「くりぴたフック壁紙用」でコンクリート壁に額縁を掛ける

前回の記事([Newアイテム]アンティーク風なポスターを購入! …したはいいものの、壁にブチ当たる)で、ポスターとフレームを衝動買いしたはいいものの、掛けようとしていた壁が石膏ボードではなくコンクリート壁だったためピンが刺さらない! ピンチ! というワタシの間抜けさを晒しました。

ポスター

そこで慌ててあれこれ検索してポチったのがくりぴたフック壁紙用です。

それにしても、まったくもって不要不急の代物なのにポチった翌日の昼過ぎには宅配ボックスに入っているという、Amazonと宅配業者は仕事し過ぎだわーという買い物でした。ありがたや。
参考:【Amazonプライム】Fire TV Stickとプライムビデオで今年の夏は引きこもり!?

開封してからの写真を撮ってないので(ブリ男の「何それ」攻撃をかわすので精一杯…)言葉だけで説明していきます。

内容物は、プラスチックのペラペラのシート、それに引っ掛けられるフック、接着剤でした。
シートに接着剤を塗布して、それを壁紙に貼り付けるわけですね。

口コミを見ると「作業中に接着剤が手についてえらいこっちゃに」なんて書き込みもあるので、ビニール手袋を装着。

手荒れと無縁の体質なので、真冬でも素手で食器洗いをしています。
ビニール手袋を買ったのは挽肉を捏ねるため…。それすらも頻繁にやるわけでもないので、そろそろビニール手袋が劣化してボロボロになるんじゃないかと心配していました。いい消費方法が見つかってよかったです。

更に口コミを見ると「接着剤をケチると剥がれる」なんて書いてあります。
たっぷり塗って、がっつり貼りつけるのが肝要らしいですね。

というわけでもりもり接着剤を乗せていたら、途中で「接着剤が足りないんじゃないか」と心配になりました。
どうやらさすがに接着剤を乗せすぎたらしく、1枚目は盛大にはみ出しました…。

くりぴたフック

2枚目はまだマシだけど、でもはみ出た。

くりぴたフック

乾いたらはみ出た部分を剥ぎ取ることは可能とのことなので、気にしないことにしました。つーか額縁の裏になるんだからはみ出っぱなしでもいいじゃん、と思ってしまうズボラな自分が好きです。

壁につけた後は、30秒ほどぎゅうぎゅう押してくださいと説明書にあります。
ぎゅうぎゅう押すというよりは、壁紙の凸凹に空気を残さず、接着剤でみっちり埋めろということなんでしょうね。
3Mのコマンドフックなどのテープが壁紙に使えないのは壁紙の凸凹のせいなわけですから。

というわけでせっせと空気を抜いていると、はみ出た接着剤がビニール手袋にベタベタつきました。
なるほどこれは素手で作業していたら厄介です。口コミに情報を残してくれた人、ありがとう! 少しのことにも先達はあらまほしき事なりです。

空気抜きの作業が終わったら24時間放置。冬場は48時間以上放置推奨とのことです。

えっ、そんなに時間がかかるの。瞬間で接着しろとは言わないけど、もうちょっと速く乾いてもバチは当たらないんじゃないの?

実際のところ、空気抜きの作業中はぬるぬるジェルにプラシートが乗っているだけの状態で、指先ですいーっとズラせてしまえるほど粘着力がなかったです。
何度もズレて、その度に壁に書いた目印の位置まで戻して、と貼りつけている感が全然なかった。

珍しくキッチンの壁にへばりついているワタシを見て、ブリ男が興味津々なのが困りました。
ワタシがプラシートをぎゅうぎゅうやっていると、ブリ男もワタシの背中をぎゅうぎゅう押してくる。手伝ってくれてありがとう…。
壁に何となく貼りついたプラシートを見て「おおお、何それー!」と目をキラキラさせています。この乾いてない状態でブリ男に跳びかかられたらお終いだわ…。

というわけで、貼りつけ作業の後はくりぴたフックが入っていたAmazonの段ボール箱でブリ男と遊んでごまかしたのでした。

 

さて、接着剤塗布から約12時間。
翌朝様子を見てみますと。

指先ひとつでぬるぬる滑った昨夜と違い、ガチッと固まっているカンジがします。
貼りつけ作業直後は「こんなんでホントに耐荷重量2キログラムとかあるのかしら」と半信半疑でしたが、このガッチリ具合を見ると悪くありません。

そして、案外悪目立ちしないものですね。
プラシートの面積がそこそこあるので目立つかと思いきや、透明なのでさほどでもないです。遠目では気づかないくらい(目が悪いからなんだけど)。

すぐにフレームを掛けたくなるのをぐっと堪え、貼りつけ作業から24時間経つのを待ってから試してみました。

ポスター

おっ。掛かるじゃないですか。
危なげもなく、いいカンジです。

念のため、フレームを外してもうしばらく乾かしてから再度掛けました。

ポスター

いいねいいねー。

シンプルな白木のフレームは確かにウチにはよく馴染みましたが、悪く言うとインパクトがなくて面白みに欠けるという面もあります。
せっかく壁掛けできるようにしたのだから、アートを入れ替えたりフレームで遊んでみたり、いろいろ楽しみたいです。

もし、くりぴたフックが剥がれて額縁が壁から落ちたら報告します…。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

2 thoughts on “「くりぴたフック壁紙用」でコンクリート壁に額縁を掛ける”

  1. いいですねぇ、このポスター
    色味も落ち着いてて好きです
    あと、背中をぎゅうぎゅうするブリちゃんに悶えてしまいましたw
    可愛すぎる!

    1. ひまわりサマ
      背中ぎゅうぎゅう、面白かったですよ笑
      ブリ男なりに自分も参加したかったんでしょうね~。
      爛々と目を輝かせてフックを眺めていたのでヒヤヒヤしました…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です