45歳定年制!? 終身雇用せよとは言わないけど、あまりにも…。

9月9日の経済同友会のセミナーで、サントリーの新浪社長が「定年退職の年齢を45歳に引き下げる」と提言して炎上してますね。
経済同友会 夏季セミナー コロナ危機を越えて ~転換期における日本の課題と企業経営者の責務~

炎

自分がまさに45歳なので、乾いた笑いしか出ませんでした。

首を切りたい中高年が居る、というのは理解できる

新浪社長の言わんとすることはわからんでもないですよ。
給料ばっかり高いのにロクな働きをしないおじさん・おばさんを、長い間会社員していれば目にしますもの。アイツらウゼーと思う気持ちもよくわかる。
そしてこの「ロクな働きをしない」っていうのが「経営幹部になる能力・人脈・運を持ち合わせておらず、役職もないまま低レベルな仕事しかしない」という意味なら、ワタシ自身も「ロクな働きをしないおばさん」に分類されます。
ワタシの場合は「給料が高いくせに朝から新聞を読むだけ」という昭和な窓際族をしているわけではなく、低い給料に見合った仕事をボチボチやっているだけであって「ウゼー」と言われる筋合いはないとは思うのですが、従業員には初任給レベルの給料しか与えたくないと考える経営者から見れば「ウゼー」社員に該当するかと思われます。

そういう「経営者的には過剰に高額な給料を支払っているように見える従業員」は、中高年が多い。
じゃあ45歳を定年にしてブッた切っちゃおうぜ!

というのは、浅はかで短絡的。控えめに言って「バカかな?」と思いました。

中高年の給料が高いのは、終身雇用・年功序列を前提とした昭和の給与体系を引きずった結果でしょうに。
20~30代の給料は安く、40~50代で上げて、最後退職金で帳尻を合わせるからでしょうが。
それを有能な人も含めて45歳で定年としちゃうのは、組織が死ぬと思うんですけどね。

45歳定年制を実現するためには

自分が45歳になってみると、要らん従業員呼ばわりされるのもよくわかります。

20代30代の頃の、馬車馬のように働ける体力はもう残ってないし。
社長や役員になるほどの才覚がないっていうのは自他の目から明らかだし。

そういう「使えない中高年」になる前に、若いうちに精一杯勉強してゴリゴリ仕事しろというのは同感。ワタシも今となっては「歳を取ってからの働き方を考えてキャリアを選びたかったなあ」と思いますし、もっとちゃんと勉強すればよかったという後悔もあります。

でもね、世の中の多くはコツコツ真面目に働くだけが取り柄の「使えない中高年」になる人だと思うの。
多くの雇用や画期的な商品を生み出して社会に貢献できる経営者になれるのは、ほんの一握りだと思うんですよね。それ以外の人をバッサリ切っちゃったら、どんな事業も回らないと思うけどなあ。

それでも45歳以上の人を切りたいというのなら、今の仕組みは変えないとマズいです。

20~30代に高額な給料を支払う

45歳で定年になるのがわかっているのに、初任給18万円・昇給は年に千円、という給与体系では誰も入社してくれないでしょう。
外資の投資機関みたいに若手にも年俸ン千万円級を払って、成果が出なかったら即Fireという方がまだ人は集まるでしょうね。

終身雇用のときと同じように20~30代は安く使いたい。でも45歳で首を切りたい。
というのは無理がある。
「使えない中高年」にも生活があって、お金が要るんですもの。

45歳から年金支給開始

「使えない中高年」は邪魔だから働いてもらったら困る。というのなら、支給してもらいましょう、年金を。
子育てや介護で飛ぶようにお金が消える世代でも生活に困らないレベルの年金があれば、45歳定年でも全然問題ないですよ。

雇用期間中の就業規則緩和

いやいや、そうじゃなくて45歳以降も働けよ。会社員としてブラ下がるのが45歳で打ち止めってだけで、後は自力で何とかしろよ。
ということなら、45歳以降の生活の準備のために、会社員時代の規制はいろいろと撤廃してほしいですね。

副業は業種を問わず認可。
勉強や副業に忙しいから残業は禁止。
同業他社への転職禁止とか言わないでよ。会社員できる時間は短いんだもの。少ない経験を最大限活用するには同業禁止とかやってらんないし。

雇用の年齢条件撤廃

いやいやいやいや、そうじゃなくて、45歳以降の勤務先は自分で何とかしろよ。ちゃんと勉強して努力して「使えない中高年」じゃなくて「有能な中高年」になっていれば働き口はあるだろ。
ということなら、「使える中高年」なら45歳以上でも雇います、一括で定年じゃないです、でいいじゃないの。

氷河期世代は、何か恨みを買うようなことでもしたっけ…?

それにしても、若いときも歳取ってからも氷河期世代への当たりが厳しくて「上の世代に恨まれるようなことでもやったかなあ…?」と考えても仕方ないことを考えてしまいました。

有効求人倍率が0.5を切ったあの頃、ワタシは卒論の出来が悪くて(実験に失敗した)教授に「りんむさん、院に進学して研究するわけじゃないよね? それならまあいいか…」とお情けで「可」をもらったようなぼんくら学生でしたが、それでも冷え冷えの就職戦線を見て「これ、いずれ人がいなくて困るんじゃないかなあ」「むしろ今採っておけば、優秀な人採り放題なのに」と感じました。
案の定、10年20年経ったら「30~40代がいない! 便利に使える中間管理職が足らない!」とか言い出して「採用してないんだから足らないに決まってるだろうが、バーカ」としか思えません。
ぼんくら学生ですら気づくことに思い至らないのですから、個人的には当時の働き盛りの世代は日本全国バカばっかりだと思っています。

公務員の採用枠は職種によってはゼロ、民間企業も狭き門で女子の採用は更に厳しい、でも働かなきゃ食べていけないということで、それこそ実質的には45歳が定年のような若い人がどんどん辞めていく会社に潜り込みました。そういう会社じゃないと採用がなかったんですよね。
そんなご時世なので同じ部署の同期は全員旧帝大卒という学歴インフレを起こしていたのですが、そうなると上の人から「旧帝まで出てこんな仕事なんだねえ」「最近の若い子はご立派ね」と同情とも嫌味ともつかないことを言われ、ますます「バーカ」と思ったものです。

挙句に退職金・年金でしっかり逃げ切ってから「45歳で定年でいいんじゃね?」と言われ、そらもう乾いた笑いしか出ませんわ。

45歳定年はともかく、いつ放り出されてもいいように準備は早めに

45歳定年を唱えるのが新浪社長だけならただの妄言で済みますが、賛同する経営者もいるので、定年制が実現するかは置いといて「使えない中高年」を切る潮流は加速するかと思われます(バブル世代がリタイアした後は切るほど残ってないとは思うんだけど…)。

ワタシは50歳くらいから老後に備えて家計をキュッとコンパクトにして、55歳くらいに早期退職の声が掛かったら乗れるように準備を進めてきました。
が、このご時世だとそれでは遅いかもしれない。
すぐにでも家計コンパクト化を進めて、明日肩を叩かれてもいいように生活しなければいけないかもしれない。
と、危機感が高まりました。

自分が働いている部署が数年~十数年後には消えているだろう斜陽産業に属しているので、仕事が消えると同時にクビになっても仕方ないなーとは考えていたんですよね。
それがちょっと早まったと思えば、まあ。
さすがに老後資金はまだ足りてないので何か稼ぐ道を考えなくてはいけませんが、長年社内でしか通用しない業務に従事しているとスキルの幅が狭く、「世間で何か出来ることはあるんだろうか…」と途方に暮れています。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

10 thoughts on “45歳定年制!? 終身雇用せよとは言わないけど、あまりにも…。”

  1. 私も45歳定年制の話に何言っちゃってるの?と憤っていたので、鼻息荒く読ませていただきました。

    私は45歳をすでに超えているので、客観的に見たら体力は落ちているし新しいことの覚えは悪いしで、使えない中高年に分類されることは間違いないです。

    団塊ジュニア世代で受験戦争も厳しく、ようやく大学に入ったと思ったらバブル崩壊に見舞われて就職氷河期に突入。ありがたいことになんとか就職できたので定年まで勤め上げる覚悟でコツコツ頑張っていたところ、年金の受給開始年齢はどんどん引き下げられて老後に2000万円必要と言われていつまで働かなくちゃならないんだと嘆いていたら45歳定年制だなんて言い出す輩が現れて。

    上の世代が60歳で退職して退職金をたんまりもらって年金で悠々自適な生活をしているのを見ているだけに、なんだかなぁという思いでいっぱいです。この分だと退職金も年金も期待できないし、将来介護が必要になっても今のような手厚いサービスは受けられないでしょうし(お金があれば別でしょうけれど)、歳をとっていくことが憂鬱になるばかりです。そしてこんな私たちを見ている下の世代はさぞかし不安だろうと思います。平均寿命がいくら長くなっても、こんな国で長生きしたくないよね、と。

    りんむさんの記事に共感することばかりで、つい長々と熱く語ってしまいました。すみません。

    1. sakikoサマ
      ホント、この世代はいい目に遭ってないですね〜…。
      ワタシは既に同年代の人数が減りつつあったので、今の50歳前後の人達よりは受験戦争はぬるかったですが、ちょうど阪神淡路大震災の年にブチ当たってしまい、神戸を受験するつもりの子が名古屋に流れてきてムダに倍率が上がったり…とタイミングはトホホでした。
      若い頃にやりたかった仕事ではないけれど、1人食べていくくらいならまあ…というところで人様に迷惑かけないように細々と暮らしていたところ、45歳定年案ですから「えー!」ですよ。
      若い子に言われるならまだしも、逃げ切り世代に言われたら「はあ?」ですよね。君らの年金を負担するのは誰だと思ってるんだと。

      若い子には、できれば日本を活気ある国にしてね…とは思いますが、それも酷なので、成長の可能性のある国へ脱出できるように頑張ってね…と言いたいです。

  2. こんにちは。
    りんむさんと同い年です。
    ほんと、就活事情酷かったですよね。
    氷河期どころか、超氷河期でしたよね。
    何社受けたことか …読みながら激しく同意しました。
    数年前に私達世代のフリーターを雇い直すみたいなプロジェクト?がありましたけど、30歳ならともかく40歳で採用されても…と友人と話したものです。
    バブル世代は給与水準が高いまま、転職しても前職の給与が基準になるからいいですけど、私達はその逆。
    それにとどまらず、ワクチンでは40代からアストラゼネカ製をというニュースが出た時のヤフコメが「氷河期世代をどこまでいじめるつもりなんだ!」と言うのを見て思わず笑ってしまいました。
    これからも割りを食い続けることになるのでしょうか…
    自己防衛するしかないですかね。。

    1. 野ばらサマ
      確かに、30歳くらいならキャリアのやり直しも全然アリですよね。
      でも我々はそこにリーマンショックがブチ当たったという、何とも不運な…。
      過去にもっと悲惨な時代はあったから自分達が可哀想とは言いたくないですか、さすがにこの歳まで不運続きだと引きますね。

      ここまで来ると自己防衛は何とも思わないけれど、さすがに45歳定年では防衛しようがないですよねえ…。

  3. りんむ様
    おはようございます!
    45才定年説、鼻で笑ってしまいましたよ!
    こうなったらぜっったい、仕事辞めてやらんからな、って思って過ごしています。

    というか、自己責任のもと切り捨てられすぎて
    期待をしなくなった、諦めたのが
    実情なのですが…

    さすがに、アストラワクチンを40〜50代に
    と言われた時は
    いよいよ人体実験なのかい(笑)と思いましたね、、

    これからの時代は、人様に迷惑をかけず
    我慢をへらし、楽しみをみつけながら
    仕事を続けるという
    当たり前のことを淡々とこなす感じになりそうです。

    りんむ様、政治家になれますよ!
    素晴らしい内容にジーンときました。

    1. サビままサマ
      >というか、自己責任のもと切り捨てられすぎて
      >期待をしなくなった、諦めたのが実情なのですが…
      まさにその通り過ぎて笑ってしまいました!
      自己責任、上等! 出来る範囲で細々と生きてやるぜ!
      と思ってるのに、定年とか言われたら自己責任もへったくれもあるかい! とさすがに腹立たしかったです。

      ワクチンもね〜…。
      60代が終わって回ってくるかと思いきや、急に20-30代を優先されて、40-50代はアストラでいいよね! ってのもなかなか酷い。
      そりゃワタシみたいな独り者ならアストラワクチンの実験台になっても支障ないけど、40-50代って子育て真っ最中の人が多いのに。その辺りが倒れたら、子ども世代が困窮するのになあ。

      ホント、自分の食い扶持くらいは何とかするつもりなんだから、淡々と生活している人を切り捨てるのは勘弁してほしいですね〜。

  4. りんむサマ
    ああ、まさしく、同じ気持ちです。

    なにか恨みかうことしましたっけ??

    りんむサマのお歳は存じませんが、、わたしは今42歳、就職氷河期ど真ん中で派遣社員として社会人をスタート。

    5年後に第二新卒枠でまともな会社に潜り込んだものの、正直、ストレートで就職できた周りと比べると、キャリアは5回きっかり5年くらい遅れてるきがします。(まぁ、気楽な独り身なので、まぁそれもいいかと)

    幸運にも、世の中でわりとニーズがある職種ではあるものの、45年定年制には、
    ハァ!?
    という気持ちでいっぱいです。

    おっしゃる通り、45歳定年にしてくれて結構。

    そのかわり、バブル世代の年金を少なくしてもらい、45歳から年金くださいね⭐︎

    バブル世代とのお給料格差(昇格とか含めたらかなりありますよね)も払ってくださいね。

    あ、ちなみに、厚生年金を国民年金にほてーん⭐︎
    とかはダメですからね。
    (↑ほんとにやるつもりなのかな、コレ。なんで共働きしなくても大丈夫な奥様を貧乏人が養わなければいけないんだ、、)

    おっと、、すみません、
    わたしは鼻で笑えず、ついついアツくなってしまいました。

    鼻で笑えるくらい、鷹揚に構えられるように精進しなければ。。

    1. ひつじサマ
      国民年金を厚生年金で補填という話は、ワタシもかなり「はあ!?」と思いました。
      厚生年金の旨みを得るために会社員人生を選んでいる部分もあるのに(個人事業主のように「一山当てる」という可能性を捨てて)、なぜちびちび納めてきたお金を補填に使われなきゃいかんのだ、と。少なくとも今の年金制度前提で後戻りができないくらい準備を進めてきた我々世代に言うなよ、と。
      それをやるなら納付金額を一旦全部返金して、抜本的に制度を改革するくらいのことをやってほしいものですね!

      氷河期世代は皆さん就職に苦労されてますね…。
      これでせめて30歳頃に好景気がやってきたらまだ取り返しがついたかもしれないのに、リーマンショックでそれも叶わず…。
      そのまま中年期に突入してみれば、消費が弱いのは40代が使わないせいだの45歳定年でいいじゃんだの好き勝手言われ…。
      高度成長期とバブル景気を謳歌してきた我々の親世代との認識のギャップには参ります。

  5. いや・・あのサントリーさんエゲツない事言いましたね。
    流石、上場企業してない会社だけあるわ。。
    45歳定年・・あり得ないし。日本の政治家は70歳定年を奨励しているのでは?
    失礼ですがりんむじんづさんの年齢は失われた10年と言われる就職氷河期の時期でしょう。今、働き盛りの年齢でそれなりの所得があり当然のように税、年金を収めている方です。ちょっと前に、この世代にアストロのワクチン接種とか。Yahooコメとかに、馬鹿にするなと。わかります。

    正直に主人は65で定年。証券会社で最後までじゃ無く職が変わってます。バブル時は凄かったですが弾けたら地獄。
    なんとかバブル崩壊は持ち堪えたけどリーマンで思いっきりリストラ。ちょうど45くらいかな?
    この時のリストラ年齢が45から上でした。どストライク。
    家を新築し子供は高校受験、同居の義理両親も75となり、難しい時期。本社機能を東京に集中するため大阪店の規模縮小に伴いのリストラ。
    若手の給料はまだ知れてるけど、中間管理職の45以上は高額給料なので切り捨てですね。でも簡単に「はい東京ですね、行きまっせ」とは言えない事情もあるのです。
    長々自分語りになりましたけど。

    それくらい45年なんて簡単に言ってほしくはないですね。
    やり直すには無理も効かない年齢・勉強するにも根性も時間的にも無理・・死ねって事ですね。( ・⊝・ )

    主人の年金と言っても雀の涙。馬鹿にしてますよ〜( ・⊝・ )
    今、爺の介護の真っ最中。まぁ・・お金のかかる事。
    お陰様で爺は某私鉄電鉄をバブル時に退職しているので未だ金額も良かったですけどね、介護にかかるお金は相当です。
    病院は急性以外では診てくれない、特に慢性疾患は自宅療養が基本。国から出ないんですよ。入院が長引くとお金が出ないんですよ。私達のように定年年齢なら兎も角、45〜50辺りで介護が入れば、共倒れです。
    自宅介護、自宅療養は凄く精神的にも金銭面でも負担は凄いです。
    あああ・・自分語りに愚痴も来ました。www
    45定年を言うなら、その後を言って欲しい。
    年金は無い、保険料は上がる。無理です。
    若い頃に頑張らないからと言う問題ではない。
    もちろん、悪いんですけどね、、。

    1. まだむサマ
      45歳の働き盛り出費盛りにリーマンショックとは…。
      ご苦労を想像するに余りあります。
      当日ワタシは30代に突入したばかりで、家庭がないから背負うモノもなくグダグダを乗り切れましたけど、大黒柱だと大変ですよね。

      45歳で使えない高級取りを切りたい気持ちは分かるのですが、それより年齢関係なく有能な人には高給を、そうでもない人にはそこそこの給料を、という方が健全な気がします。
      就職するタイミングは氷河期で、やっと就職したと思ったら年功序列時代の低い給料、終身雇用って時代でもないよね!自己責任ね!と脅され続け、ようやく老後の備えに取り掛かれる年齢になったらもう定年でいいよね!って勘弁してほしい。

      45歳定年で企業から多くの人を放り出し、再雇用もないまま起業してねという方針にしても、少ない資本でちまちま仕事したところで効率悪いと思うんですよねー…。
      起業しても生き残れない人が大半だし、そういう大半の能力がない人はある程度の規模の企業の歯車になっていた方が税収が安定すると思うんですけどね。

      まー、実に生きづらくなってきました。
      少子化にしっかり貢献してますが、こうなってみると家庭を持たなかったのは大正解としか言いようがありません。
      あとは尊厳死を本人負担ゼロで合法化してくれれば言うことないです笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です