいですよね。
    私も手が小さいのですが、愛用はクリストフルのoriginで、これ、超オススメです。
    持ちやすくてデザイン的に嫌なところがないのです。

    それに、ちゃんと用途ごとにあるんです!
    同じデザインで、パスタ用のフォークとスプーンとステーキ用ナイフ と、朝食にピッタリのフォーク、ナイフとスープ用スプーン、それからアイスクリームにピッタリのスプーンと使っています。
    使いやすくてオススメです。
    次回揃える際にはご検討ください。(^^)

    1. くーサマ
      はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      クリストフルは種類が多くて、すべて手に取るところから始めなきゃいけなくて、なかなか選べませんでした。
      オリジンいいんですね!
      取っ掛かりがあれば探しやすそうです。次にカトラリーを買うときに参考にさせていただきます!

      アイスクリームにぴったりのスプーン、いいですねえ。
      クリストフルを買う頃には素敵なカトラリーに合う料理を作るようになっていればいいのですが、ないかな〜笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です