【ヘルシンキ】瀟洒なレストラン・カッペリで優雅なひとときを

ヘルシンキでの行動の拠点はエスプラナーディ公園。
ヘルシンキで一番の繁華街でありながら、緑も豊かで、居心地のいい公園です。

その一角にあるのがカッペリ。

カッペリ
雨が降り出す直前なので暗い

なんと創業は1840年。
シー・ホースがひよっこに見えるような、老舗中の老舗です。

レストランもあればバーもあり、ビュッフェが楽しめるカフェもあるという、ありがたい店でした。

店内で使うグラスはイッタラです。

カッペリ

テーブルによって様々な色のグラスが置かれていて「そうか、こうしていろんな色のグラスを使えばいいのか。よし、買い揃えよう」なんて思ってしまう危険な店でした。
そして公園を出て通りを挟んだ向かい側にはイッタラ・アラビアの店舗があるんですよ。フィンランド人の策略としか思えません。

ガラス張りのレストランの内部はこんなカンジ。

カッペリ

公園の緑が眩しいです。

カッペリ

 

カッペリではランチのセットメニューを頼みました。
まずは前菜から。

カッペリ

おっ。繊細な盛り付けです。
フィンランドって、サーモンどーん! なイメージがあったから、こういう盛りの料理が出てくるとは意外でした。玉ねぎの酢漬けとラディッシュに囲まれているのは海老マヨ的なサラダです。カリッと焼いた薄いパンの上に乗っています。

 

こちらはポークのステーキ。

カッペリ

迫力満点のボリュームですね。
豚の脂の甘みと濃いソースがいいバランスでした。

 

これはサーモンのクリームソース。

カッペリ

やはりサーモンどーん! なのか!

フィンランド人は本当によくサーモンを食べるようで、どこの店でもサーモンの何かしらが必ずあります。なので毎日サーモンを食べました。
ヘルシンキ市内では鮨屋も多く見かけましたが、写真やメニューを見るとサーモン。とにかくサーモン。サーモンが好きなのか、サーモンしかないのか。こうもサーモン尽くしだと「ほかの魚も食わせろ!」となってしまう魚好きの日本人です。

 

デザートは特大クリームブリュレ。

カッペリ

添えられているイチゴとブルーベリーがまた旨いのです。

 

公園の緑を楽しみつつ美味しい料理に舌鼓という、素敵なレストランでした。
お値段はそれなりに、というかなかなかな…ですが、カフェの方はまずまずの価格で楽しめるようです。エスプラナーディ公園散策の折にはぜひどうぞ。

 

ヘルシンキ旅行については、旅行メディア「itta」にも記事が掲載されています。こちらもよろしく。
【フィンランド】首都ヘルシンキの見所スポット10選!
【フィンランド】デザインの巨匠アアルトの自邸・スタジオへの行き方完全ガイド!
【フィンランド】ヘルシンキで名物・シナモンロールを食べ比べ!

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

4 thoughts on “【ヘルシンキ】瀟洒なレストラン・カッペリで優雅なひとときを”

  1. こちらもカフェを利用しました!
    全てが懐かしくてウォー☆って思っちゃいます。
    私が訪れたのはちょうど冬至の頃。
    イベントが多く、その晩のカフェではちょっとしたコンサートがありました。
    夏のヘルシンキは太陽の光が違うせいか、生き生きとした街並みですね。
    夏のヘルシンキ、とても素敵です。
    冬は15時には薄暗くなって、夜が長いです。
    その分、街の至る所はクリスマスの飾りつけがされていて厳かで、日本の年末とは違ったムードがありました。
    りんむさんも是非、冬のフィンランドへ行ってみてください。

    りんむさん目線の旅のオススメグッズなど、ありましたらご紹介してくださいね。

    1. yumiサマ
      歩いていたらどうしても気になるお店ですもんね!
      夏はテラス席が快適そうだったのでカフェも利用したかったです。

      冬は15時で薄暗いんですか…。
      確かに、冬の夕方に飛行機乗り継ぎでヘルシンキに降りたら、17時前には真っ暗でした。
      そりゃ家に居る時間が長くなるわけですね。

      冬のヨーロッパは雪道を歩くのが苦手なのでつい避けてしまうのですけど、雪の北欧はムード満点そうですね。
      ぜひ行ってみたいです!

      旅グッズ了解しました!
      しばらくお待ちくださいませ〜。

  2. ちわ~v( ̄∇ ̄)v

    出たぁーサーモン!やっぱり北欧は、サーモンだよ〜美味しそう〜!
    少ない海外旅行の経験しか無いのですか、何故か?肉は日本が一番美味しいと思うので、チョイスし無いです…(≧m≦)
    外国の魚と言えば選べるのは、そう種類もないのでサーモン…鉄板です。私の…。
    これは、lunchでしたよね…北欧の人のデカさは、このボリュームから来るのか?食べ応え十分ですね。

    お店…前日のお店、自宅もそうでしたが窓が大きく開放的…でグリーンが映える内装…落ち着きますねー!
    日本じゃ暑すぎるけど、柔らかい日差しの国ならではですよね

    1. まだむサマ
      いやー、でもサーモンも毎日だと飽きましたよ〜。
      魚の種類が多い日本のありがたみをしみじみと感じましたもん。

      肉は、サシがたっぷり系は日本が美味しいですね。ワタシはイタリア北部の肉が好きかもです。生ハムみたいな加工品も美味しいし、ステーキも絶品でした。
      量が多いのはヨーロッパ共通ですね。日本人がひーひー言いながら食べる量を子どもが平らげてるのを見て、人種の違いを感じました…。
      ランチにこれだけ食べちゃうと夜ご飯が入らないので、夕食は結構いい加減でしたよ(スーパーでミートボールとサラダを買うとか)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です