「あつまれ どうぶつの森」がシンプルライフと乖離してきた件。

今年のゴールデンウイークは「あつまれ どうぶつの森」で島を更地にし、イチから開拓し直そうかな。

とか思っていましたが、初めて見る新緑と飛び交うカラフルな蝶に圧倒され、あちこちウロウロするだけで終わってしまいました。

どうぶつの森
マリンスーツを着たまま昆虫採集をする、欲深なオンナ。

そして、ゴールデンウイークが終わる頃に、ようやく「虫を採っても大して儲からん」ということに気づきました…。

 

豪快に崖を崩したり川を埋めたりという土木工事はあんまりやってないけれど、住民の入れ替えや住宅の移転などちまちました動きはあります。

冬の終わりに引っ越してきたアリクイが、早々に島を出て行ってしまいました。

どうぶつの森

和風建築な住宅に合わせて、露天風呂エリアを潰して贅沢な庭付き一戸建てにしてやったのに。

どうぶつの森
左がアリクイ、右が烏骨鶏の家。

代わりにやってきたのがホワイトタイガー。

どうぶつの森

よく考えたら、ウチの島にはアイドル志望のトラ子が既にいるんだからトラ被りになっちゃうのに。
でも「ネコ科いいねー」と勧誘しちゃいました。

和風で固めたアリクイの家の跡地に引っ越してきたので、ホワイトタイガーの家は周辺の雰囲気から浮いています。

どうぶつの森

そして、ピンクのモーモーちゃんもお引越し。

どうぶつの森

「あらあら、ウフフ」という雰囲気の可愛い女子なのに、ときどきサクッと毒を吐くところとか気に入っていたのになー。
ふたりだけの挨拶を決めて「これでますます仲良しに!」という矢先に出ていきます宣言をされてズッコケました。

モーモーちゃんの後に来たのがアヒル口の姉さん。

どうぶつの森

下まつげに惚れました。

しかし、この生活できるとは思えない部屋は何なんだ。
姉さんも「そのポップコーンマシン、素敵でしょ。ちゃんと使っているのよ。……たまにだけど」と言っていました。

姉さんちはちょっとエレガントな雰囲気です。

どうぶつの森
引越当日が雨。雨女?

これはちょっと可愛い庭を造ってあげたい!(はあと)
と、先述のホワイトタイガーの「庭と家が合ってない問題」も相まって、住民達の家をちょこちょこ移設させました。

温泉施設→アリクイ→ホワイトタイガーと変遷した土地には、気障な烏骨鶏の家を。

どうぶつの森

庭がかなり広いので、干物を干させてもらってます(雨の日もこのまま)。

どうぶつの森

烏骨鶏の家の跡地はカボチャ畑に変貌。

どうぶつの森

ホワイトタイガーの住宅は北の高台に、美人な馬の家と並べました。

どうぶつの森

狙ったつもりはなかったけれど、白系の家が揃って可愛いことに。

アヒル口の姉さんの家は、商業施設奥のダイナーカフェを潰して宅地を造りました。

どうぶつの森

移転作業も庭の造成も終わってやれやれ…と思っていたところに、アヒル口の姉さんが早速「この島から出て行こうかしら」とか言い出しやがりました。
住宅と周辺の雰囲気を合わせようとすると割と手間だと今回思い知ったので「えー、今それを言う!?」と引き留めてしまいました。
頻繁に住民の入れ替えをやっていくつもりなら、住宅の外観を無視した無機質な住宅地を造る方が気楽なのかな。

 

ついでに放置しっぱなしだったコーヒーカップとオモチャの屋台を整備。

どうぶつの森

デカいパンダとクマが屋台を経営している体です。

屋台の裏にはグリーンショップ。

どうぶつの森

ダイナーカフェは、高台の隠れ家的プールに併設してリニューアルオープン。

どうぶつの森

写真の奥で美人の馬がモヤモヤしているから「何事」と駆けつけたら、ニット帽かなんかを余分に買っちゃったから貰ってくれという話でした。そんなことでモヤモヤせんでくれ。

と、こんなカンジの島になっています。

 

ワタシの家はどうなっているかというと、1階はリビングと3部屋、2階も増設というところまで来ました。

別に2階とか要らないんですけど、持ち物を収納しておくスペースが足らなくなったんですよね!

収納スペースを圧迫し始めて、初めのうちは「冬服をとりあえず売り払うか」「使わなさそうな家具は住民にあげちゃうか」と持ち物を減らす努力をしていたんですけど、非売品は手放しにくいな…とかやっているとじわじわと持ち物が増える一方です。
特に季節物の家具は「来年は余裕を持って飾りたいからなー」とか考えると、売ることができずに保存しちゃう。

どうぶつの森

どうぶつの森
花見とイースターで浮かれた日。
どうぶつの森
なぜかサリー着用。

そんなことしていたら収納スペースが見事にパンクして、狸親父に渋々と増築の依頼をすることになりました。
インテリア自体は酷いものですから、部屋が増えずに収納スペースだけ拡張してくれればいいんだけどな…。

どうぶつの森
かつての子ども部屋を書斎に使っている、というコンセプト。

思い返すと、「どうぶつの森」を始めた初期は服もモノも足らず、早くいろいろ揃えて素敵な暮らし風にしたい、なんてことを考えていました。

どうぶつの森
服は雪が降るまで着の身着のままでした。

壁紙を買うにも「結構なお値段がするのね…。オシャレな壁じゃなくても死にゃしないからなあ」と散々悩んだものです(そもそも死ぬようなゲームではない)。

どうぶつの森

今は壁紙くらいポンポンと買えるくらいの財力がつきました。
が、小物ひとつ買うにもうんうん悩んでいた頃の方がスッキリはしていましたね。
数百ある持ち物の中から適切なモノを取り出して配置するって神経衰弱的なカンジで、記憶力の衰えてきたババアにはなかなかキツいのですよ。

では一旦リセットしてイチからゲームを再開したいかというと、また土木工事が出来るようになるまでの道のりを考えると今はちょっとイヤですね。
現状に飽きて飽きて仕方なくなったらアリかもしれませんが、その前に島を更地にしてイチから造成の方が現実的かな。

どうぶつの森

ということで、ちびちびとですが、しつこく「どうぶつの森」を続けています。

この調子だと夏休みもどこにも行けなさそうですし、試しに通信でもしてみようかしら。
なんて考えながら化石を採掘しています。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

2 thoughts on “「あつまれ どうぶつの森」がシンプルライフと乖離してきた件。”

  1. コツコツ続けてるんですね〜(≧m≦)

    あ。私は初雪見たかな?その位前からしてないです〜( ; ; )
    コツコツはやっぱり向いてないのが良くわかったです。(≧m≦)ぷっ!

    リングフィットは孫さんとお嫁ちゃんに持って帰られたし…。
    今は、大好きなRPGゲーム。
    ドラゴンクエスト、ゼルダの伝説と何故か漢検…
    この3つを暇潰しに頑張ってます。

    1. まだむサマ
      雪が降る直前に始めたワタシと入れ替わりですね。
      今まで白い地面・白い屋根・白い木しか見てなかったので、低木の葉が椿と紫陽花とでちゃんと形が違うことを最近まで知りませんでした笑
      漢検いいですねー。役に立ちそう。

      肝心のリングフィットは……。ややサボり気味…。
      夏に向けてもう一度気合入れ直さねばです。

りんむじんづ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です